お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ディーン、君がいた瞬間

G
  • 字幕

華々しい成功と突然の死の直前、いったい彼に何があったのか?今明かされる、ジェームズ・ディーンと写真家との2週間の旅。

1955年、アメリカ。マグナム・フォトに所属する、野心溢れる若手写真家デニス・ストックはもっと世界を驚嘆させる写真を撮らなければと焦っていた。無名の新人俳優ジェームズ・ディーンとパーティーで出会ったストックは、彼がスターになることを確信し、LIFE誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追いかけ、LA、NY、そして彼の故郷のインディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかった二人だが、次第に互いの才能に刺激されていく。そして、彼らの運命だけでなく時代まで変える写真が、思わぬ形で誕生するのだが…。

詳細情報

原題
Life
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
カナダ/ドイツ/オーストラリア
対応端末
公開開始日
2016-06-01 20:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ディーン、君がいた瞬間の評価・レビュー

3.4
観た人
3876
観たい人
6282
  • 3.3

    niwatorinさん2021/05/14 00:28

    デハーンさんよりロバートの方がジェームスディーンの趣きありますね。もう少し若かったらと残念。デハーンさんはあと5キロ痩せるべきだったかも。丸顔の陽気なディーンでした。

  • 4.0

    Yutaさん2021/05/13 17:29

    アメイジング・スパイダーマン2」「クロニクル」などで注目される俳優デイン・デハーンが死の直前のジェームズ・ディーンを演じ、LIFE誌の天才写真家デニス・ストックとの2週間にわたる旅と友情を描いたドラマ。1955年、マグナム・フォトに所属する気鋭の写真家ストックは、世界を驚かせる写真を撮りたいと熱望していた。そんな折、パーティで出会った無名の新人俳優ディーンにスター性を見出したストックは、LIFE誌に掲載するため密着取材を開始。ディーンを追ってロサンゼルスやニューヨーク、故郷のインディアナまで旅を続けるうち、互いの才能に感化されるようになっていく。ストック役に「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン。ロック写真家としても知られる「コントロール」のアントン・コービン監督がメガホンをとり、ディーンが一番輝いていた瞬間を写真家ストックの視点からリアルに描き出す。

  • 3.1

    気ままなシェリーさん2021/05/12 22:16

    ディーン演じるデハーン、ディカプリオき似てる?!と思ってググったらやっぱりそうなのですね。この映画のために増量したらしく。。
    話し方も相まって麗しく、この人に惹かれるの分かる。って思った。
    俳優とカメラマンの関係って今だとついゴシップとか思い浮かんじゃうけど、対等な関係性がいい。
    けどカシャってシャッター音が鳴るとリセットされちゃってるのが悲しいのは、彼がいないからだよね。。
    歳をとったジェームスディーン見たかった!!!

  • 3.6

    kazmiさん2021/05/11 20:09

    実話なんだ
    全体的にDaneが舌っ足らずな喋り方貫き通してるのがすごい!
    セドリックとハリーオズボーン!!!普通に2人とも絵になる。。。

  • 3.8

    manaさん2021/05/09 22:37

    ジェイムスディーンの他作品未観
    ガツガツして無い気怠い感じ
    故郷をとても大切にしていた
    甥っ子とのセリフごっこ
    若くて接し方分からなかった
    デニス/Rパティンソンが息子に
    カメラ📷教えてるトコ👍
    一緒に行けて良かった

  • 3.0

    よおさん2021/05/09 09:00

    いつも気だるけなジェームズが電車の中で過去を話す所とても良かった。
    雰囲気が変わるんだよね。
    故郷が大事なんだね。

  • 4.0

    ゆかちさん2021/05/09 08:56

    時の人、ジェームズ・ディーン。

    まさにこれから。そんなさなかに事故死したジェームズ・ディーン。生きていたら、もっとたくさんの名作を残していただろうな。

    まだ無名だった彼に着目した写真家のデニス・ストック。絶対に彼は大物になる。嫌がる彼を説得し、密着しながら写真を撮っていく。
    最後に本物の写真が何枚もうつるんだけど、劇中に撮る光景が流れてたから答え合わせのような写真の数々に胸が締め付けられた。彼が亡くなっているから、きっと強くそう思うんだと思います。

    一瞬を切り取る写真って大事だと感じさせられた。もちろん記憶に残す思い出は1番大事。でも記録として残す思い出も、そのときにしかない瞬間を形にして取っておくこと、凄く意味がある気がしました。


    「エデンの東」NYプレミアの最中、これから「理由なき反抗」クランクイン。
    わずか7ヶ月後の事故死。24歳。言葉がありません…

  • 3.6

    むさん2021/05/09 00:50

    お互いに情はあるけど微妙にかち合わない2人の心が、少し近くなった瞬間にシャッター音でまたふっと離れてしまうようで寂しさがあった。
    未来を知ってるだけに淡々とした時間にもどこか儚さが漂っていたように感じた。

  • −−

    りぃさん2021/05/08 01:01

    演技と家族と田舎を大切にした男と仕事と自分と葛藤し続けた男の出逢いっすね

    デインデハーンのジェームズディーンにとにかく似せる!というよりも役を演じている演技がとても好きだった

    トワイライトのあの色気さらけ出し!の男が...この役もできてしまうんだなと....

  • 3.5

    ぐるさん2021/05/07 22:59

    てっきりデハーン様が主役かと思ったらパティンソン氏の方が焦点当てられてる映画でした。ルックス的にデハーン様がジェームズ・ディーンはきつくないか…?と思ったけど、あのナイーヴで脆い感じはさすがハマり役ですね。Too noble for the worldというかtoo tenderな感じ。
    …やっぱり切ないなあ…歳をとったジェームズ・ディーンの演技が見たかったなあ…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す