お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゴッドファーザー2

G
  • 字幕

ビトー・コルレオーネが1910年代にNYでのし上がっていく様と、1950年代に息子のマイケルがビジネスを拡大していく様を追う。

コルレオーネ・ファミリーは本拠地をニューヨークからラスベガスに近いタホー湖畔へ移っていた。縄張りを狙っていたハイマン・ロスの手下ロサト兄弟から襲撃され難を逃れたマイケルは、偉大な時代を生きた父ビトーを想う。父ビトーは母を殺され、難民としてアメリカに来た後ファミリーを築いていく…。マイアミでファミリーのボスたちの会合を持った後、マイケルはキューバへ赴き利権獲得のため工作を図るが、兄フレドーの裏切りに気づく。やがて犯罪調査委員会の公聴会に呼ばれたマイケルは裏切り者のペンタンジェリに証言を覆させて追求をかわすが、妻のケイはマイケルから離れていく……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ゴッドファーザー2の評価・レビュー

4.1
観た人
30478
観たい人
10410
  • 3.9

    なめこさん2021/09/24 00:23

    父のようにはなれなかったマイケル。
    結局は自分の為だもんね。

    映画評価基準
     
    この映画が好きか 6
    没入感 7
    脚本 8
    映像 8
    キャスト 10
    感情移入度 8
    音楽 9
    余韻 9
    おすすめ度 7
    何度も見たくなるか 6
     
    計78点

  • 5.0

    蜜郎IIさん2021/09/22 22:52

    堅気マイケルの面影すらない冷血ドンコルレオーネが出来上がっております。
    アルパチーノ様もイケオジ全盛期な感じのビジュアルで最高の仕上がりになっております。

  • 4.5

    その他さん2021/09/22 18:44

    2人の若きゴッドファーザーの軌跡、愛憎渦巻く二つの物語が綴られる。

    傑作の続編は傑作だった、それだけのこと、

  • 3.0

    たこさん2021/09/22 18:20

    長尺映画が得意じゃないだけで、内容はだいぶ好きでした。ひとりで生きてきたヴィトーと、ファミリーに囲まれて育ったマイケルの人間性の違いがおもしろかったです。周りに人がいるのが当たり前だと、目の前の人への思いやりを忘れてしまうのかもしれません。愛するということは、許すことだと思いました。あと名字コルレオーネにしたい。

  • 4.8

    ShoichiroNakaiさん2021/09/21 01:13

    ・ファミリーを守るために組織を作ったヴィトーと、組織を守るためにファミリーを失っていくマイケルを交互に描き、対比させる脚本。

    ・シリーズ冒頭とは別人のような影のある顔つきになっていくアル・パチーノや、マーロン・ブランドの独特の喋り方を完全に再現したロバート・デニーロをはじめ、俳優陣の演技。

    ・前作から更にパワーアップしたBGM。

    とどれをとっても完璧で、さすが史上最高の続編映画と称されるだけのことはある。

    それにしてもロバート・デニーロほど若手・中堅・ベテラン時代のそれぞれで代表作がある俳優も珍しいのでは。

  • 3.8

    tamita3さん2021/09/20 19:48

    前作から7年後が舞台の本作。

    マイケルのその後と、父ヴィトーの若き頃が交互に描写されているのでpart Iを観てない人はまず話について行けないと感じましたね。。

    ストーリーも実話をモデルにしているのであまり新鮮味はなかったです。

    凄いと感じたのはロバート・デ・ニーロの
    演技ですね。
    前作のマーロン・ブランドの独特の声を再現していて、オスカー獲得も納得です。
    字幕が絶対おすすめです。

    本作のシリーズは実際の人物をモデルにしていて以下の通り。

    ヴィトー・コルレオーネ(役マーロン・ブランド、ロバート・デ・ニーロ)モデルはイタリア系マフィアの犯罪組織“コーサ・ノストラ”のヴィト・ジェノヴェーゼ。
    コーサ・ノストラは、ラッキー・ルチアーノが整えた犯罪シンジケートの名称。ヴィト・ジェノベーゼは、そのナンバー2として君臨していました。

    マイケル・コルレオーネ(役アル・パチーノ)。モデルは、ジョゼフ・ボンナノだという説が有力。ボンナノの家系は、シチリア島では歴史のある名門。麻薬ビジネスや売春業を生業とすることに強く反対。その姿は一貫しており、ビジネスを合法展開しようとしたマイケル・コルレオーネとも重なります。

    ハイマン・ロス(役リー・ストラスバーグ)。モデルは、マフィアの財政顧問だったマイヤー・ランスキー。彼は、ビジネスライクな公正さと誠実さで、ファミリーのボスたちから絶大な信頼を獲得。刑務所の中で過ごした期間が一番短いマフィアでした。

    モー・グリーン(役アレックス・ロッコ)
    モデルは、新聞を読んでいる最中に、庭に潜んでいた殺し屋に顔面を狙撃されて殺害されたベンジャミン・シーゲル。劇中では、モーも顔面を撃たれて絶命。“バグジー”と呼ばれるベンジャミンは、ラッキー・ルチアーノの組織改革に協力した一人
    。1991年には、ベンジャミンの半生を描いた映画『バグジー』も公開されています。

    ジャック・ウォルツ(役ジョン・マーリー)
    モデルは、コロムビア映画の社長だったハリー・コーン。寝ているあいだに愛馬の首がベッドに置かれるという有名なシーンがありましたね。

    ジョニーフォンテーン(役アル・マルティーノ)モデルは歌手のフランク・シナトラ。

    これらの人物を知る事で様々なエピソードにあーあの人ね😮‍💨と気づかされので面白いです。

  • 3.9

    akyさん2021/09/20 19:41

    ラストが悲しい
    マイケル、善良な市民だったときの面影一切なし
    若い頃のヴィトー、声の掠れ具合がそっくりでびっくり!

  • 4.0

    水さん2021/09/18 20:25

    ゴッドファーザー2作目
    長い‼️
    けど凄まじい見ごたえでございました👏

    1作目の前日譚と後日譚を交錯させる構成。両親と兄を殺され、イタリアのコルレオーネ村から単身でアメリカに移住したヴィトーが出世していく話と、一方ヴィトーの後を継いだマイケルがファミリーの維持に思い悩む話。

    若かりしヴィトーは、なんとロバート・デ・ニーロ‼️若い‼️そしてマーロン・ブランドの話し方まんまだった😳

    デ・ニーロは1作目のソニーやマイケル役のオーディションに落選したけど、コッポラ監督に演技力を高く買われ、今作の大役に落ち着いたとか😆

    話し方や声、仕草が、ほんとに1作目のマーロン・ブランドが演じたヴィトーの若い頃って感じで、素晴らしかった💗若い頃からあんなしゃがれ声の人間いるのかとか思ったけど、細かいことは考えずデ・ニーロの努力に乾杯です🥂💕

    前作のアゲアゲ上昇志向のマイケルとは打って変わって、今作は闇堕ちマイケル💧

    奇襲を受け、仲間に対して疑心暗鬼になったり、自分の保身で家族をおろそかにしたり…。

    何も持たずに渡米して財を成したヴィトーと、引き継いだファミリーを維持しようにもうまくいかないマイケル。

    両者を比較するとヴィトーの圧倒的な懐の深さを讃えずにはいられない🥺✨

    いついかなる時もファミリーを愛し、相手の懐に入り込むスキルに長け、人助けにも積極的で…こんな魅力あふれる人いますか⁉️少なくとも私の周りにはいません笑

    そんな父の存在の大きさに敵わないプレッシャー、大変なものだと思う…ファミリーすら疑ってしまうのは、マイケルの精神が弱いんじゃなくて、普通の人間なら誰しも抱いてしまうものなんだろうな🤔

    そしてヴィトーにとってのファミリーのは、事業立ち上げ仲間と息子たちと妻。一方、マイケルにとってのファミリーの重役ポジは兄弟。兄弟ってなかなかうまく行かないものだ…特に自分より下の兄弟が上に立ってしまった場合。親子間の無償の愛と同じにってわけには行かない…うまくやるにはヴィトー以上に器の大きな人間になる必要があるかもしれない💦

    ラストは切ない…
    "ファミリーはいなくならない"
    そう信じていたかったです😭

  • 4.0

    アキオさん2021/09/17 17:36

    Ⅰのメインキャラのビトーの生前の物語とその後を継いだマイケルの物語。前作で疲れたので1.4倍速で見ようの回。話が並行して展開されるので混乱注意。ビトーがどのような人生を歩んで成り上がったのか、マイケルは危うい地位のコルレオーネファミリーをどのように引き継いでいくかを丁寧に描写している。今作を見ることで、どうしてコルレオーネファミリーが故郷のシチリアではなく、アメリカで大成するに至ったのかと言う前作の疑問が解決するはずだ。前作に引き続き、細かい描写がされており、完成度は高い。前作後半から分かるマイケルのマフィアとして生きる覚悟が、若き日のビトーとの対比を通して印象づけられる。それは、ソニーがあまり描写されなかった所も含め、マイケルのドンとしての覚悟が際立っているように感じた。男性目線であるからこそ、マフィア内の女性がほとんど内情を知らされず、どのように扱われているのかを垣間見ることが出来る。相変わらずヒステリックでわがままなメンヘラコニーにイライラする。でもそれは、ファミリーの女性陣としての生き方に気づいていないこと、男性社会故の不満に上手く対処出来ていない故なのだろう。

    1.4倍にすることで細かい描写を観察することは出来なかったが、どうにか見切ることが出来た。

  • 4.3

    ドナルドドラックさん2021/09/17 12:55

    ロバートデニーロが超若いくてカッコいい!
    ヴィトーの事をますます好きになりました。

    這い上がるヴィトーと幸せが崩壊していく子のマイケルが対になって描かれており余計辛い。
    気を抜くと置いてかれるし、結構暗い感じで200分正直しんどかった。(面白くなかった訳ではない!寧ろ凄く良かった。)

    さていよいよクライマックス。
    見届けねば。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す