お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

白鯨との闘い

G
  • 吹替
  • 字幕

名著『白鯨』の、隠され続けてきた衝撃の実話。伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に、男たちが下した”究極の決断”とはー

1819年、一等航海士オーウェンは、21人の仲間たちと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を目指した。妻とまだ見ぬ子に「必ず帰る」と誓って。しかし、彼らを待ち受けていたのは巨大な白鯨。死闘の末、船を大破された彼らにさらなる試練が待ち受ける・・・。

詳細情報

原題
In the Heart of the Sea
作品公開日
2016-01-16
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-01-16
制作年
2015
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

白鯨との闘いの評価・レビュー

3.5
観た人
13411
観たい人
6974
  • 4.2

    えなさん2020/10/24 21:19

    気にはなってたけど邦題から冒険ものかなと思って保留してた。面白いと聞いて早速鑑賞。船乗りめちゃくちゃかっこいい!
    キリアンマーフィー、ベンウィショー、トムホランドも。ちょっと前の映画だからキャストが豪華、航海の迫力すげー!!これで一攫千金じゃー!!と思ったら……。小説の白鯨は図書館で借りたけど5ページくらいしか読まなかったのでよくしらなかった。トムホランドかわいい、おじいちゃんになってもかわいい。

  • 3.4

    けんざさん2020/10/17 00:11

    決して、白鯨との"闘い"という勇ましい話ではない。その実態は、海の怪物に慄き、畏怖し、絶望する話だ。シーシェパードが可愛く思えるレベルの捕鯨妨害。サメ映画に登場するサメとは違って、到底勝てる相手ではないということを思い知らされる。鯨にとっては人間などちっぽけな存在に過ぎないのだ。

    というわけで、肝心の白鯨はほとんど出てこない。メインは船乗りたちの熾烈なサバイバルだ。食糧も水も尽きて行く中、船乗りたちは生きる希望を失って行く。しかし生き残るためには禁忌に手を出さなければならない。そう、例のアレだ。

    クリヘムとトム・ホランドのMCU俳優共演ということで話題にのぼった本作だが、それを除いても一見の価値がある。というのも、捕鯨問題について改めて考える契機になると思うからだ。絶滅危惧種だから殺してはダメ、高度な知的生命体だから殺してはダメ。だからといって伝統ある食文化を壊していいのか、そもそも人間が食物連鎖をコントロールしようとすることがチェイスの言う「傲慢」なのではないか。明確な答えがないからこそ、慎重に考えなければならない。

  • −−

    なべはるさん2020/10/16 08:55

    海の大きな生き物は、見ていていつもドキドキする。それがしっかり映像に表されてて、のめり込んでた。

    実話を基にした部分もある話だろうし、苦しいシーンはたくさんあったけど、こういう映画が残されていくことは素晴らしいと思った。

    クリヘムとトムホのシーンは胸熱…

  • 3.8

    poteoさん2020/10/16 04:08

    良いけどダメな部分も……。

    老人が少年だった時の捕鯨漁の遭難を作家に話すのだが……この少年が居ない時のシーンが多く一等航海士の目線と少年の目線が混じってしまって整理が付いていない。
    一等航海士の目線だけで少年目線の回顧録としての構成は必要無かったと思う。

    前半は海洋アドベンチャーで後半は漂流サバイバルで肝心の白鯨はゲスト出演レベル。
    ただしサバイバルモノとしては迫力と悲壮感が有り「良栄丸遭難事故」の航海日誌を思い出した。

  • 3.9

    MiAさん2020/10/13 01:04

    見終わったあと…見てよかった…と思える作品。実話なのもあるだろうし、メグザ・モンスターのジェイソン・ステイサム兄さんみたいにゃいくわけがなく。
    油を鯨からとっていた時代…改めて自分が生きてる時代を考えさせられた。だって、今は油は溢れんばかりにそりゃある訳ではないけれど、買いに行こうとすればあるわけで…何を動かすにも油が必要なんだなって…料理するにも必要だし…ロウソクのろうだって油が…。いかに、命懸けで、時間をかけて…鯨と戦い、愛する人を守るために国のために必要だったのか…これは生きることを命懸けで守った人達の話だと。
    鯨との対決はとっても見る価値があるほど迫力があったし、ものすごく怖かった。もういいよ…鯨もういいよ…またかよ…って言う…怖くなってトドメがさせないところも…普通の映画ならそこでトドメを迷いながらも刺せるんだろうけど、あそこでどうしても刺せない演技ができたクリヘムがめちゃくちゃ凄い…俳優陣たちの演技があってこそだと思った。
    見たいなあ…と思いながらなかなか見れていなかったけれど、見てよかった。

  • 3.5

    cocoさん2020/10/13 00:11


    3回目にしてようやく最後まで視聴できた
    途中までは個人的にはあんまりだった

    白鯨すごいね
    海って怖いね
    自然の力には人間なんぞ太刀打ちできません

    これ、実話なの???

    85

  • 3.4

    サクちゃンさん2020/10/11 11:39

    白鯨との闘い と言うよりは、鯨によって船を破壊され、残り少ない食料で絶望のなか生きようとする人間たちを描いたサバイバル映画って感じだった


    時々すごいチープなCGが出てきたのがあれだったけど、白鯨が出てきた時の迫力と映像は綺麗だった
    あんなでかい鯨相手に戦えるわけがない、、でかすぎる、、

    1番衝撃だったのは捕鯨に行くのは何年もかかるっていうこと
    2~3年は家に帰ってこず、最悪二度と帰って来ないかもしれないっていう恐怖
    家族の絆はつよい

  • 3.5

    19さん2020/10/11 00:39

    とあるドラマシリーズロスから映画見る気にもなれなかったのが、中盤からぐいぐい引き込まれる良作...
    クリヘムとトムホの共演作品!との不純な理由で見始めたんだけど、ただ鯨に襲われるパニック映画かなと思いきや鯨そのものが脅威というより鯨が襲ってくるたびに感じるまたか...っていう絶望感とか、いつ襲ってくるかわからない恐怖感とか、先が見えない恐怖とかそういうジワジワした怖さが...
    鯨のシーンもリアルで、憔悴しきった船員の演技は俳優陣流石だなという感想

  • 3.9

    ゆにゃさん2020/10/10 15:35

    記録
    モンスタ-パニック系と思い込み視聴(実際違う)
    気付けば当時の世界にグイグイ引き込まれ,121分の長さも余り感じないほど,臨場感が凄まじい

    白鯨自体の描写は少ないが,それが強烈なインパクトとして残る
    自然や未知の事象にワクワクと恐怖を感じる人にオススメ

  • 3.5

    マイケルさん2020/10/10 11:48

    2020年63作目
    鯨油を取るために航海に出たエセックス号が巨大な白鯨に襲われるお話。
    白鯨に出会うまでは、とても面白かった。
    もう少し白鯨との戦いを予想して期待しましたが、後半は漂流して、どう生き残るか、、、と言う内容で残念でした。
    やはり生き残るにはあの方法が最終手段なんやな。
    ホゲー😱

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す