お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

キャットウーマン

G
  • 字幕

ハル・ベリー主演。究極のヒロインが今解き放たれる!

ペイシェンス・フィリップスは、自己主張のできない内気な広告デザイナー。高慢な社長とイメージモデルも務める社長夫人ローレル・ヘデアが実権を握る巨大化粧品会社ヘデア社に勤めている。仕事ではせっかくの豊かな芸術的才能を浪費し、家に戻れば夜中まで騒々しい音をたててパーティを開いている隣人に苦情すら言えない、うだつのあがらない女性だった。そんなある日、ペイシェンスは間もなく発売になる若返りクリーム、“ビューリン”の広告デザインを届けにヘデア社の工場まで足を運ぶ。しかし、そこで彼女が目にしたものは、その“ビューリン”がもたらす恐ろしい副作用だった。

詳細情報

原題
CATWOMAN
関連情報
原作:ジョン・ブランカート,テレサ・レベック
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2004
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-12-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

キャットウーマンの評価・レビュー

2.9
観た人
5536
観たい人
837
  • 3.0

    ありすさん2020/05/24 18:40

    広告デザイナーのペイシェンスは会社の秘密を目撃してしまい殺されてしまう。しかし猫のミッドナイトの不思議な力でキャットウーマンとして生まれ変わる…。キャットウーマン演じるハルベリーがセクシーでかっこいい!殻を破り自由に生きようとする姿に女性として勇気をもらった。

  • 3.1

    割烹さん2020/05/23 12:48

    猫化するあたりの描写は見事で、その他にもハルベリーのしなやかさを中心に、目を引く演出はいくつか見られる。
    ただしご都合主義的展開かつ無理のあるストーリー。主人公の行動の動機が、自分を排水口に流した犯人が知りたいという若干しょぼい内容であったり、プライベートで仲良くなった相手と返信時に敵対するというベタベタな展開、そして役立たず刑事。

  • 3.5

    ケイトさん2020/05/17 21:22

    内気な女性がひょんな事からキャットウーマンになり自分を解放していく物語

    思ってたより楽しめました!
    キャットウーマンに変身後の主人公が本当に同じ人物なのか?!と思うぐらいセクシーになって役者さん凄いなーと感心

    アクション面だとかノリの良いBGMとか割と好きなタイプ

  • 2.8

    烏丸ルナさん2020/05/15 15:10

    イケイケノリノリでセクシーなハル・ベリーを堪能する映画。細すぎないボディラインと褐色肌がセクシー。鞭が似合うキャットウーマン。
    個人的にはアン・ハサウェイのロングヘアでいい子ちゃんなキャットウーマンよりこっちの方が好き。やっぱりキャットウーマンには女のワガママ感が必要だよね。ミシェル・ファイファーのぶっ飛んでクレイジーなキャットウーマンにはかなわないけどあれは至高なので仕方ない(?)です。
    脚本は言わずもがなだしツッコミどころ多いし音楽もイマイチ乗り切れないけど「言うほど悪かない」というイメージの作品。これまたキャットウーマンやらせたらハマりそうなシャロン・ストーンが若い女の子への嫉妬全開な悪役美人年増社長なのもイイんすよ。

  • −−

    oyatsunashiさん2020/05/14 23:26

    本当もウソもない。良い人の自分も悪い女の自分も全部自分。全部受け入れてくれる人に出会えたらいいな。自由だけど孤独。

  • 2.5

    96さんさん2020/05/13 00:18

    「センスのない遊び心」

    「文脈のないフォーカス」

    不要なカットを連発しながら

    これまたすこしズレた音楽とともに

    テンポにノレずにクライマックスへと進んでいく辛さはなかなかのものでした

    ハルベリーのくったくのないチャーミングさはステキ

    それでも後半は楽しんで観れましたよ♪
    ハルベリーのファンにオススメです

  • 2.5

    ハマベンケノービさん2020/05/09 01:36

    当時飛行機の中で鑑賞!
    ラズベリー賞?かなんかで期待外れムービーとして、注目を集めていた。
    ハードルが低くなってたからか、結構楽しめた!
    アクションはかっこいいし、ハルベリーの魅力も溢れてる。
    ただやっぱり僕の中ではティムバートンの時のキャットウーマンが正にイメージの人。
    あの頭がイカれててかつ謎の魅力が滲み出てたキャットウーマンには敵わなかったかな。。

    余談だけど、マイケルジャクソンはハルベリーに一時期メロメロで。
    デートに誘ったのに、断られたらしい。。
    さすがキャットウーマン。

  • 3.5

    こうだいさん2020/05/06 07:56

    人気アメコミシリーズ『バットマン』にたびたび登場する“キャットウーマン”を主人公に、オスカー女優ハル・ベリーが多くのスタントに挑んだアンチ・ヒーロー・アクション!
    『ヴィドック』のダークで美しい映像が目を引くピトフが監督を務め、ベンジャミン・ブラットやシャロン・ストーン、ランバート・ウィルソンらが出演。女性の持つ2面性を見事に演じ分けたハル・ベリー演じるペイシェンスとキャットウーマンのファッションに注目!

    【内容】
    内気な広告デザイナー、ペイシェンスは彼女が勤める化粧品会社の企業秘密を知ったことから抹殺されるが、ネコたちの神秘的な力によってキャットウーマンとして復活。自分の中に眠っていた野生のパワーを発揮して、悪と対決していく。ヒロイン役ハル・ベリーと悪女役シャロン・ストーンの肉弾戦も登場。

    『ダークナイトライジング』の影響でキャットウーマンは普通の人間だと思っていたが、今作では猫の力を携えて生まれ変わるというお話。正直、冴えない女性のシーンは退屈だが、キャットウーマンに生まれ変わってからの変貌ぶりは好き。自信に溢れた行動と態度は見る者を引き付ける。それとなぜか、キャットウーマンがめちゃくちゃセクシー。ただ、ファッションが自信を表していると僕は捉えた。アクションもカメラワークが良い。独特の猫がそこら中を駆け回る感じを上手く表現出来ていた。

  • 2.4

    Toshikiさん2020/04/22 01:17

    2020.04.06
    ハル・ベリー綺麗すぎる。
    ハル・ベリー好きな人がハル・ベリーを存分に楽しむための映画。
    内容としては典型的だけど観やすい。

  • −−

    Yumiさん2020/04/21 01:38

    どうしてか分からないけど記憶に残ってる映画。
    コーヒー?何かにメッセージ書いてて筆跡でバレそうになっちゃうシーンあった気がする

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す