お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

山猫は眠らない4 復活の銃弾

G
  • 字幕

壮大なるアフリカ・コンゴを舞台に再び繰り広げられる『山猫は眠らない』シリーズ第4弾!

舞台はアフリカ・コンゴ民主共和国。伝説の狙撃手トーマス・ベケットの遺伝子を受け継ぐ国連軍ブランドン・ベケット三等軍曹は、ある日、反体制派領土で拘束されている欧州農民の救出を依頼される。父親譲りの狙撃の腕前を持つブランドンは、父の元相棒だったという狙撃講師リチャード・ミラーらの協力を得て、勇猛果敢に敵地へと乗り込んでゆくが…。父トーマスの意志を受け継いだ“若き山猫”が正義のために、いま立ち上がる!!

詳細情報

原題
SNIPER: RELOADED
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-11-24 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

山猫は眠らない4 復活の銃弾の評価・レビュー

3.1
観た人
687
観たい人
117
  • 3.3

    彦次郎さん2021/09/10 07:53

    アフリカコンゴで任務中に謎の襲撃を受けた兵士が真相を探るべく活躍するシリーズ第4作。
    主役がトーマス・ベケットから息子のブラントン・ベケットに代替わり。彼は狙撃手ではありませんが師となる人物と出会って開眼していきます。その師となる人物が1作目の相棒ミラーというサプライズ。
    エリート青年ではあるものの精神不安定な面がありトーマスと反目しながらも任務を達成した彼が貫禄あるオッサンになって全力で恩義を返そうとする辺りは熱いものがあります。
    美人上官が登場し深い仲になるという今までの硬派ぶりからは信じられない展開です。
    ラストで知恵比べ的要素で黒幕にケリをつけるのは結構好きでした。

  • 3.4

    エイちゃんマンさん2021/04/05 14:50

    『山猫は眠らない』シリーズとしてはらしくない内容でしたが、これはこれで嫌いじゃないです。

    親子共演を果たすという続編に期待。

  • −−

    るうLechattigreさん2021/03/11 22:40

    トム・ベレンジャーが出てない!息子ベケットが継ぐんですね。
    このまま子々孫々続くのかな。
    観ると意外と面白い!銃弾の風きり音がリアルです。
    でもベッドシーンはいらないな。
    ビリーゼインが1に次いでの出演は嬉しい!だいぶ変わったけどね。

  • 3.3

    ニールさん2021/02/13 10:52

    シリーズ第4弾。

    一度観たはずなのだが意外と内容を忘れていた。

    前作までの主人公の息子が主人公。シリーズ世代交代のための繋ぎ的雰囲気が濃い作品だが、アクション、サスペンス要素は結構楽しめた。

    狙撃描写は少ないものの、技術の進歩とともに格好良くなっていると感じる。

    親子(役柄上)共演が次作以降の展開となるが、今からとても楽しみだ。

  • 4.0

    Kenさん2020/12/30 11:13

    主役は息子にバトンタッチです。トムベレンジャーは出てきませんが、ミラーことビリーゼーンが再登場です。...ハゲちゃった。

  • 2.9

    Hichさん2020/12/28 17:25

     山猫シリーズ4作目。

     今作からトーマス・ベケットではなく息子のブランドン・ベケットの物語へと移っていきます。

     シリーズで今作と6だけトーマス・ベケットが出てきません。
    しかし1のサブ主人公、リチャード・ミラーが出てきます。

     序盤、ブランドンはまだスナイパーとしてやっておらず、スナイパーとして目覚めるまでを描いています。

     もう少しインパクトのあるストーリーが欲しかったです。

  • −−

    cinemaBONDさん2020/12/20 12:44

    次作で親父が帰ってくるとわかってるから楽しめるがリリース当時に見てたら少し物足りないと感じてたかと…

  • 3.4

    ラブラドールさん2020/12/13 23:54

    今回から息子が主役になったようです。
    お父さんの少しもたもたした動きは少し限界かなと思っていたのでちょうど良かった時期ですね。
    ビリー・ゼインも随分と役中で出世したようで、頼れる存在になっていました。
    中尉役のヒロインもとても綺麗でした。

    このシリーズも人気が出てきたのか今回は色々と予算をかけた感じにも見えました。
    ただ、ほとんどのシーンはカメラを手持ち撮影のようで。
    必要以上に画面が揺れて観ていて少し疲れました。
    戦闘シーンだけならいいのですが。
    カメラは固定して、切り替えなどでシーン回しをしてくれたら良かったと思います。

  • 3.4

    J四郎さん2020/12/10 20:44

    山猫シリーズ(っていうのか?)第四弾!
    前作まで主人公だったトーマスの息子ブランドン・ベケットが登場。彼は国連軍の一員という面白い設定。青臭い熱血漢でこれまた違った味わいの作品を見せてくれます。

    今回の舞台はコンゴ。農園を襲撃してきた恐ろしい敵に主の頑固オヤジもろともブラドンの仲間は皆殺しにされてしまいます。そして一作目以来のあのミラーが偉そうな教官となってカムバック!
    イタリア人と呼ばれる凄腕スナイパーはどうやらこのミラーと因縁がある模様。

    この回から主人公となるブランドン君はスナイパーはセコいからと毛嫌いしておりまして、あのオヤジですからねぇ行間を読めばなんとなく理解できます。このイケメンが登場したからか珍しくラブロマンスもありましたね。

    相変らず低予算でチープな造りですが撮り方など毎回工夫しているのでそれなりに迫力がある戦闘シーンになってはいますね。特にまだまだ未熟なベケットジュニアと凄腕スナイパーの対決は面白かった。
    マンネリ打破か主人公を若返りさせたのは一定の成功を収めています。

  • 3.5

    chipさん2020/12/05 10:43

    日替わり定食のような
    山猫シリーズ
    4つ目です!
    このB級感が心地よい〜

    前作から7年が経ち
    今回からベケットの息子、
    ブランドン・ベケットが主人公。
    演じるチャド・マイケル・コリンズ…はじめまして、だけど…
    細マッチョの優しい顔立ちのイケメンさん、♡
    無骨な父と違って、美しい上官女性とのLoveもありました。


    今回の舞台は
    アフリカ、コンゴのジャングル。美しい夕日をバックに映る
    キリンたちの姿は
    ライオンキングを思い出しました。大自然の中のシマウマやサイ、ゾウの親子…🦣
    雄大な風景がすばらしいです。


    スナイパーとしてあまりに偉大な父親に反抗して、一歩兵として海兵隊に入ったブランドンが、
    サプライズ登場のミラー大尉の指導で、スナイパーになって行く…
    面白くなってきました。
    1話目で、ミラーの指導者は、父ベケットでした〜!


    ミラー役、ビリー・ゼイン
    1話目から18年経って…
    髪の毛がすっかり淋しくなっていたけど、いい味出してました〜


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す