お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

リッパー・ストリート シーズン3 第5話

G
  • 字幕
52分

樽職人のテディーが率いる男たちが暴動を起こし、パール通り一帯が破壊される。意識不明のリードが治療を受けている部屋に一同は集まるが、アバーラインはパール通りで殺人事件が起きたことを告げる。遺体は樽に詰め込まれた状態で発見された。遺体の身元を探る為、ドレイクは暴動が起きた地区に行く。破壊された酒場に行くと、被害者は主人のバートルビーだと分かる。テディーは弟のウォルターがバートルビーを殺害したことを責め、裏路地で暴力をふるう。そこにグレイスが現れテディーらは逃げるが、負傷したウォルターを所まで連れて行く。事情を聞くと、ウォルターは暴力をふるった2人のことは知らないとウソをつき、署を後にする。その後ウォルターは、クイーン通りの酒場の主人であるグライムスのもとを訪れ、誘拐した後で殺害する。その後、グライムスは同様に樽の中で発見される。グレイスがウォルターのことを不審に思い、彼のことを調べると、以前兄のテディーに殺人容疑がかかったことが分かる。その時の被害者も酒場の主人だったが、テディーにはアリバイがあり無罪だったという過去が判明する。ジャクソンの解剖の結果、被害者はビールを飲まされ窒息死し、樽職人によって関節が折られて樽に閉じ込められた、ということが分かる。一同はテディーを逮捕し、尋問するが殺人の証拠は得られない上に、テディーは病に冒されていた。被害者に飲まされたビールを調べると、ロンドンのビールではなく、北部のビールであることが判明する、酒場の主人がビールの仕入れ先を北部に変更したことにより、ロンドンのビール工場から反発を受けた結果、殺されたということが分かる。病気で力の弱ったテディーではなく、弟のウォルターが犯行を行った可能性があるが、その後グレイスがウォルターに誘拐される。テディーの協力のもと、ウォルターの居場所を突きとめた一同は現場に急行する。警官と対峙したウォルターは、テディーが以前に酒場の主人を殺したことを責めるが、テディーは意図的に殺害したのではないという旨を伝え、グレイスを解放するように伝える。説得に応じたウォルターらは逮捕されるが、その後テディーは病の為息を引き取る。一方、意識不明であったリードの意識が戻るが、そこにスーザンが現れる。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

原題
Ripper Street Series 3 Episode 5
関連情報
制作:ルーシー・ダイク
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2016-04-22 00:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

サスペンス海外ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア