お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密

G
  • 字幕

そこには、娘の知らなかった若い日の母がいた…。

そこには、娘の知らなかった若い日の母がいた。色あせたスクラップブックのタイトルは『ヤァヤァ・ シスターズの聖なる秘密』。ページをめくるたびにあふれだす、母とその3人の親友たちの輝く日々、そして秘密。セピア色の写真、色あせた手紙、チケットの半券、ドライコサージュ……。ヤァヤァ・シスターズの4人組は、ひとり ひとりが眩しいほどの個性で、若い日を懸命に生きていた。そして、娘はその時はじめて知る、母になる前の母にも欲しかった愛があったことを。生きたかった夢があっ たことを。わがままで非常識で尊大で、周囲の人間を傷つけずにいられない…そんな母もまた、傷ついた心を抱えた一人の女であることを。そんな大切な母のことを教えてくれたのは、8歳の時に結成してから50年以上にわたって、人生のあらゆる悲しみと困難をともに乗り越え、支え合ってきた母の特別な友達、ヤァヤァ・シスターズだった。

詳細情報

原題
DIVINE SECRETS OF THE YA-YA SISTERHOOD
関連情報
原作:レベッカ・ウェルズ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2002
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-12-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密の評価・レビュー

3.5
観た人
422
観たい人
270
  • 4.0

    ヒロマークスさん2021/11/25 00:46

    まさかのこんな名作がブックオフで300円というタダ同然の値段で、価値分かってんのかって思うような投げ売りの仕打ちに遭っていたので、オレはもちろん買ってきました。

    これは買い物という行為を超えた「救済」ですw

    やっぱ名作すぎて涙出ましたね。

    サンドラ・ブロックって2000年代から今まで面白いのしかないですよね。ほぼ。
    本作と同時期の『完全犯罪クラブ』も含めてw

    ヤァヤァシスターズの聖なる秘密明かされる最後はショックだったが、みんな若い時があるし、理想と現実でもがいたりとあるわけで、母も母になる前の夢とか希望があったわけですね。

    素晴らしい家族に恵まれてもなお自分を見失っていた母とそんな母親の姿を見続けて、傷を負った娘。

    家族ってのはやっぱ色々とあって、思い出したくないこと、トラウマになるような辛いことあったけど、やっぱり何があっても母と娘。そして、そこにはシスターフッドがいた。ヤァヤァがいてくれたのだ。

    みんな優しいヤァヤァズだったし、出てくるお父さんもサンドラ・ブロックの婚約者も優しいし、もちろんサンドラ・ブロックも優しいしねw

    結局、優しい気持ちになったw

    エレン・バースティン、マギー・スミスという大御所のスーパースター名女優の迫力。

    今は前線から消えてしまったアシュレイ・ジャッドもこの頃は売れっ子の勢いあって、『サイモン・バーチ』とはまた違ったいい意味でも悪い意味でも人間的な母親像を演じて上手い。

    サンドラ・ブロックが最高の役者であることは言うまでもないです。
    サンドラ・ブロック。

  • −−

    餅米さん2021/11/05 23:11

    一貫してまあまあ愉快だったことは覚えてるしまた見たい気持ちはずっとある。原作知ってること前提なんだよなあ

  • 3.9

    ゴロワーズさん2021/09/30 01:48

    Tボーン バーネットプロデュースのサントラが今でも愛聴盤で、ずっと観たかった映画、やっと観た。
    多分長い原作をまとめたんであろう3世代に渡るドラマ。
    今の眼で見れば“理由はともかくそれはダメでしょ”って重いエピソードが出てくるし、時間軸が行ったり来たりするので、わかりづらいところもあるけど、舞台がアメリカ南部だし、個人的には刺さりました。優しい視点で描いてます。
    キャストの皆さんは本当素晴らしい。
    原作者はオーソン ウェルズの娘さんなんだ、
    原作読もう。愛すべき映画。

  • 2.7

    lemmonさん2021/08/18 06:45

    ぶっ飛んだ4人の魔女を受け止められるのはサンドラブロックしかいない😅。
    他の若手女優ならバランスが取れなかったことだろう!


    コメディと割り切りたいが取り上げた物語が酷すぎる。
    何でも年齢重ねれば許されるエピソードばかりではないなあと💦。

    アシュレイジャッドからエレンバースティンになるのか?
    サンドラブロックの心の成長は?
    変なシーン撮ってないでそっちみせてぇぇぇ😫。

    あの儀式は?🤔


    ジェームズガーナーとフィオヌラフラナガンの優しさに救われる。


    キャストから楽しみにしていたが、自分にはハマらなかった🙇‍♂️。

  • −−

    のりまきさん2021/06/29 09:34

    母娘対立南部過去もの。あまりにガキっぽい剥き出しの対立をするヴィヴィとシッダ。2人の決裂に母の親友ヤァヤァシスターズが立ち上がる。
    おそらくは分厚い原作を端折るだけ端折ったであろう駆け足ストーリー。でも南部モノにしては××を食べさせたり(フライドグリーントマト)、××を食べさせたり(ヘルプ)しないので安心。
    珍しく赤い口紅赤いマニュキアのサンドラ。
    うっかり娘に優しくなってしまいそうな身近なテーマだった。ドキドキ。

  • 3.7

    capybara6さん2021/06/22 17:52

    「ヤァヤァ・シスターズ」ヴィヴィを含める四姉妹の秘密結社。ヴィヴィの長女シッダには母に対するトラウマがある。結婚を前にヴィヴィとシッダの関係は悪化。ふたりを救うべくヴィヴィ以外のヤァヤァシスターズが動き出す。「聖なる秘密」が暴かれる。男性陣が程よいクッションになっている。

  • 3.5

    junさん2021/06/21 14:32

    記録

    深手があるゆえに素直になれず、傷つけあってしまう。1番傷つけるのは家族だと昔誰かに聞いたような。

    重い話もヤァヤァ・シスターズのおかげで優しくなっている。

  • 3.0

    riekonさん2021/01/13 19:37

    S.ブロック演じる長女と母親の不仲。
    若い頃の母親が荒れたり家出したりで
    泣かされてきたら
    自分が大人になっても難しいかな😞
    もっと歳をとったら変わるかもね
    弟や妹は一度も出てこなかったし…
    どうしてるんだろ?気になったなぁ〜
    近所の母親の親友
    ヤァヤァのおば様たちがいいですね。
    ずーっと仲良くて何かあれば
    助けてくれて寂しくないし😊
    ヤァヤァの儀式が本格的?よねー😆

  • 2.9

    siroさん2020/12/28 19:00

    なかなか個性的なおば様達
    ヒステリーな親だと親も子も大変だ
    親は親で後悔するだろうし、子は子で自分がいけないとか考えちゃうしね
    後半はコメディ要素が減ってちょっと重めになる

  • 3.1

    ひろさん2020/12/19 21:39

    前半はめちゃくちゃコメディなのにだんだん重めのお話に。
    ラストはまたちょっと笑える感じ。

    エレンバースティンの若い頃やってた人キレイでした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました