お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

風と共に去りぬ

G
  • 字幕

南北戦争当時のアメリカ南部をダイナミックに描いた、いつまでも色褪せぬ一大エンターテインメント。

1861年。アメリカ南北戦争直前のある日、ジョージア州タラで、大園遊会が開かれた。いつもパーティーの女王であったスカーレットは、その日、心に決めていた男性アシュレーと彼のいとこのメラニーの婚約が発表されると聞き怒り悲しんでいた。その夜、ついに南北戦争が勃発。激動のアメリカを舞台にスカーレットは強く、激しく生きていく。

詳細情報

原題
GONE WITH THE WIND
関連情報
原作:マーガレット・ミッチェル
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1939
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-12-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

クラシック洋画ランキング

風と共に去りぬの評価・レビュー

3.8
観た人
16220
観たい人
11907
  • 3.8

    omuさん2020/07/04 18:55

    初めましての名作。結構あきらかな黒人差別あるんだな、と驚き。役柄的な問題だけど、メイドの役立たなさにイライラさせられるところ多し。やれよ!みたいな。見たことあった名セリフが多い。

  • 3.8

    haruさん2020/07/03 21:44

    なんとも言えないけどやっぱ名作だけあってストーリーとか本当にわかりやすいし、なるほどなって感じ。

    黒人差別とか結構あからさまだから今の状況どうなのとかあると思うけど、やっぱ過去のことはきちんと知って受け止めるべきだと思うからそれに関しては重要な映画だと思う。

    やっぱ主人公の気持ちがすぐ揺らぐ感じとかほんとに共感はできないけど、強くてたくましい女性である所は心を打たれたかな。

  • 3.7

    ローズヒップティさん2020/07/03 16:03

    ずっと気になってた作品やっと観ました
    戦争を背景に、勝気で自己中心的で女性が主人公の強くたくましく生きていく話

    あざとい感たっぷりで男性を虜にするけど意中の人には振り向かれない。
    絶対友達にしたくないタイプだけど、時にはこんな強さも必要なのかなー。
    70年近く前の映画と思えない
    人の感情を表現し作られていて、この時代の雰囲気はとても楽しめました。

  • 4.3

    Kikiさん2020/07/03 10:58

    80年以上も前の映画なんてびっくり!
    ほぼ4時間あるので見るには覚悟がいりました。
    火事の映像は本当にセットを燃やして一番初めに撮影したのだそう。
    とにかく人や動物かバタバタしんでいくのが悲しいけど、スカーレットの強いこと!
    メラニーとくに大好きだし彼女を演じたオリヴィア・デ・ハヴィランド東京生まれで今もご存命だどか!
    毎日を強く生きようと思える映画でした。
    “明日には明日の明日の風が吹く“

  • 4.0

    よとりさん2020/07/03 10:40

    放漫で我儘なスカーレット・オハラが戦争の中で強く生き抜き、自分の人生を見つめ直す物語。

    何度も展開が変わり、いろいろな人が死んでいく。その中でもスカーレットは変わらずに強くあり続けた。

    正直イライラすることが多かったけど、時間の長さを感じないくらいに引き込まれた。

  • 3.8

    りえさん2020/07/01 22:36

    スカーレットはよくも悪くもプライドが高くイライラするシーンも多々あったが、あれだけ強い女だったからこそ生き残れたのだろう。魅力的にはみえないが。
    戦争に負けた後、1人になってしまった後、負けない!と立ち上がる姿にはグッとくる。特に前半のラストがいい。

    メラニーがいい人すぎて、と思ったけどスカーレットがいなかったら死んでたんだよな、と思うと、スカーレットの何を踏み台にしても生きるという生命力の強さは本当に凄いね。
    スカーレットならどんな状況にあっても強く生きられるだろう。その強さは少し分けてほしい。

    レットとの似た者同士の刹那な恋もよかった。

    ただ名作かといわれると、?かな

  • 4.1

    ミズキさん2020/07/01 17:03

    主人公のことが、後半にかけて、だんだん好きになれなくなっていく不思議な物語。

    愛と嫉妬と時代と真実と…。
    主人公は嫌いになる一方だけど、そんな役を演じたビビアンリーは本当にすごいと思います。
    圧倒的な説得力で、主人公のことを嫌いにさせてくれました。
    ラストにかけて、セリフの一つ一つが壮大なのも、時代を感じさせます。

    不朽の名作ですね

  • 4.8

    Appleさん2020/07/01 16:58

    私の祖母が戦後この映画を見て「カラー映画に驚き、ここまで素晴らしい作品を作った国に勝てるわけがないと思った」と言っていて確かになと思った。

  • 3.9

    hulkさん2020/07/01 13:50

    ある意味教養としての観賞。WWⅡ開戦と同年にこの作品が上映されたという事実にただただ驚き。

    ヴィヴィアン・リー演じるスカーレットの身勝手さ、正直終始気になった。まあお嬢様育ちだけどタフに生きなければならないということで、このような性格になったのはある意味必然なのかもしれないけど。でもどこか憎めない、滅茶苦茶な人だけど。

    この作品、果たして本当に配信停止にすべきものなのかな。奴隷制度を礼讃する内容だから良くないという声もあるけど、どうなんだろう。よく分からない。

    とりあえず、メラニーはこの作品の良心。

  • 3.4

    くろっぴさん2020/06/29 15:24

    配信停止のニュースを見て、1度は見ておきたいと思っていた映画なので視聴。とても長い映画でしたが最後まで引き込まれました。スカーレットやレットやアシュリーは幻想を相手に見出していたり、弱さなのか不器用さなのかどこか自分を演じていた感じもするのですが、メラニーだけはその人の弱さや強さやその人の本質的な部分を汲み取る事が出来ていたというか…だからどんな人にも穏やかに愛を持って接することができてたのかなあ。時代背景と絡み合って人それぞれの色んな愛情や愛憎の形が見えました。その時代がどんな世情だったのか、昔の映画を見ることは色んな学びがあるなあとつくづく感じました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す