お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青春H 激写!カジレナ熱愛中!

G

さげまん女優として注目されるようになった梶並玲奈は人気継続の為に、自作自演の呪いを仕掛けていく…。

梶並玲奈…彼女は“さげまん”と呼ばれる女優。梶並は売れない女優だった。しかし、ある時彼女と不倫をしていた大物監督が不幸な死に方をする。マスコミはこれを梶並の呪いだと書きたて、「さげまん」というレッテルと貼られてしまう。この事がきっかけで、梶並はバラエティ番組などに呼ばれるようになり「さげまん女優」として注目されるようになる。初めは戸惑っていた梶並もすっかり「さげまん女優」に慣れてしまい、人気がある事が嬉しかった。ところが、さげまんの呪いが長続きせず、それによって人気も薄れていく。梶並はさげまん女優として人気を継続させる為に、自作自演の呪いを仕掛けていくのだった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-03-08 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

青春H 激写!カジレナ熱愛中!の評価・レビュー

2.7
観た人
33
観たい人
39
  • 2.7

    ちゃんこなべさん2020/01/06 14:15

    主人公の梶並レナは昔はそこそこドラマなどに出演していたものの、今では出ても死体役など、下火となった女優。ところが、某有名映画監督と一夜を共にしたところ、その直後に映画監督が心臓発作で死亡したことにより、「カジレナはさげまん」として週刊誌に記事にされる。それ以降、さげまんキャラで世の中から認知されるようになり…

    青春H23本目。22本目に見た「ビキニ☆ラーメン」が酷すぎて半年以上あいてしまいました…!基本的に酷い青春Hシリーズですが、全部見終わった時には何かと切ない気持ちになりそうで、終わるのが怖いなあ、と常々思っております。

    さて、今回は「激写!カジレナ熱愛中!」です!タイトルのインパクトから、前々から目をつけていた作品ではありました。

    …が、ジャケットを超えるインパクトは皆無!特別青春H感はなく、気付けばエンディングです。

    主人公、どっかで見たことあるなあと思ったら初代GTO(反町隆史のやつ)で相沢みやびの役してた人やん!!そう思うと顔全然変わってない気がするわ!!ただ、青春Hに出演したからには脱いでほしかったゾ!!

    まあそんなこんなで、あけましておめでとうございます。去年はあんまり映画を見れなかったので今年は沢山見れたらいいなと思っています。2020年もよろしくお願いします。

  • 2.2

    片腕マシンボーイさん2017/10/02 15:16

    私…サゲマンなんです!

    かつては連ドラのヒロイン、今は2時間ドラマの死体役
    復活を願う女優カジレナだが不倫相手の映画監督が突然死、さらに恋人が腹上死した過去まで暴かれ、サゲマン女優として週刊誌に取り沙汰される
    ところがそれがきっかけで女優としても仕事が舞い込み始め…、って話

    「Dressing Up」の監督作ということで鑑賞も全くそそられず…
    どうした?どうした?あの傑作を撮った監督が?と思って「Dressing Up」の自分のレビュー読み返したらな…
    ヒロインを演じた祷キララちゃんの存在感と演技のことしか褒めてなかった!むしろ内容は微妙みたいやった
    撮影当時12歳で作品そのものの印象を覆してしまうほどの存在感って凄いな

    本作に関しても印象に残ってんのは脚本や演出では無く、中村愛美が演じるカジレナが「私サゲマンなんですぅ」と泣きながらインタビューに答えるシーンのみ、そのシーンのインパクトが強すぎて逆に他のシーンが全く印象にありません

    一応コメディに寄せようとはしてるんやけども…
    カジレナがサゲマンキャラを維持しようと、彼氏に悪いことを起こそうとするシーンとか、もっと無茶できんかったかね?と物足りなさを感じましたし…
    なんやねん「コーラ吹き出す、カジレナの呪いか?」って
    どうせなら車で当て逃げくらいの事せぇよ

    ラストに明かされる隠されていたカジレナの真実とかも、ふ〜ん…ホジホジ、パクッ…、ってなもんでしたね
    あ、決して鼻くそ食べてませんから

    ちなみに僕はアゲマンの女性ともサゲマンの女性とも付き合ったことはありませんが
    付き合ってきた女性は皆名器でした!だって挿入したらすぐにイかされちゃうんですもん!
    あれ?それってもしかして僕がはや…

  • 3.2

    アルパカメタルさん2016/03/15 21:57

    安川有果監督の言う「アホアホコメディ」をようやくの鑑賞。
    「Dressing Up」とはまた違ったテイスト。(シュールさが石井裕也っぽい?)
    相変わらず突飛な発想。。。物語自体は粗々しいんだけど嫌いにならない。
    好き嫌い別れると思うけどわたしはこの監督、好きだなと今作で確信。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る