お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

鉄道員(ぽっぽや)

G

名匠・降旗康男監督と撮影・木村大作のコンビが、北海道の厳しくも美しい自然を詩情豊かに映像化。

北の果ての小さな終着駅で、不器用なまでにまっすぐに、鉄道員(ぽっぽや)一筋の人生を送ってきた一人の男。一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…。男の名は佐藤乙松。今年で定年を迎える乙松は、彼と運命を共にするように廃線が決まった北海道のローカル線の駅長だった。駅を守り続けながらも、かつて愛する妻と幼い一人娘の命さえ守れなかった苦い悔恨は、乙松の心に深く宿っていた。降りしきる雪に汽車が何分遅れようとも、制帽を目深にかぶり、背すじを伸ばして、氷点下30度近い極寒のプラットフォームに立ち続ける乙松の姿は、まるで自分自身に厳しい罰を与えているかのようだった…。そんなある日、いつものように気動車を見送り、ホームの雪掻きをしていた乙松のもとへ、愛らしい少女がやって来る。見慣れない顔に、この町の子ではないなと思う乙松。「今度一年生になるの!」あどけない笑顔で話す少女の手には、時代遅れの人形が抱かれていた。二言三言の会話を残して風のように走り去ってゆく少女を、目を細めて見送る乙松…。ありふれた日々の、なにげない出来事のように思えたこの出会いこそ、孤独な乙松の人生に訪れた、やさしい時間の始まりだった…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

鉄道員(ぽっぽや)の評価・レビュー

3.7
観た人
9456
観たい人
3911
  • 5.0

    のんふるーつさん2021/06/14 20:15

    めっちゃ良い映画!高倉健の映画だと、これが1番好きかもしれない
    じんわり泣けてくる。気づいたら泣いてる。

  • 4.4

    たろたろさん2021/06/05 02:52

    最近ジャンププラスで高倉健がちょろっと出てくる漫画があって、高倉健みたさにみた。

    いい!!
    ザ昭和の男。こんなじいちゃんが欲しかったな。
    高倉健×大竹しのぶもめっちゃ良かった。もっと共演して欲しかったなぁ。

  • 3.8

    かずさん2021/05/31 07:26

    昔の映画苦手なんだよね〜とおもったら
    1999年でそんな昔じゃなかった。
    ていうか高倉健さんて2014年までご存命だったのね、、

    渋いながらも駅舎やSLなどの造形物も見応えがあったし、それを切り取る画角や全体の色味も良かった、、
    これが木村大作さんなのね、、

    あとやっぱり口数少ない男かっこいいな。
    謙虚で優しくて「なんも〜」って言って
    不器用で真っ直ぐで友達には好かれ子供には優しくて。

    展開が読めてしまって、
    正直、核となるストーリーは苦手だった。
    こういうパターンは妄想にしか見えなかった(ごめんね)

    でも気持ちを吐露する高倉健さんに泣けた。
    美しい映画だった。

  • 3.8

    LIZZYさん2021/05/30 03:57

    浅田次郎作品が豪華俳優陣でより良くなった良い映画
    健さんもスーちゃんもけんさんもみんな鬼籍に入っちゃったな

  • 4.6

    StormHunterさん2021/05/29 11:32

    wowowです。
    🚞👨‍✈️☃️
    ほろまい〜!
    ほろまい〜!

    ・あらすじ
    廃線間近となった北海道のローカル線・幌舞線の終着駅で駅長を務める佐藤乙松。今年で定年を迎える彼は、不器用なほどまっすぐに鉄道員一筋だった自身の人生を振り返る。幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、乙松は休むことなくずっと駅に立ち続けた。そんな彼の前に、ひとりの少女が現れる。愛らしい少女に、亡き娘・雪子の面影を重ねる乙松だったが……。

    最高です。
    こういうのに1番弱いんです。
    長い間全うした仕事に幕を下ろす系。
    後半は特に涙が止まらなくなることが何度もありました。
    高倉健さん、渋くて味のある演技が本当に素晴らしかったです。とことん不器用で、人間臭くて良かったです。
    毎日の労働に感謝。
    根っからの鉄道員。大雪でも、誰も乗っていなくても、毎日一生懸命仕事をする。

    "いつもありがとう"
    "またお願いします"

    些細な喜びの積み重ね。労働の源はいつだってそこにあると思います。

    そんな、世界一温かい雪国の路線の話。

    仕事ってこうあるべきだと思わせられる傑作でした!

  • 4.0

    inachanさん2021/05/28 17:33

    コロナ禍TV鑑賞

    2回目になります。奇しくも自分の父親も二代目鉄道員で、この話は本当に染み渡るのです。出演の俳優さん達は、今は亡くなられた方がほとんどで、惜しい限りです。
    志村けんさんは最初で最後の名演技でした。本当に良いお話です。

  • −−

    masamachaさん2021/05/24 15:56

    ぽっぽやぽっぽや連呼する人がいるから鑑賞

    いい、浅田次郎

    大竹しのぶの演技よ



    絶対観たことあるはずなんだけど、こんな話だったっけというのが素直な感想

  • 3.1

    じゃんさん2021/05/23 08:54

    オープニングは蒸気機関車。
    ただいきなりそのシーンが長い、冗長。

    降旗監督は編集が下手過ぎる。

    こういうのはあっさり見せれば粋なのに、
    何分か続けてしまうのだ。
    ベテラン監督らしくない下手さ。

    確かに高倉健は雪の駅の中、立ってるだけで絵になるのだが、何作もコンビでやってきて、その彼の存在感と演技に依存し過ぎてないのか?

    もっと脚本、演出、編集で魅せて欲しい。
    ただこの作品は、アカデミー賞の作品賞と脚本賞取ってるので期待して見てみる。

    びっくりしたのは、あの吹雪の中でも電車が走るということ。
    それとも映画的嘘?
    電気やないからディーゼル車なのかな。

    どうして小学6年生の少女が60代のお爺さんに?
    ちょっと気持ち悪い、せめてほっぺたで良くないですか。

    と、思ったら途中からファンタジーに…
    うーん、なんだかなあ。。

    唯一の映画出演となった志村けんが中々良い。
    もっと映画に出ていれば名優だっただろうな、残念。

    大竹しのぶがまだ若い。

    広末涼子はこの頃はとても可愛い。
    スコア0.1追加で。

    もしも10代で亡くなっていたら伝説になっていただろう。
    この頃は舌足らずなあざとい台詞回しが若さに似合っていて良い。

    30代以降は逆にそれが仇となっていて演技が伸びてないのが残念。
    深田恭子も同じ現象。

    レビュアーの方々はみんなスコア4.0とかなんだが、全く感動できず泣けなかった。

    この映画がアカデミー賞独占?
    よくわからない。

    鉄道員の矜持と友情と親子愛。
    うーん、
    こんなのでは感動出来ないよ…

    音楽もいかにも昭和邦画からは脱したが、普通。
    本当に坂本龍一?

    歌は坂本美雨なのか!
    歌詞は奥田民生、豪華だが特に…

    むしろテネシーワルツを鼻歌以外でもフィーチャーした方がもっと印象的だったかと。

  • 4.4

    miriamさん2021/05/17 22:32

    もう一度聞きたい、「なぁんも〜」

    もうこの時代中々いないと思いますが、これから初めて観るという方、もうあの、バスタオル必須です。涙でぐちゅぐちゅになります。
    広末涼子の鍋の頃にはいつもべちょべちょに泣いてる。←

    渋くて無骨で生真面目で、とってもとっても優しい駅長さんの物語。

    今は亡き健さんの作品でいっちばん好きです。中学生の時初めて観た時父にハグしに行ったのを覚えてます(アルマゲドンと同様)。

    時代の移り変わりは激しいけれど、何か忘れちゃいけないものを思い出させてくれる傑作。大好きです。

  • 3.5

    Wuさん2021/05/17 19:53

    あれは志村けんじゃない?ホントに志村けん?知らなかった。映画に出てるなんて。
    高倉健がキマッてる。
    広末涼子もキマッってる。広末涼子は本当にかわいいのか、可愛い演技が上手すぎるのかどっち?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す