お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

破戒

G

文豪島崎藤村不朽の名作を、市川崑監督市川雷蔵主演で描く芸術映画の最高峰!

信州飯山の小学校教員・瀬川丑松は父の死に際して、被差別部落出身の素性を誰にも明かさないと誓う。部落民開放運動家の猪子蓮太郎を敬う丑松は、彼から君も一生卑怯者で通す気かと問いつめられても、ひたすらに身分を隠す。だが、丑松が部落民であるという噂がどこからか流れてきた……。

詳細情報

関連情報
原作:島崎藤村
音声言語
日本語
制作年
1962
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-11-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

破戒の評価・レビュー

3.9
観た人
378
観たい人
441
  • 4.2

    Sさん2021/05/29 01:36

    三國連太郎!
    出た!昭和俳優の顔面力!
    手も顔も体もデカイな。
    先生(長門裕之)見覚えあると思ったら津川雅彦の兄とな。

    引きの画で端が歪んでるのそのままにしてるの以外だった。人の顔歪んじゃってるのに。

    島崎藤村が1906年に書き、1962年にこんな形で映像化されていたのか。
    今も同様の越えるべき壁は存在していると思う。
    是枝監督がテレビ時代に作ったらしい部落に関するドキュメンタリーも見てみたい。

    強い台詞が多いなと思ったら(原作からも来てるのだろうけど)脚本の和田夏十って女性で、しかも奥さんなのか 笑
    当時の女性スタッフって珍しかったのでは…。

  • 3.8

    ゆきのすさん2021/05/12 11:43

    「間違った尺に合わせて生きる事はない。」遥か昔から叫ばれているのに今でも根強く根深く残る忌まわしい問題の数々。差別偏見が生まれる現実が仕方ないのではなく、それを考え見つめる事だ。苦悩の物語だが爽やか青春物語でもある。市川雷蔵、藤村志保が超絶初々しい。

  • 4.2

    木さん2021/05/07 01:36

    市川崑、脂の乗った演出。
    雷蔵と岸田今日子の長回しは眩暈がするほど。
    信じられないオールスターキャスト。

  • 4.0

    映画記録さん2021/04/19 17:46

    1962年、およそ60年前の作品。島崎藤村の原作はその頃に読んだ。
    市川雷蔵30代、藤村志保20代若くて魅力的。岸田今日子、杉村春子、三國連太郎も渋い。長門裕之は演技が硬い。
    市川崑監督、芥川也寸志音楽と豪華な製作陣。
    明治時代から随分たった60年代でも部落差別の風潮は色濃く残っており、映画を見る人にとっても身近なものだった。展開やセリフが正義的なのが時代を感じさせるが、意図は十分に伝わってくる。
    ラストの白黒の雪原シーンが美しい。

  • 3.0

    えのきさん2021/04/13 10:14

    最近読んだ原作の衝撃と、表現の美しさへの感動が大き過ぎて、映画はまだまっさらな気持ちで見られなかった。台詞が説明的で長くなるのは仕方がないのかな。。
    一流の俳優陣で名作を映画化したことには敬意を表したい。

  • 4.0

    Akiramovieさん2021/03/23 06:28

    古い作品なのに 多くの役者の 演技スタイルが 近年での作品を 感じさせるコトに驚き!

    鴈治郎 や 杉村春子 なんて。

    重い差別問題 を扱いながらも、ピュワな人物設定にピッタリな市川雷蔵 藤村志保 に 少し未来への希望を感じさせる。

    活動家の 先生 が突然 訪ねて来た時の 動揺シーン 選挙に出馬する政治家から脅迫めいた懇願を受ける際の動揺シーン が、主人公が置かれた 立場を理解する 印象的なシーンとなっている。

    岸田今日子 は、彼女の全作品の 中で 1番 美しいのでは。

  • 3.7

    おとねさん2021/02/26 19:07

    はじめての市川崑作品
    部落差別をこの作品を見るまで、こんなに考えたことはなかった。
    もし自分だったら、と思うと色々な気持ちが出てくる。
    そして子供たちの素直な心。
    友情や家族愛、様々な愛が表されている。

  • 4.5

    おさつさん2021/02/14 21:29

    丑松の東京への去り際、土屋と追いかけてきた生徒のうちの一人がお母さんが用意したという茹で卵を渡すシーンに全てが収斂されていただろう。

    出自に関わらず、子ども達の慕う気持ちが一番裏切りようがない。
    人は中身でしかないことの証だ。
    そういった人と人の心の繋がりが、部落の意識を次第に薄め、現代に繋がっていったのだろう。

    とはいえ近年でさえも完全な部落解放は果たされていないという。

    歴史の事実を受け止めるに貴重な作品だった。

  • 4.0

    にゃきちさん2021/02/09 20:19

    部落出身だから何だってんだ。同じ人間だし周りの人に劣る事なんて全く無い。
    まだこの時代は部落差別が色濃く残る時代だったのだろう。周りの大人達の部落出身者への態度でそれがよくわかる。
    悲しい事だな。

  • 4.1

    upqさん2021/02/09 00:30

    冒頭から素晴らしい
    あと台詞も美しい。
    登場人物が自分の心情を全部言うのもあるけど、予想以上に染みて分かりやすかった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す