お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

無知の知

G

「原発って何?」 怖いもの知らずの“無知な男”の突撃インタビューの記録!

原子力は、未来永劫わたしたちの文明を照らす光だろうか?2011年の大震災、そして原発事故以降、「原発」に疑問を持った監督・石田朝也が、自分の目で確かめるため、福島の人々や震災直後の混乱した官邸と福島第一原発の状況を知る当時の内閣関係者のインタビューを決行!!そして、「原発って何?」と原子力工学の第一人者に聞き、「新しいエネルギー」について太陽光発電関係者に尋ねる。そこから見えてくるのは、それぞれの立場から描き出される日本の未来の設計図!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

その他邦画ランキング

無知の知の評価・レビュー

3
観た人
36
観たい人
48
  • 3.0

    ミミックさん2019/03/20 21:22

    2014年の映画ということで今から5年前の状況を見るに、殆んど何も変わっていないどころかむしろ悪くなってる気すら感じる。
    インタビュアーである監督が前に出すぎてるのが気になった。で結局、監督がこの映画で伝えたかったのは何か。
    名のある政治家達へのインタビューも余り身のある話はなかった。当時の話なんて後付けでなんとでも言えるからなあ。
    元原子力委員会委員長の犬も食えない感じと、原発マネーで生活が成り立ってる村人の原発を責めきれない矛盾した想いが印象に残る。

  • 2.2

    サトーリョーさん2017/09/21 02:26

    やはり監督はもう少ししっかり勉強して、準備しなくてはいけないのではないかなと感じた。

    無知の知というタイトルに甘えている部分があるのではないか。

    インタビューを受けてくれた人たちに対して、監督の言動がとても失礼な気がする。

    仮設住宅にいる方たちのことを「何もやることかない人たち」と言ってしまったり、「老いた姿をみてそれ以上何も言えなかった」とテロップを出してしまったり…。

    本当にちゃんと、無知を知っているのかな?
    と疑問に思ってしまった。


    あと、ドキュメンタリー監督は、図々しさと繊細さを兼ね備えていなくては良い作品は作れないということをあらためて認識させて頂きました。

  • 4.0

    Yuyaさん2017/03/16 04:54

    人はなんで映画を撮って 人はなんで映画を観るんだろう…
    もしも受賞作品や流行りモンばっか並べて観る自称"映画通"ばっかなら フィルムなんてトイレットペーパーほどの価値も無い代物になっちゃうんだろう
    "映画を観る"って意味は 観終わって何かを考え 悩んで 自分の立ち位置を確かめ直したくなるトコにあるのかもしれない
    ヒーローに憧れて不甲斐ない自分を蔑む事も ラブストーリーに涙して愛する人の幸せを願う事も 自分と違う意見や立場を想像して 新しい見解を得れるのも 全て映画が与えてくれる未来への思考なんだなぁ

    でもって 2011年以降を生きてる日本人にとって 決して知らぬ存ぜぬでいてはならない 震災 フクシマ そして原発…
    この映画には大きく揺さぶられた
    それは いわば ど素人が何の予備知識なく そして正義感なんかでない むしろ好奇心に突き動かされて 被災者 避難させられた人々 政府関係者 担当者 責任者 あらゆる立場の人に単純な質問を投げかけているからなんだな
    自分も理想論とわかっちゃいても原発反対の気持ちを持っていたけど 改めて多面的に各々の正論を咀嚼していくと どれにも合点がいってしまう とりわけ藤家氏は難敵だったなぁ

    答えは永遠に風の中かもしれないけど 改めてそれぞれが"考える"機会を得れる映画なんだと思う

  • 2.9

    たかだんごむしさん2016/11/28 19:31

    もっともっともっと追及しなきゃですよ。構成も下手でテイストもダサい。内容が内容だけにドキュメンタリーだから演出はいらないけど、ダサいのはよろしくない。

  • 4.5

    ゆこりんでさん2016/01/21 23:20

    いろいろ原発関連見ましたが、見終わったあと、
    おもしろかった!
    と口からするっと出てきたのは、この作品だけ。

    いや、原発映画に限らず、この映画だけかも。

  • 3.3

    夏色ジーンさん2016/01/05 11:03

    感想川柳「結局は 上手い具合に はぐらかされ」

    レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

    福島第一原発や官邸であの日何が起きたのか?今福島の避難地域の人達はどうしていてどう思っているのか?原発には全く詳しくない監督が当時の関係者や仮設住宅に住んでいる人達に、思ってることをそのまんま聞いたドキュメントです。

    菅、村山、細川元首相や枝野さんなどそうそうたる面々にインタビューしてますが、中でも与謝野さん、渡部恒三さんは違う意味で衝撃的でした。Σ(゜Д゜)

    そして避難してる人達はいまだに事故の真っ只中で、おばさんの涙が忘れられません。(>_<)南相馬の小高駅周辺の様子は色んな意味で怖い。現地の人からしたら世間は知らないと言うより知らないふり、忘れようとしていると思われてもしょうがない( ´△`)

    とりあえず分かったのは原発推進派と反原発の話はどこまでいっても平行線。主導権は政府にあるから再稼働は止められないでしょう。それに伴ってこの映画がさして話題にならなかったので、第2弾を鋭意制作中らしいですよ。Σ(-∀-;)そりゃ無知の人がマスコミの鋭い質問をかわしてきた関係者にインタビューしても上手くはぐらかされますわな。

    それにしても安倍首相の事務所は全く相手にしなかったですな。(;・∀・)

    自分的には事故った時のリスクがデカいし、廃棄物の置き場に困るから無いに越したことはないと思う。あとは原発関連の恩恵を受けてる人達と代わりのエネルギー源をどうするかでしょう。(^^;

  • 1.0

    JunTさん2015/11/21 01:39

    一見の価値はあります。原発事故が起こったときの当事者たちの証言が見られます。
    ただ、監督の狙いは失敗してます。監督に感情移入はできません。監督がみえてこないんだもの。インタビューを見て感じた疑問を聞かないで、どんどんもともと決まっていたインタビューが続くので、見てるほうは気持ちがつながらない。糾弾しろと言ってるのでなく、分からないから聞いて欲しいんです。
    藤家さんが見ているという、原子力の夢ってなんだろ?くわしく聞けば共有できるかも、できないかも。何で帰りたいの?当たり前の生活って?科学面で考えたってきっと地震前と後で変化はあったでしょ。中曽根さんのインタビューがとりたかったらしいけど、過去の話はどうでもいい。先の話が聞きたいんです。
    インタビューで人が話す内容は一面的な真実だけど、深くもなければ多面的でもなくて、カッコつけたり理想の姿だったりして、それだけでは浮かび上がりません。
    過去のことを今インタビューだけで描くのは厳しいっす。みんなそれぞれ折り合いつけた後なんだし。それよりはこれからのことを聞きたいし見たい。せっかくの歴代首相のインタビューもなんか事実ばっか聞いててもったいない。
    原子力のことを考えるきっかけにと監督がおっしゃってたけどならないです。だって何を考えればいいか分からない映画なんだもの、何も突きつけられない映画なんだもの、ぼやっとしてて、見終わった時、この映画なんなんですか?って聞きたかったです。
    和製マイケルムーア?ムーアもドキュメンタリーもバカにしないで!もっと真摯に死に物狂いでかじりついて欲しい。あなたが取り上げたテーマはそういう覚悟が必要な重いテーマです!

  • 4.0

    sideBatsu2015さん2015/03/04 18:45

    原発について、ああ、この人そういう風に考えてたんだ、と。
    それでも語ってくれた事に対して、監督がきちんと映画にているので、怒りと悲しさと同時に、では自分はどうするか と考える。

    誰かが不便を強いられる様な便利さはいらない。
    田中正造の「真の文明はー」これにつきると思う。

  • 3.0

    ncccoさん2015/03/03 13:57

    原発事故を巡り、フクシマとは何だったのか?を追うドキュメンタリー。当時の枝野官房長官始め、菅、鳩山、村山、細川元首相など錚々たる面々がインタビューに応えてて圧巻。素人相手なこともあり結構みんなぶっちゃけて話をしてくれてて、面白い。
    それ以外にもフクシマ在住の人や家を追われた人々にマイクを向けながら、彼らの懐に入り込んで行く監督の「人間力」は大したもの。ただ、監督自身の原発に対しての知識が浅いがために深掘りした内容に落とし込めていないのがドキュメンタリーとしては力不足でちょっと残念。
    個人的には、原発委員会元委員長の藤家さんのインタビューにグッときました。フクシマの事故があったこと=日本から原発を無くさなきゃいけない、ということは別次元の話。
    木を見て森を見ずになっちゃいけない話題に限って、世間は冷静を欠く。そこをキチンと指摘し改善策を提示できる人はホントに、いない。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す