お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

青春H マリア狂騒曲

G

インディペンデント映画の鬼才 井土紀州監督が青春Hに3度目の登場!いかれた女と共に危険な復讐が、今はじまった。

耕平は、元彼女の双葉の事をずっと忘れられなかった。一年前に別れたのに今も夢に見るくらい彼女の事を引きずっていた。そんなある夜、耕平の前に双葉の幽霊が現れる。「助けて…」耕平にはそう言っているように思えた。耕平は、双葉が暮らしている部屋を訪ねる。そこには、現在の彼氏が現れ、双葉は旅に出ていると言われてしまう。納得が行かない耕平だったが無理やり追い返されてしまう。そんな時、ふと隣の部屋に住む女の子マリアが「双葉さんなら殺されたよ」と耕平に告げる。マリアは殺し屋と名乗るものの普通の女の子にしか見えなかった。そして、「一緒に仇を取ろう」と言い始める。耕平はマリアに振り回されながらも事の真相に迫っていくのだった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2013
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-03-08 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

青春H マリア狂騒曲の評価・レビュー

3.3
観た人
24
観たい人
22
  • 3.4

    てつへいさん2017/03/30 21:57

    青春Hシリーズです。なかなかのインパクトなパッケージですね。

    女々しい失恋男の前に、元カノが幽霊で出現。
    今彼宅に突撃するも「世界一周旅行に出かけてる」とあしらわれますが、急に今彼宅のお隣さんの女の子が「あの子は殺されてる!」と言い、主人公を部屋へ連れ込むことで、失恋男とキチ女のコンビが成立します。

    全体的に悪くない出来だったと思います。

  • 4.0

    8bitさん2016/03/20 15:23

    好きなタイプの映画でした。見事に美男美女が全く出てこない自主映画のような趣ですが、それが逆に恋に狂った男の悲哀にリアリティが出ていたのかも。
    ストーリー自体もよくまとまっているし、奥行きを感じさせるような空間の切り取り方を意識した画作りやカメラワークも映画的。
    そしてなんといってもヒロインの水井真希ちゃんの存在が大きいです。
    「キックアス」のヒットガールや「スーパー!」のボルティーを思わせるドS基地外娘を好演。
    決して美少女とはいえないんですが(失礼)、ボーイッシュな声(滑舌が良くて、台詞がとても聞き取りやすかった)やコケティッシュな笑顔に相当癒されました。
    くじけそうになった主人公の尻を叩き、時には自らの身体を使って奮い立たせてくれる、まさに天使のような感じで、彼女のマリアをもっと観ていたいなあと思えるほどに魅力的でした。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る