お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

リッパー・ストリート シーズン3 第6話

G
  • 字幕
51分

レティ・ベラ・モンテキューがアイダ・ウォッツを殺害した容疑で逮捕される。遺体と共に見つかったが、彼女は薬を飲まされて記憶がないと言う。復帰したリードは、ドレイクとジャクソンを集め操作を開始する。しかし夜になるとベラの夫のモンテキュート卿が現れ、自分の妻を開放するためリードに圧力をかける。ジャクソンンはアイダの体から微量の麻薬が検出されたことを報告し、事件の関連性について調べ始める。麻薬にはコカインとモルヒネが異常な割合で合成されており、こん睡強盗犯の犯行を示唆する。また、アイダはベラの姿そっくりにされていることも発見する。一方リードは、昏睡強盗を得意とし、ホワイトチャペルに来る貴族相手に麻薬売買をしているトーマス・デントンを逮捕する。彼を取り調べると、アイダは彼の従弟でモンテキュート夫妻に麻薬をもって行って昏睡強盗をするつもりだったが、最終的に殺されたことを告白する。デントンは現場におらず、夫妻のどちらに殺されたかは知らないという。ドレイクがモンテキュート卿を取り調べると、ベラが間を呼び出し、麻薬を吸って3人で性交したことを告げる。しかし彼は、その後の記憶が麻薬によって曖昧だと告白する。一方でベラは自分がアイダを殺したことを認めるが、ジャクソンが犯行に使われたナイフの指紋を調べると、モンテキュート卿のものだと分かる。彼はアイダとベラに性交の途中でバカにされたこと、麻薬の効果でアイダを刺し殺したのだったが、ベラは自ら死刑を受け入れる。リードはベラに証言を撤回するように言うが、ベラはそれを断る。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

原題
Ripper Street Series 3 Episode 6
関連情報
制作:ルーシー・ダイク
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2016-04-22 00:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

サスペンス海外ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア