お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

劇場霊からの招待状 第六話 廃墟

G 24分

 中学生の三ノ宮忍(中野郁海)と岸本舞(小栗有以)はいとこ同士。舞の両親とBBQに出かけたのだが、帰り道に車がエンストしてしまう。山の中で携帯の電波もなく、電話を借りるために民家を探すことに。しばらく歩いて見つけたのは、何かの施設。古びてはいるが、電気も通っており人の気配もするため、4人は手分けして電話を探すことになる。
 忍と舞は二人で建物の中を歩き回り、薬品庫のような部屋を見つける。探検をしているようで状況を楽しんでいた2人だったが、部屋の中で古びた包帯を発見。忍は「廃墟に置き去りにされた包帯女」の都市伝説を思いだし、舞を怖がらせるために話して聞かせる。忍の話によれば、包帯女は、元は普通の少女だったという。しかし、母親に廃墟に置き去りにされ、誰とも話をせず、鏡に映る自分とだけ、話をし続けていたせいで徐々に顔が歪み、すさまじい形相に。そのため、顔に包帯を巻いて、ひっそりと廃墟で人々を待ち構えているという。怖がる舞に、「半分は作り話だから」と笑う忍。
 一方、いつまで経っても戻ってこない二人を心配した舞の両親は、部屋を一つ一つ見て回ることに。廃棄された机や椅子が並ぶ部屋を覗いていくと、ある部屋の真ん中には布をかぶせられた姿見があり…。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

関連情報
企画:秋元康 
制作年
2015
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2016-04-02 15:00:00
レンタル or 購入 (標準画質) 216円
ご購入手続きへ

ミステリー国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア