お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

キミに逢えたら!

G
  • 字幕

音楽を通じて出遭った2人の一夜のラブストーリー。全米初登場3位!『ジュノ』のマイケル・セラ主演!

元カノのトリスのことが忘れられないニックは、彼女に自分が作った音楽CDを送り続けた。しかし、CDは毎回ゴミ箱行き。そのCDをゴミ箱から拾い続けたノラは、いつしか見ず知らずの男性が作ったその音楽に心を奪われていく。ある夜ニックのバンドがライブに出演することに。そこでニックとノラは出逢うのだが…。

詳細情報

原題
NICK AND NORAS INFINITE PLAYLIST
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2008
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2016-05-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

キミに逢えたら!の評価・レビュー

3.4
観た人
1983
観たい人
1581
  • 3.8

    そさん2021/12/15 01:27

    めっちゃ良い意味で、00年代の形容し難いファッションと音楽が最高でした!!

    好きなことを仕事にすると純粋に楽しめなくなる。がすごい響きました、、

    邦題もっと良いの付けてくれ〜!!

  • 3.8

    Rさん2021/12/13 02:53

    そういえば大学の同期にも未練タラタラバンドマンで別れた元カノに自作のCDを送りつけてる奴おったわ。受け取り主である女の子は仲の良い友達で「今更なんか送ってくんのキモい」って言ってて爆笑した。もしかすると、その子も今作のように届いたCDをゴミ箱に捨てて、それを拾った別の女の子が同期の男に恋して廣木隆一の『東京ゴミ女』が裏で密かに始まっていたのかもしれない……。そんな話はどうでもよくてやな。今作はインキャを勇気付ける映画です。大変勇気付けられました。ありがとうございまふ。ただ、ライバル的存在の女の子を見返す為に彼氏を演じてくれと頼まれる陰キャ主人公すごく羨ましかったし、テレビ画面に向かってノラ役のカット・デニングスに「僕と付き合ってください」と 30回くらい唱えてた俺の実生活は今後も変わらず退屈で、今作とはかけ離れた冴えない日常が待ってると思うと絶望しそうになったりもしたが。冒頭でニックが元カノに携帯の音声メッセージで自分の気持ちを1人語りするシーンは観客に状況を伝えるには説明描写になり過ぎず、とにかくピュアな感じが伝わってとても良かった。その手があったかと思ったり。しかも言い終えた後にメッセージを自分で削除してしまうのも最高。『ディスタービア』同様アーロン・ヨーにおちゃらけた友人役を演じさせたら右に出る者はいないと確信した。車種がタクシーと一緒もしくは黄色いからかタクシーと間違えられ、乗ってきたイチャコラカップルを目的地まで送り、ちゃっかり乗車料金取るのも最高に面白い。しかも乗客のカップルが降りる際に「人に優しくね」というニックの一言も彼の人間性がよく伝わる。元カノを吹っ切ったというのを台詞では言わず、トリスが車の窓に付けたキスマークをワイパーで消して見せるも見事!思わず「お見事!」と言ってしまった。とにかく好きなシーンが盛り沢山の映画だった!ただ、出会ったばかりの見ず知らずの男たちに友人を預けちゃって大丈夫かよとはちょっと思ったが。終わり良ければ全て良しでは無いが、見逃す。ラストカットは2人がエスカレーターでキスしながらそのまま流れてってフレームアウトして終わるでも良かったというのは個人的な意見。

  • −−

    seckeyさん2021/12/03 02:44

    好きかもって淡く思う人との健全な朝までコースがその人との最高潮だよね(映画のふたりはしてたけど)。
    .
    けど、もしかしてエイミーワインハウスを “酔っ払いの友達” って日本語訳した??そこはちょっと許せない。

  • −−

    さしすせさん2021/11/19 21:02

    高校生版の「はじまりのうた(2013)」のような感じ。

    ガムを味わい続けるキャロラインとノラをみて「チャーリーとチョコレート工場(2005)」のバイオレットを連想した。
    「ロスト・ボディ(2012)」然り、便器から拾い上げたものを食べる描写は本当に勘弁してほしい。

    フロントガラスのキスマークをワイパーで拭い去るシーンが気に入った。

  • 3.5

    mumbleboyさん2021/11/10 11:10

    これは非常に好きな感じの映画で良いと思える要素満載なのですが、なんだか惜しいという感じの作品でした。

    マイケル・セラがバンドをやっててボーイミーツガールという設定でもう「スコット・ピルグリム」じゃんって感じでそれプラスNYの普通の映画には出てこないかなりニッチなロケーション満載ときたらもう大好物って感じです。ヒロインのカット・デニングスもめっちゃ可愛いですし、オフビートなラブコメ傑作になりうると思ったのですが何だかメインのラブストーリーがイマイチ盛り上がらないというか、何なんでしょうね。2人の元カノ元カレが「スコット・ピルグリム」みたいに決闘を申し込むとか強烈な展開があった方が良かったんですかね。外部の展開もそうだけど2人の間の展開も普通な感じで全体的に賑やかな作品の割には主軸な部分が地味な感じがしてしまいました。あとは伝説のインディーバンド「Where's Fluffy?」のライブに行くという別軸があったのですが最後がアレっていう展開なのが謎でした。そこはちゃんと予想通りの展開でも良かったんじゃないと思いました。演者もロケーションも音楽も素敵だったけどトータルではポテンシャル発揮できてないと思った作品でした。

  • 3.4

    つるみんさん2021/11/01 16:07

    【Didn’t miss it】

    NYのある一夜を描いた青春ラブストーリー。

    マイケル・セラは相変わらずのモブキャラ。様になってる。そしてヒロインはMCUにも登場したダーシーを演じた女優カット・デニングスであった。

    オール。朝になりかけの、あのまだ薄暗い感じの雰囲気の中で多福感の中、次の日を迎える彼は人生で最も素晴らしい夜だったんだろうなーと。
    俺なんてオールしようもんなら、あの朝になりかけの薄暗い時間帯なんて一番酒で気持ち悪い時だわ。

    喘ぎ声のレコーディングは笑う。

    あとフロントガラスに付けられたキスマークをワイパーで消すシーンが印象的だった。

    『キス禁止リスト』や『恋は負けない』等が好きな方なら是非!それに一応、音楽が関係してくる青春ムービーなので『はじまりのうた』がお好きな方にも、まあ良いんじゃない?って感じでオススメしとく。

  • 3.5

    カンパッチーさん2021/10/17 00:53

    こういう冴えない役をやらせたら、マイケル・セラの右に出る人はいないなぁと改めて思う作品。

    かなり夜の街が好きな映像だし、選曲も凄くいいし、なによりカット・デニングスがすごくキュート!filmarksのキャストだとクレジット掲載されていないですが、さりげなくホームレス男役でほんの一瞬だけですが、アンディ・サムバーグもいたりと嬉しいサプライズでした。

    タイトルほどロマンティックではなく下ネタも満載ですが、汚さのない下ネタだし、マイケル・セラのゲイの友人3人もすごくいいキャラ。ただ口から出したガムはさっさと捨てろ!と嫌悪感が出ちゃいました。ゲロにまみれたガムをトイレから拾ってでも噛んでるカット・デニングスの友人にだけは無理!いいキャラなんですけどねぇ…

  • 4.8

    anatomicaさん2021/09/30 19:54

    一夜の恋と言うのかここから始まる恋と言うのかなかなか表現が難しいです。
    夜から朝になるまでバンドを探し、お互いの気持ちに正直になります。
    見ていて気持ちのいい映画です。

  • 3.5

    うさどんさん2021/09/25 13:22

    ミュージシャンを志す男子には、きっと夢と希望に溢れた一本。
    ラブロマンスであり、ファンタジーでもあり、だけど一夜の切ない物語であり…。
    テンポも良く、最後まで緩まず楽しめた

  • 3.6

    paddさん2021/06/11 22:38

    郊外から大好きなバンドのLIVEを見るために、みんなで車に乗り込んでNYへ。そこでの一夜を描いた青春ラブストーリー。
    こういうの抗い難くキュンキュンくるね。大した話でもないんだけどね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました