お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

俺たちの交響楽

G

『第九』がうまく歌え、この想いがあの子に通じたら……最高に幸せだよなあ!

川崎で工員を務める新田徳次郎は、街角で「ベートーベンの『第九』を歌いましょう!」と勧誘活動をしていた京子に声をかける。ナンパしてやれといった冷やかし半分の気持ちで、先輩の安男や後輩の保を伴い、エゴラド合唱団に入団した徳次郎。しかし、合唱の指導は厳しく、おまけに京子が団長の勝彦に惹かれていることを知り、幾度も団を抜けようとする。そんな中、京子が勝彦と衝突して故郷の信州へ帰ってしまい……。

詳細情報

関連情報
原作:山田洋次
音声言語
日本語
制作年
1979
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-12-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

俺たちの交響楽の評価・レビュー

3.3
観た人
79
観たい人
56
  • 2.5

    Rさん2021/09/16 21:43

    吉祥寺オデオン座で鑑賞。(「幸福の黄色いハンカチ」との2本立て)。

    当時、爽やかな印象の友里千賀子が主演。

    松竹はこの映画公開の頃は、公開時に2本立てだった。
    この作品は「幸福の黄色いハンカチ」を観に行ったついでに観た映画。いわゆる併映作品。

    一般人の生活を垣間見るような作品で、特段ドラマティックな展開はなかった。

  • 3.6

    あいうえおさん2020/08/17 23:31

    人の繋がり 個人 他者 共生 連帯 議論 山田エッセンス
    不純に純粋 薄っぺらい武田鉄矢 そこが良いのだと!
    サークル恋愛 目的を達成した後の キラキラもうだうだも同じくらいの尺で唐突に描いてるから不思議な展開 台詞寒いのも味
    浜辺でフリスビー

  • 3.1

    なつめまさごさん2020/08/12 23:32


    武田鉄矢主演

    ゆるさがいい味出てます。
    特に武田鉄矢の喫煙シーン。
    ところ構わずタバコを加えるのは今では撮影出来ないですね。

  • 3.1

    ニューランドさん2020/08/09 09:09

    【詳述は、『非情の男』欄で】ある時期の山田洋次の片腕的存在も、正体よく知らず、監督1作目を観る。あまりに無個性で演出の視点消えてて、時代との実際的接点が浮き上がらないが、武田鉄矢を始め、役者の素の矯正されてない魅力は伝わってくる。何も演出家らしき事をやってないなぁと観てて、後味が決して悪くないのが不思議。

  • 3.0

    カフェポタリストさん2020/08/07 00:23

    山田洋次の盟友、朝間義隆が監督した労働組合が推薦しそうな映画。寅さん映画の面々も登場。
    バブル以前の、若者が日本の未来をまだ信じることが出来た時代の映画。
    内容はともかく、撮り方があまりにストレートで古臭い。

  • 3.9

    チュンセさん2020/05/10 01:02

    昔観た「僕たちのアナバナナ」をhuluで検索したら、この映画がヒットして鑑賞。
     今の時代と比較して、どっちがいいとかは意味がないと思うものの、精神年齢はきっと幼くなっていると感じる。いろんな理由があるだろうけどそれはさておき。日常の生活の中で何かを成し遂げるために努力することは素晴らしいけど、それよりも学んだのは、人は、人と人の関わりやお節介の中で成長するということ。

  • 3.0

    スギノイチさん2018/08/19 20:26

    なんか山田洋次感が凄いな、と思っていたら原案らしい。
    なるほど寅さんファミリー総出だし、雰囲気も題材も山田洋次印。
    何より殆ど『同胞』と同じ話だ。
    違いは武田鉄矢がいるかいないかだが、この違いが大きい。

  • 3.5

    kotoさん2017/02/01 21:42

    さすが山田洋次監督👏ところどころに第九ではないクラシックを入れて、徐々に観客をクラシックな気持ちにさせて、クライマックスに第九で観客まで第九歌いきったような達成感を味わうように持って行くといった感じでした。
    寅さんでもよくクラシック使われるし、もしかしたらクラシックが好きなだけかもしれないけど、きっとクラシックとか縁がないと考える人も楽しめたのではないかとおもいます😀
    私は楽しかった😆
    第九やりたいな

  • 4.1

    オカルト博士さん2016/08/11 21:24

    邦画傑作シリ-ズ~☆
    労働者たちだけで構成されている川崎のアマチュア合唱団が、ベート-ベンの「第九交響楽」の合唱をやろうという計画をたて、さまざまな問題を乗り越えながら公演を成功させていく。

    監督の朝間義隆は「男はつらいよ」シリ-ズなどの脚本も書いてる人です。
    そら面白いハズや~!
    山田洋次が原案やし。

    面白いハズとゆうか、かなり面白いです。めっちゃスト-リ-にハマリました。雰囲気もたまりません。

    とにかく主演の武田鉄矢が凄く良いキャラで目が離せないんです。特に歌のレッスン中に、労働者に厳しい先生に対して、武田鉄矢が超ブチきれるシ-ンは凄いみどころです。
    このシ-ンは何度でも見たい。
    この映画は青春を感じれる傑作なんですよ。



  • −−

    ヤマラハルヒさん2016/04/10 21:06

    若かりし日の武田鉄矢の色っぽさ。年を取ってからの食えない感じもいいけど。未だにあの頃の武田鉄矢のような俳優でてこないなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す