お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トイレのピエタ

G

RADWIMPSヴォーカルの野田洋次郎初主演最も純粋で痛切なラブストーリー。

「今一緒に死んじゃおっか?」余命3ヵ月と告げられた宏(野田洋次郎)は、出会ったばかりの女子高生・真衣(杉咲花)から、そう誘われる。バイクの後ろに彼女を乗せてスピードを上げるが、そのまま死ぬことはできなかった。画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏にとって、ただやり過ごすだけだったこの夏。それが人生最期の夏に変わってしまった時、立ちはだかるように現れた真衣。「あのさ、背の低い子とキスする時はどうするの?」純粋な真衣に翻弄されながらも、二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。

詳細情報

関連情報
原作:松永大司「トイレのピエタ」(文藝春秋刊)
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-10-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

トイレのピエタの評価・レビュー

3.6
観た人
12357
観たい人
7747
  • 3.7

    りんさん2022/01/05 18:52

    絵が完成したシーンが「生」を感じてとても良かった。そのほかにも美しいシーンが多かった
    2人の演技も良い
    意外に豪華キャストだと思う

  • 2.0

    ayakaさん2021/12/28 23:57

    この手の物語はキャストのビジュアルがめちゃくちゃ好きとかじゃないと全く感情移入ができないということに気付いた

  • 3.3

    とみぃさん2021/12/18 02:00

    この映画を包んでいる空気感はとても好き。
    金魚と一緒に泳ぐ花ちゃん、その後のふたりのプールのシーンなど、絵になるような、美しいシーンが印象的。ただそれよりも個人的には、短いシーンだったが、プールのあとの自転車二人乗りがすごく良かった。あと口喧嘩のシーンも。
    なんというか、そういう"雰囲気"はいいんだけど、雰囲気が先行しちゃった映画って感じがして、クライマックスなのに最後の30分くらいがぼんやりしちゃったなぁという感じ。絵はインパクトあるし花ちゃんリリーさんのお芝居やハンディカムの映像もリアルで良かったけど、でもなんかもうちょっとあったんじゃないかな?と思ってしまった。金魚をメタファーにしたり、ハンディカムのなかの野田洋次郎に言わせた最後のセリフだったりが、いいっちゃ良いけど、ちょっとよくある感じで普通すぎたような。
    それでもラストシーンの花ちゃんの表情とあの景色と明け方の感じ含めてそこはすごい最高だった。

  • 3.4

    AKIROCKさん2021/12/15 20:50

    数年振りのリピート鑑賞です。

    公開当時、RADの野田君が主演と大変話題りなり、興味本位だけで見た為か?全くほとんど印象残ってない中でのリピート鑑賞でした。

    初々しい杉咲花ちゃんの熱演は期待通り満足も、脇役のリリーさんや、古舘寛治、宮沢りえがとても良かった。
    出演していたことさえも全く頭に残ってませんでした、汗
    (佐藤健やMEGUMIの出演シーンについては探せませんでした)

    野田君と花ちゃんが二人で夜のプールで心交わすシーんは美しくて素敵で、そして切ない、とても大好きシーンです。

  • 3.0

    かつきさん2021/12/12 16:55

    RADWIMPSのボーカル野田洋次郎主演

    突然余命宣告された画家になる夢を諦めた園田が残りの人生をどう歩むかみたいな話。

    よくわからんかったけど野田洋次郎さんの演技好き。

    女子高生役の杉咲花ちゃんの怒りの沸点意味わからんすぎて笑えた笑笑

    キャストが謎に豪華。あんなちょっとの尺で佐藤健出てくんのなんで笑

    エンドロールの曲「ピクニック」めっちゃいい👍

  • 4.5

    グルペッペさん2021/12/07 21:36

    洋次郎の空気感が素晴らしかった。
    そこまでセリフが多いわけではないが、それが哀しい感じが出ていてなんとも言えない気持ちになる。

    あとピクニックがとにかくいい。

  • 2.6

    theocatsさん2021/12/06 19:51

    無名の知らない俳優なんだとあまり気にも留めなかったが、バンドのボーカルなんだね。。
    彼でなければならない必然性は何とも言えないが悪いということもなく、タイアップ的なBGMなしに淡々と進行し、エンドロールで彼の熱唱という締めは良かったんじゃないかな。

    暴言無遠慮なアホ女子高生:杉咲花にはかなりムカついたが、負の感情体験であっても彼女なしでは何の感情的起伏もなく終わってしまっただろうから、その意味では感謝。

    トイレのピエタというタイトルがどうでもよくなったラストに「トイレに壁画」という場面で熱が少しだけこもったと言える。

    まあまあ良かったですよ。

  • 3.2

    午前の三四郎さん2021/11/22 19:20

    プールのシーンが綺麗だった。高校生のときに見て本気でプールに侵入しようとしたりしたけど、結局それが皆んな出来ないって分かってるから映画で消化していたと思う

  • 4.0

    いち麦さん2021/11/11 22:01

    演技の上手い脇のキャスト勢に支えられ感情が死んだような園田がくっきり浮き上がって見えた。彼が絵を描く欲求に駆られるタイミングは別にも幾つかあった様に見えた。生き物を使ったシーケンスが余りに絶望的でそこは残念。

  • 3.9

    さすらい農場さん2021/11/11 12:29

    ピエタ : キリストの亡骸を抱く聖母像
    なぜ聖母は笑顔を浮かべて我が子の死を見つめていられるのだろう…?
    …………
    余命3ヶ月の宣告を受けた美大卒青年
    RADWIMPS野田洋次郎が、今にも消えそうな生命感
    家事と介護で日々を押しつぶされた女子高生
    杉咲花は小さくて力強く口が悪い生命力の塊
    好対照な二人はまるで、お互いの片割れのよう

    [人は何で生きてるんだろう?]
    キリスト教の教義は知らないけれど、人は喜びを感じるために生きていると思う
    何かを創造する[表現の喜び]
    誰かと共に過ごす[共感の喜び]
    全てを捧げる[献身の喜び]

    [浄化と昇天]
    手塚治虫先生最後の日記から着想した物語だったんですね
    淡々と力強く、美しいメッセージでした

    [前前前世]と[でんでん太鼓]の違いもよく分かってないような私にRADWIMPSの素晴らしさを教えてくれたフォロワー様に感謝🙏✨
    にっしーさんいつも有難うございます🙏
    名曲[ピクニック]に感動です!

    〜僕らは奇跡にも及ばない光〜

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました