お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密

G
  • 字幕

そこには、娘の知らなかった若い日の母がいた…。

そこには、娘の知らなかった若い日の母がいた。色あせたスクラップブックのタイトルは『ヤァヤァ・ シスターズの聖なる秘密』。ページをめくるたびにあふれだす、母とその3人の親友たちの輝く日々、そして秘密。セピア色の写真、色あせた手紙、チケットの半券、ドライコサージュ……。ヤァヤァ・シスターズの4人組は、ひとり ひとりが眩しいほどの個性で、若い日を懸命に生きていた。そして、娘はその時はじめて知る、母になる前の母にも欲しかった愛があったことを。生きたかった夢があっ たことを。わがままで非常識で尊大で、周囲の人間を傷つけずにいられない…そんな母もまた、傷ついた心を抱えた一人の女であることを。そんな大切な母のことを教えてくれたのは、8歳の時に結成してから50年以上にわたって、人生のあらゆる悲しみと困難をともに乗り越え、支え合ってきた母の特別な友達、ヤァヤァ・シスターズだった。

詳細情報

原題
DIVINE SECRETS OF THE YA-YA SISTERHOOD
関連情報
原作:レベッカ・ウェルズ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2002
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-12-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密の評価・レビュー

3.5
観た人
391
観たい人
242
  • 3.0

    riekonさん2021/01/13 19:37

    S.ブロック演じる長女と母親の不仲。
    若い頃の母親が荒れたり家出したりで
    泣かされてきたら
    自分が大人になっても難しいかな😞
    もっと歳をとったら変わるかもね
    弟や妹は一度も出てこなかったし…
    どうしてるんだろ?気になったなぁ〜
    近所の母親の親友
    ヤァヤァのおば様たちがいいですね。
    ずーっと仲良くて何かあれば
    助けてくれて寂しくないし😊
    ヤァヤァの儀式が本格的?よねー😆

  • 2.9

    siroさん2020/12/28 19:00

    なかなか個性的なおば様達
    ヒステリーな親だと親も子も大変だ
    親は親で後悔するだろうし、子は子で自分がいけないとか考えちゃうしね
    後半はコメディ要素が減ってちょっと重めになる

  • 3.1

    ひろさん2020/12/19 21:39

    前半はめちゃくちゃコメディなのにだんだん重めのお話に。
    ラストはまたちょっと笑える感じ。

    エレンバースティンの若い頃やってた人キレイでした。

  • 3.1

    miさん2020/06/13 07:31

    友人に勧められ、深夜の地上波で見ました。
    母親ヴィヴィとその娘シッダ。
    彼女達は激しい程の確執を持っている…。そこから映画は始まります。

    少しコミカルで、少し泣ける。
    最後は笑顔になれる。そんな作品。

    今まであまりサンドラ・ブロックに注目した事はなかったのですが、
    彼女が出た途端、物語に引き込まれました。

    アクもなく、なかなか良い作品。

  • −−

    Hayakaさん2020/04/09 21:22

    「怒りや恨みに縛られちゃダメ」
    「昔のママを知っていたら好きになってたわよー今も好きよーママも同じ気持ちよ」
    「地獄への道は善意で舗装されているー地獄を避ける道はー謙虚さだ」
    「許しを望んでは行けない時もあるのよ、言葉は愚かしいだけ」

  • 2.8

    バレンタインさん2019/12/17 00:02

    出だしを観る限りコメディーかと思ったけどコメディー映画ってワケでもなく。

    途中で結構シリアスになってくるんだけどシリアスな映画ってワケでもなく。

    ラスト感動するんだけど、まあラストは感動した。

    エンドロールが何故かめっちゃお洒落なんだけどお洒落映画ってワケでもない。

    不思議な温度感の映画だったかなあ。でも全体を通して嫌いじゃなかった。

  • 3.2

    犬さん2019/07/17 22:52

    ケーキ

    母親と喧嘩した娘が、母の親友たちから若き日の母の苦難の日々と親友たちとの友情を語り聞かされることで和解するまでをユーモアを織り交ぜて描くドラマ

    女性の物語

    あんなことやこんなこと
    女性っていろいろありますね

    過去と現在が行き来する

    タイトルがいい

    役者陣は好きでした

  • −−

    cchhiikkaakkooさん2018/11/08 01:32

    いまはただ、人生はそんなに悪いことばかりじゃない、って言葉にすがりたい気持ち

    感情のままに行動したり発言するヴィヴィばあさんが羨ましかった、まるで子供のようで。どこまでも真っ直ぐなひとだな。まわりのひとを巻き込んじゃう台風の目のようなひとで、彼女がクレイジーだなんてことはみんな承知。それでも理解して、受け入れてくれるパートナーや親友がいるということ、愛されているということが、羨ましくなった。

    荒波立てずに静かにぬるっと生きてくのは確かに楽だけど、やっぱり退屈だな。母は子供が生まれてすぐに母になるわけじゃないんだな。子が育っていくように、母も少しずつ育っていく、母だって、一歩ずつゆっくりと母になっていくんだな。だから完璧じゃなくていい。酒が好きだって、たばこがやめられなくたって、家にいることにうんざりして例え家出をしたとしても。きっとたぶん、家族だって完璧な形じゃなくたっていい、立ち止まり過去を辿ってみたり、ぶつかって、歩みより寄り添って、少しずつでいい、パズルのピースがあっていくみたいに、作り上げていけばいい。わだかまりも、向き合えば解決することもあるのかもね、彼女たちみたいに。一歩踏み出す勇気があれば。

  • 3.0

    shioriさん2018/09/12 12:25

    これは、見る前の期待に対しては ちょっと裏切られた映画。 でも、きらいじゃないし、女の子達がかわいかった♪

  • 3.7

    Momokoさん2018/09/02 15:08

    自分の知らない親の過去のこと知ったらみんな親の見方変わるんだろうなっておもった。あと友達って大人になっても大事

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す