お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ソークト・イン・ブリーチ ~カート・コバーン 死の疑惑~

G
  • 字幕

不可解過ぎる死から21年――、次々と明らかになる衝撃の真相。

1994年4月8日。ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンの死体がシアトルの自宅で発見され、世界中に衝撃が走った。シアトル警察の発表によると死因は自殺だった。91年発表のアルバム『ネヴァーマインド』が全世界的に大ヒット、90年代グランジ/オルタナティヴ・ブームの火付け役は、X世代の代弁者に祭り上げられた。が、カート自身は、その立ち位置に違和感を覚え、プレッシャーを感じていることを隠さなかった。だから多くのファンは、深い哀しみの中にあっても、どこかで彼の自死を受け入れていた。しかし、カートの自殺に疑問を持つ人物が現れた。カートの死の数日前、妻コートニー・ラヴに雇われた私立探偵トム・グラントである。元LA保安官であるトムは、当時のコートニーの状況や言動、死体発見現場の様子、シアトル警察の対応に不審を抱き、仮説を立てた。“カートはコートニーによって殺された”と。以来20年にわたり綿密な捜査を実施、その仮説を証明するに至る。捜査資料、関係者への取材、証拠音声、再現ドラマを駆使して他殺説を裏付けていく本作『ソークト・イン・ブリーチ』は、ショッキングなドキュメンタリー・ドラマである。次々と明らかになる新事実、そして事件の真相は……この映画を観た者だけが知ることになるだろう。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ソークト・イン・ブリーチ ~カート・コバーン 死の疑惑~の評価・レビュー

2.9
観た人
366
観たい人
524
  • 2.3

    chuchuyamaさん2021/07/03 11:28

    作品としては再現ドラマに毛が生えた程度なんだけど、実際に録音された会話のテープを聞いたりすると、コートニー・ラブの共謀による他殺説もなかがち否定できない気持ちになる。

  • 3.0

    タニーさん2021/05/30 15:47

    何だか皆んな、誤魔化してる感がある!
    警察の捜査も雑だし。

    自殺でも他殺でも、カートコバーンって孤独な人だったんだなぁって。
    このドキュメンタリー見た限りでは、周りの人誰1人いい人がいなそう。

  • −−

    キックんさん2021/05/23 22:17

    「カートにとってのコートニーだ!」
    私が「好きな女性のタイプは?」と聞かれた時に答える返答である。


    映画としては評価に値しない。
    カートコバーンの死が自殺とされたのに対して、当時の捜査が不十分だったことは分かった。
    が、さしたる証拠もなしにコートニーが殺したと言わんばかり。
    新しい視点はとても良い事だしそこは評価できる。が、何故に今更(2015年だから20年以上)だし、正直ドキュメンタリー映画とも言えもしないし、何だかなー。夜8時頃にやるテレビ番組レベル。

    ジョンレノンやサムクック、マイケルら死が不審で色々言われるのはわかるし、カートも同様だろう。
    ただカートだけは自殺なのである。

    だから見ていて余計に腑に落ちずにもどかしいのであろうか?

    平和主義者のジョンレノンや黒人の公民権運動に参加したサムクックの死が国家陰謀説を言われるのよくわかる。
    好戦国家でレイシズムが文化のような合衆国にとって、反戦平和主義者や公民権活動家は敵である。
    サムクックについては、Netflixの「(リマスター)サムクック」に描かれている。

    さらに、これら真犯人は国家という強いモノだ!と言うのに対してコートニーと言う一個人。
    ここは単なる一個人がやったと言っていてそれを映画にしているくらいなら、もう少しまともな証拠を出してから制作して欲しいものでだなーと思う。
    さしたる証拠もない中、これ映画???って言いたくなるところがある。

    だがコートニーが殺したと言わんばかりに作ってコートニーは何も言ってないのであろうか?
    名誉毀損で訴えたりしてないのであろうか?
    逆に、ここまでやるとヒール役の炎上マーケよろしくにも見えてくる。


    だがこの映画が言わんとしていることが事実であれば、コートニーは紀州のドンファンを殺したと疑われる容疑者の元妻と大して変わらんくなるな。。。

    そうすると、、
    「カートにとってのコートニーだ!」の意味が・・・

    好きなタイプは、、、
    、、、、、
    カートにとってのコートニー!

    の次が、
    ジョンにとってのヨーコ!

    そして
    シドにとってのナンシー!

    だ!!



    って、、、

    男は皆死んでんじゃねーか!!!

  • 3.2

    ricoさん2021/05/13 18:43

    2日前にカートの死についてのFBIファイルが公開されたっていうニュースを見て、
    録画して放置していた(なんと3年間)この映画を思い出した。

    ドキュメンタリー作品で、
    インタビューと再現ドラマと、
    なんと遺体が発見される数日前から大量に密録された音声から構成されている。
    妻のコートニー・ラブの音声も。

    この映画を見てカートの死が自殺なのか他殺なのかの断言はできないけど、
    少なくともコートニーと結婚してしまったカートが不幸だったのは間違いないと思う。

    コートニーが犯人だったと仮定して、
    動機はお金だけだったのかといえば
    それは違うんじゃないかな。

    嫉妬深い妻が自分から離れようとしている愛する夫を殺害する。
    その方がコートニーっぽいじゃん。

  • 2.5

    ニッキーさん2021/04/10 22:07

    他の人も書いてますが、映画ではないな。

    何か時系列も分かりにくいし、見にくい作品でした。

    警察の捜査に疑問点がある。
    マスコミの報道にも問題があった。
    夫婦仲はうまくいってなかったようだ。
    妻はなんか怪しい。

    それは分かったけれど、妻が犯人だという物的証拠が何もない。
    妻は人として問題アリだったかもしれないし、遺産は動機にもなるけど、警察の発表を覆して犯人と決めつけるには弱い。

  • 2.0

    akaneさん2021/03/26 20:45


    結局、カートの死は謎に包まれてるよね
    自殺。自殺願望があった。
    けど周りの親密な友人たちはみんな口を
    揃えてそんな奴じゃなかった。

    27clubの1人とされてるからこそ
    結局自殺なのか他殺なのか。
    真実が分からないまま都市伝説化とする。

    この映画はコートニーが殺したっていう説を強く促してるけどね。

    真実を求め過ぎるより、いっそ都市伝説としてしまった方が良い気がするね
    そんな再現V的な映画。

    言えるのは、ただカートコバーンは
    音楽史に伝説を残した最高男って事

    再現の俳優さんもイケメンだった...

  • 3.0

    リラリオさん2021/02/11 22:46

    カート・コバーン、実は殺されたんじゃね?…カート・コバーンに関わった人々のインタビュー、コートニーとの会話録音テープ、再現映像などでカート・コバーン謎の死の真相に迫るドキュメンタリー映画。

    1994年4月5日、ショットガンで頭をぶち抜いたカート・コバーンの遺体が発見される。

    カート遺体発見数日前…私立探偵トムグラントはコートニーラヴの依頼を受け行方不明のカートの捜索を開始。しかし、なんか怪しくねぇ?探偵の感なのか…トムはコートニーとの会話を全て録音することにする。

    コートニーの言い分と友人や関係者証言
    ・カートは私と離婚したがっている!h oleのメンバー、クリステン パーフと浮気している!→離婚するつもりだった。意見合わず喧嘩は日常茶飯事。コートニーは嫉妬深くカートに近づく者全員に嫉妬(不倫は被害妄想?)

    ・ショットガンを購入している…嫌な予感がする!→強盗に入られたから購入。

    ・カートは自殺志願者だ→コートニーの印象操作。ありえない。静かでシャイだがいつも幸せそうで落ち込む様子はなかった。苦しんでいたのは腹痛、6年間苦しんだが薬で完治。死についての歌詞には深い意味は無い。

    ・カートは高級ホテルが好き→いやいや嫌いだから。
    などなど…食い違う点が…

    カート遺体発見…警察のお粗末捜査。早すぎる自殺公表。証拠汚染。カートが摂取したヘロインがとんでもねぇ量。不自然なショットガンの薬きょう。捏造された遺書。遺言からコートニーの名を外すよう依頼した2日後のシャンパン飲み薬服用ローマ自殺未遂騒動。
    カート&コートニーの弁護士、犯罪ジャーナリスト、専門家、色んな人が出てきて「おかしい、おかしい。絶対おかしい!」これは他殺だべ説をみんなで唱える…

    好きな歌声NO.1、ずっとかわらずカート・コバーン…
    この映画は、コートニーが金欲しさに元彼ベビーシッターと共謀してカート殺したっしょ!って感じの流れですが、結局真相は闇の中で…
    揺るぎない事実はカートが伝説のミュージシャン達「27クラブ」に仲間入りしたって事だけ。正直なところ、死の真相は謎のままでいいんでねぇかと…

    まぁ、ジミヘンにザキにMJ、プリンスなどなど…殺されたんじゃねぇ?って話あるからミュージシャンの急死=他殺説は結構あるあるだな。本当に殺されているかもだが…あとミュージシャン違うが紀州のドン・ファンもか。
    コートニーもとんでもねぇアバズレヤク中女だが…holeわりと好きなんだな~
    とにかくヤクと女と金にはご用心ってことだね(笑)
    カート・コバーン死後。彼が残したものを巡る争いや揉め事が、まぁ酷い…遺産約530億円横領事件。カートの娘フランシスの元旦那が配偶者扶養料要求とカートのギターを巡り盗まれた!返せ、いやいや誕プレで貰ったから返さねぇ!の押し問答裁判。そのギター絡みでコートニーにぶっ殺されそうになったわ騒ぎ…
    オークションではカートのアコギが約6億4000万、カーディガン約3569万で落札され…
    恐ろしやです…もう金金金ですわ。カート、あの世で泣いているぜぇ~

  • 2.0

    たこさん2020/12/07 01:48

    最後にビート武が出てこなかったので違和感があったんですが、これはアンビリーバボーじゃないんですね。マスコミはあることないこと書き立てるし、インタビュー映像がいつのどういう内容のものなのかもわからないし、何が本当で何が嘘かわかりません。そんな世の中です。死人に口なしなので真相はわかりませんが、話半分に聞くくらいがちょうどいいかもしれません。カートの明るい側面が知れたので、僕は満足です。そもそも僕ら日本人は記事を原語で読むことができないのでソースも曖昧ですよね。ちなみに僕は醤油派です。

  • 2.8

    アンバーさん2020/08/28 20:57

    カート・コバーンの死を探偵や警察のインタビューで切り込むドキュメンタリー。
    今では死の真相はわからないからこそ、自分が信じるミュージシャンのカート・コバーンこそが正解なのかと思う。
    彼が最期まで妻や世界をどう見ていたのかもわからない。

  • 2.4

    クロさん2020/08/23 11:34

    音楽をやってる人、やってた人なら一度は聞いた事あるやろうと思うNirvana
    そのバンドのフロントマンのカートコバーンの死の真相を追うドキュメンタリーやけど大体、ロックスターの自殺って陰謀説出るし、都市伝説的な感じで観る映画。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す