お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

セッション

G
  • 字幕

名門音大に入学したドラマーと伝説の鬼教師の狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションとは…!?

名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない<完璧>を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

詳細情報

原題
WHIPLASH
公開終了日
2024-08-04 23:59:59
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-10-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

セッションの評価・レビュー

4
観た人
179750
観たい人
96725
  • 4.0

    とびおさん2021/06/19 17:18

    Good job
    この言葉は英語の中で最も危険な二語である。一度上達を誉めてしまうと、もっと死ぬ気で練習しようと思わなくなってしまう。だからこそありもしないケチをつけて、批判・罵倒し続け、悔しさを糧に眠っている力を捻り出そうとさせている。時代も時代なため、パワハラと捉えられてしまうし、まったくもってその通りでもあると思う。だがしかし、それに本気で食いつき続ける者もいる。悔しくて死ぬ気で練習して這い上がり、また悔しい思いをして身体が悲鳴をあげても練習し続ける。その繰り返しが、普通の人間から一歩先に進むための条件なのである。
    そして、その全てが最後のセッションに詰まっている。
    ただのパワハラ映画と決めつけずに見てほしい作品だ。

  • 4.0

    あかねちゃんさん2021/06/19 17:09

    配信が終わるから鑑賞。そりゃ賞獲るわ。ありきたりな流れになっちゃう努力&挫折ストーリーをここまで仕上げてこられたら。2人の関係性もストーリーもかっこいい最高すぎる。最後の2人の演奏に文句言う奴いる?いねぇーよなぁ⁉️

  • 4.7

    あにおさん2021/06/19 16:01

    やばい、ゾクッてきた…。
    音楽って音を楽しむことだろ?なに履き違えちゃってるのこのアホどもは?と思ってたはずがいつのまにかその音楽に圧倒され…。とりあえずこれを胸糞とか頭ごなしに全否定してる奴は人間が薄っぺらい…とは決して言わないけど、少なくとも友達にはなれないね(逆にこれを大絶賛してる人とは友達になれるかというと…ちょっと身構えちゃうけど)。
    ジャズには疎いのだが、オペラなんかと同じで、大衆娯楽だったはずのものがいつの間にか芸術扱いされてしまってるのはなんか複雑な気持ちではある。自由になんでもありなのがジャズなんじゃないの?っていう。違ってたらごめん

  • 3.4

    MYouさん2021/06/19 15:56

    話題性からいつかは見たいと思っていた作品。最初は退屈で合わないなと思いながら、ながら見して流していたが、最後の演奏シーンはいっときも目を離さず食い入るように見てしまった。最後の爽快感のためだけに見る価値があると思った。

  • −−

    ヨッシーさん2021/06/19 15:17

    映画友達が増えました
    狂気じみたレッスンだけど、だからこそ得られるものがある
    言ってた通り、ラスト8分のための映画

  • 4.1

    はるなさん2021/06/19 15:01

    なんと言うか、すごかった、最後の迫力すごい。目が離せなかった。
    先生もアンドリューも人としてうわぁ…ってなるとこあったけど、その部分も必要だったのね
    ジャズ好きな人には音楽がとても良いから音質いいスピーカーで聴いて欲しい

  • 3.7

    ろっきーさん2021/06/19 13:05

    めちゃめちゃ鬼気迫るシーンが多かった。
    どれだけパワハラを受けても耐えられてしまう恐ろしさを感じた。

    すぐに逃げれば良いというわけでもないが、耐え続ければ良いというわけでもない。
    そのバランスを取れるように、定期的なメンテナンスができる状態を保つことの重要性を感じた。

  • 4.3

    たかはしさん2021/06/19 12:52

    再々鑑賞。

    前ひ観たときよりも「男の生き様」の話としてみる自分。
    たしかにフレッチャーの言うように、世界を変えるのは血の滲む努力を重ねる偏執狂で、そういう奴等に100%を出させるための手法として、彼のやり方を否定はできないと思った。(でも、自分の上司がこんな奴だったら絶対にいやだ!)
    ニーマンは本物の偏執狂だ。主奏者を手放そうとしない、むしろフレッチャーにすら指図しようとするクレイジーさ。
    そして実際にバンドを乗っ取って見せる。あれこそがフレッチャーが目指した「天才が誕生する」瞬間だろう。

    最高に格好良い奴等だけど、絶対に自分はこうなれない。

  • 3.6

    ttmmさん2021/06/19 03:08

    おもしろいのだけれど、、、
    主人公の行動原理がいちいち共感できなくて、このチームにいる他の奴らに迷惑かけるなよって気持ちが湧いてしまった。

  • 2.0

    kakkotetsuさん2021/06/18 23:06

    パワハラ野郎にしか見えない教授と、環境のせいで?クソ野郎になっている主人公…それが長く続くので観ているのがキツくなってくる

    ラストのセッションは良かった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す