お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・フューチャー

G
  • 字幕

自分探しを続ける30代カップルの物語。同世代の圧倒的支持を得た作品。

わたし35歳。彼とは同棲4年目、心地良くてそれなりに幸せな生活に訪れた小さな変化…それはケガをした猫“パウパウ”との出会いだった。パウパウをシェルターから迎えるまでの30日間、ふたりの生活はゆるやかに変わっていく。仕事を辞め、インターネットを解約する。ソフィーは<30日で30ダンス>を創ることを決め、ジェイソンは<地球を守る>と木を売り歩く。しかし、ソフィーは漠然とした焦燥感がぬぐえない毎日にすぐ気が付く…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

ザ・フューチャーの評価・レビュー

3.5
観た人
950
観たい人
1472
  • 3.9

    菩薩さん2021/10/13 19:19

    身体の老いに精神の成熟は追いつかず、もはや「安定」とも呼び難いむしろ「停滞」と呼ぶべき日々を送っている30代後半にとってこの作品は凶器でしかない…。何を生み出せる訳でもないと悟り、とは言え誰かに認められたいと承認欲求がある訳でもなく、流れに身を任せてみたものの、別に「いいこと」なんてのが起きる筈もなく…だったら何もしなきゃ良かったじゃんなんて後悔は当然後にしか立たない…。時間を止めるどころから早送りしたくてしょうがない余生、まだ始まりでしかないとは言うものの終わりってもう死ぬ事だし、それでも「未来」と言うのですか…あぁ…。時に置き去りにされた彼と置き去りにした彼女が揃って聞く違った意味を持つ「合図」、ラストシーンで完全に心を打ち砕かれた…が、めっさ好き。

  • −−

    三白眼さん2021/10/13 00:47

    とても好きな映画。
    途中からついて回ってたTシャツで、身体を包み込みパフォーマンスをするシーンが最高。全部のシーンが象徴的で、でも「わかる」感覚になる。部屋の雰囲気、キャストの個性、脚本、演出、音楽、それぞれのシーン、全ての良さが集まった映画でした。

  • −−

    なおさん2021/10/10 21:23

    カジリオネアの勢いに乗ってこちらも。

    ちょうど観終わったばかりのMidnight Massのhot priest(from fleabag)ことハミッシュ・リンクレイターが主演とな…
    久々にこんなタイプど真ん中みたいな外見と声の人物が現れて胸が苦しい。。

  • −−

    鈴木護修さん2021/10/10 09:12

    時間を止めたとしても変わらない人間の心模様。
    ファンタジーのようでいながら、現実的な瞬間が沢山詰まっています。
    30代カップルのこれからを想像したくなる映画でした。

  • 5.0

    灵さん2021/10/05 13:41

    御伽噺のような世界でも地面を這うTシャツも語りかける月もロクに役に立ちやしない、人間の気持ちはそう簡単に動かせない 現実だってぬいぐるみも猫も話しかけてきやしない だからこそ泣きたくなるぐらい居心地が良いのかもしれない

  • 3.2

    tetsuさん2021/09/22 00:04

    何者にもなれず、変わろうとして突拍子のないことを始めてもがいても、さらに不器用に事態は絡まるばかり。たとえそれが既にもう手遅れなんだということが分かっていたとしても、そんな現実から逃げるのをやめたとき、止めていた時間が動き出す。そんな始まりの途中から始まりの終わりまでのおはなしでした。

  • −−

    しかさん2021/09/06 23:20

    例のおじいさんのエロい詩を聞けてラッキーな気分

    髪を撫でつけて小綺麗なミニスカートでやってきた女が夜中に妙な踊りをしててチェーンネックレスおじさんがスッと引く

  • 4.2

    riceismylifeさん2021/09/01 00:36

    生活を見つめなおし、好きなことをやっていこうと思うけど、本当の目的がないと結局意味がないんだな。
    でも、それを一度経験して気づくことってあると思ってしまうから生きるって大変。

    主人公がTシャツを被って踊るところは凄く理解できる気がする。ああいうことしちゃうよな〜と思った。あれは、主人公の彼氏だったら引かずに面白がってくれたのかもしれない。

  • −−

    へいさん2021/07/06 01:33

    変化しなければいけない、成長しなければいけない、そんな強迫観念のような思いが自分にもある。

    ただ時間はそんなこと関係なく、無常にも過ぎていって、周りも自分も思うようにはいかないし、少なからず変化していく。関わっていく人、仕事、生活を選んでいくものだから。
    変わろうとするけど、長続きなんかせず自分の根っこは変わらずに、どうしようも無さに向き合っていくしかないような。

    映画の途中で時を止めるんだけど、自分だけが止まったままで、時を進めるとそのまま時間が経過しているというクソ残酷な時間ストップ超能力は斬新。その超能力、欲しくないけどないよりマシなのかな、

    メイキングでジェイソンを演じたハミッシュリンクレイターが言ってたように、生活をしていて、自分を一気に変えるために、大海を操りたくなる時があるよーーー。今度海に行ったら絶対にやる!

    ミランダジュライのインタビュー集に出てくる一般人のジョーが映画にも出てきて、自分の人生を真っ当してきてるのが言葉や佇まいから感じる。

  • 3.5

    Amelieさん2021/06/13 16:05

    人間の格好悪いところというか醜いところというか、そういうとても現実的なものをちょっとしたファンタジー要素を交えながら描くというのがとても良かったです。ある種の不思議さを内包しつつも、全体的な暗さや温度感などがやけにリアリスティックでなんだか素敵でした。おそらく万人受けするような映画ではないと思いますが刺さる人にはかなり刺さりそうだし、見るタイミングによってもイメージが変わってくる1本だと思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す