楽天TV
アダルト
  • ホーム
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

合葬

G アプリでDL可: レンタル 購入
1時間26分 音声:日本語

柳楽優弥・瀬戸康史、W主演作。知られざる彰義隊の真実を描いた杉浦日向子の傑作漫画がついに実写映画化!

知られざる彰義隊の真実。終わりゆく江戸、切なく揺れ動く青春最後の一ヶ月。慶応四年(1868年)四月十一日、三百年に亘る江戸幕府の時代が終わりを告げた。 第十五代将軍・徳川慶喜は新政府軍に江戸城を明け渡し、明治時代が幕を開けたのである。 鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。高い志をもって結成され江戸の民衆から慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」…続きを見る

合葬

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

場面写真

あらすじ

知られざる彰義隊の真実。終わりゆく江戸、切なく揺れ動く青春最後の一ヶ月。慶応四年(1868年)四月十一日、三百年に亘る江戸幕府の時代が終わりを告げた。 第十五代将軍・徳川慶喜は新政府軍に江戸城を明け渡し、明治時代が幕を開けたのである。 鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。高い志をもって結成され江戸の民衆から慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。 『合葬』は、将軍に熱い忠誠心を持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに入隊した柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌二郎(岡山天音)の、時代に翻弄された数奇な運命を描く。

最新!時代劇・歴史劇邦画月間ランキングもっと見る

引っ越し大名! 引っ越し大名!

引っ越しは戦でござる! 失敗すれば、即、切腹! 引きこもり侍が国の存亡をかけて挑む、一世一代の城ごと引っ越しプロジェクト!

¥440

(3.7)

星野源

1

関ヶ原 関ヶ原

原作は620万部超、司馬遼太郎の“国民的ベストセラー”25年もの長きにわたり映画化を熱望、岡田准一、役所広司、有村架純といった豪華キャストを迎え、司馬遼太郎原作の大ベストセラーが遂に完全映画化された!

¥440

(4.0)

岡田准一

2

居眠り磐音 居眠り磐音

この男、切ないほどに、強く、優しい。

¥440

(4.4)

松坂桃李

3

武士の一分 武士の一分

山田洋二監督作品。「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平時代劇3部作の最終作品

¥330

(0.0)

木村拓哉

4

七人の侍 七人の侍

破格の製作費と年月をかけて作られた日本映画史上空前の超大作であり、世界に誇る日本映画の最高傑作。

¥330

(4.7)

三船敏郎

5

サムライマラソン サムライマラソン

行きはマラソン 帰りは戦

¥440

(2.6)

佐藤健

6

超高速!参勤交代 超高速!参勤交代

上半期に興収14億円以上のスマッシュヒットを記録!「アナ雪」に次いで2位を獲得した話題作!

¥330

(3.9)

佐々木蔵之介

7

殿、利息でござる! 殿、利息でござる!

3億円集めて、ビンボー脱出! 庶民vsお上!知恵と勇気と我慢の銭戦が今、はじまる…。

¥330

(4.8)

阿部サダヲ

8

合葬の評価・レビュー

2.9
観た人
910
観たい人
1168
  • 2.6

    ShoSaitoさん2020/04/30 16:40

    時代劇にはおよそ似つかわしくない洋楽のBGM
    と、時折挟まれる怪談的な語り。

    もう違和感しかない。

    特に語りが下手過ぎて聞いていられなかった。

    新撰組を描いた時代劇のように熱く硬派に作る
    ことはできなかったのか、甚だ疑問。

    役者は悪くないが客脚本と演出が悪過ぎる。

  • 3.6

    くぅーさん2020/04/29 18:16

    江戸幕府解体に反対した、あの彰義隊を描くとのことで、興味深く見始めたが・・・何とも摩訶不思議な余韻で見終える。

    で、彰義隊の個性の違う三人の若者の顛末を描くのだが・・・冒頭から怪異譚テイストから始まり、これはその後もところどころに現れ、意外に後に引く。

    そう、音楽にも違和感を持つかもしれないが・・・あえて英題GASSOHを併記した狙いからも、納得。

    つまりは、かつての切れ味の時代劇を見たい方にはオススメできない・・・が、現代の迷える10代後半の若者とシンクロさせて考えさせるには巧みな演出かと。

    なお、俳優陣では、柳楽優弥の存在感は流石で・・・最近、頭角を現して来た岡山天音にニヤリ。
    さらには、オダギリジョーらのサポートもナイス。



  • 2.8

    としさん2020/03/20 13:34

    2020年3月20日

    #合葬 鑑賞

    #杉浦日向子 原作の漫画の映画化

    盛り上がりにかけるし、何がメインなのかもよく分からず、モヤモヤして終わりました。

    #柳楽優弥
    #瀬戸康史
    #岡山天音
    #オダギリジョー
    #門脇麦

  • 3.6

    ルー蔵さん2020/02/11 18:39

    要所要所で入る寓話怪談のエピソードが緩やかに死のかおりがする。

    遠い昔に原作読んだ。けど、全然覚えてない。何かが腐ってる〜のとこは覚えているような。
    三人の設定とオダジョーが良いので、もうちょっと長く観たい気がする。
    セトキュンはプチッと鍋のCMが流れてるけど、いつからこんな普通の俳優になったんや。可愛いの押し売り俳優だったのに。

  • 4.1

    ゆこりんでさん2020/02/09 23:14

    不思議な雰囲気の映画。大政奉還したあとの、魂抜かれた江戸の街…の雰囲気なのか、暗いような、妖しいような…それが好き。瀬戸なんちゃらの、まるで現代っ子な演技と、柳楽のイッチャッてる、マイ・バック・ページのマツケンみたいな様子のなか、岡山天音だけが重しになり、、
    こういう3人が上野に生きていたんだ…!と思うと泣けてきました。
    へんな映画だから点数は低いけど大好きです!

  • 4.5

    liliさん2019/12/08 17:35

    とても変わっていて、美しい映画だった。原作の力でもあり、映像化の効果でもあるのだろう。ときどき入るナレーションや不思議な映像で、映画を観ているのか小説を読んでいるのかわからなくなる。紛れもない時代劇のはずなのに、時代設定も舞台も登場人物も斬新に感じられて、どの枠にも当てはめられないような印象を受けた。原作を読んでみたい。
    役に魔的な魅力を与えていた柳楽優弥をはじめ、瀬戸康史や岡山天音ら若い俳優たちの演技が光っていた。ジョダギリは安定のジョダギリで安心感があった。

  • 3.5

    つぶ貝さん2019/11/24 19:06

    集中してみないと内容が理解しづらいけど、なんか引き込まれていく作品
    大河ドラマとかよりも言葉が分かりやすい気がする
    時代劇の天音くんも良かったけど彼はやっぱ現代の役の方が似合う気がする

  • 4.0

    nさん2019/11/13 13:57

    ビジュアルに凝った変わり種の幕末時代劇という共通点からか、終始なんとなく『御法度』を思い出していたけれど、原作を読んでみたら特に似ている感じはしなくて、オムファタル柳楽優弥の磁力とカヒミ・カリィの幽玄なるナレーション、そして幻視のように時々挿入される怪談が映画オリジナルの妖しい空気感を作り出していたのだと思われる。面白い解釈。

    瀬戸康史の柾之助はかわいくてすっとぼけてて、そのまま漫画から抜け出てきたみたいだった。良い役者さんだなあ。

  • −−

    Cisaraghiさん2019/10/27 00:06

    マンガ原作とは知っていたが、杉浦日向子だったことは後から知った。道理で(何が)。しかし、原作とはストーリーがけっこう異なっているらしい。

    単純な直線で構成されている簡素な伝統的日本家屋は、シンプルでスタイリッシュな映像と相性がよい。しかも、あまり経費をかけずにスタイリッシュな画面を作れるメリットもある(多分)。そのメリットを十分に生かした映画だったと思う。シンメトリーを多用し、無機質と感じるくらいに細々したものを徹底して排して構成した画面作りはウェス・アンダーソンを彷彿とさせるが、ウェス・アンダーソンの映画のように息苦しさを感じなかったのは、作り込んでないからかな。実際あるものを利用したところが多いのだろうし。

    悲惨必至の話なのに、そこはかとない可笑しみが漂っているのは言うまでもなくアイツのせいである。主役は柳楽優弥になっているけれど、私には瀬戸康史主演に思えたのだが。そして、何故か突然のあの歌。

    柳楽優弥君の出演作を見たのは初めて。東南アジア系のなかなか鋭い顔のイケメン。やや斜めに揃って並んだショットはじめ3人の横顔がキレイで、横顔で選んだのかと思うほど。そしてどこから撮っても安定のイケメン・オダギリジョー。オダジョーが登場してあの調子で話し出すと、途端に空気が弛緩する効果覿面。

    この時期上野でこんな事件があったということは知らなかった。しかし、激動の幕末でも、天下国家のことはどこか上の空のアイツのような呑気な侍がいて、何となく歴史に巻き込まれていってしまうのだな、と思った。今はもう見ることが出来ない往時の不忍池の情景が極楽のように美しい。全体的にはスタイリッシュな統一感を出すためか色調を抑えていて色があまりなかったのが残念。

    色々と既存の時代劇のお約束事とか固定観念とかを外して作っているということなのだろうけど、なかなかにパンクで嫌いじゃない。新機軸の時代劇を作ろうとしたというより、150年前の今を生きていた若者の姿を切り取ろうとしたら結果こうなりました、ということかなと。

  • 3.0

    bakuroさん2019/10/06 19:26

    3人の若者の、それぞれの現実逃避って感じなのかな。将軍への忠義だったり、長崎での学問だったり、怪談のような不可思議な現象だったり。あとは女遊びもか。逃げる先に死しかない男と、逃げずに死に巻き込まれる男と、逃げてなんとなく生き延びる男と。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「合葬」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    表示モード:
    スマートフォン
    PC