お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ディーン、君がいた瞬間

G
  • 字幕

華々しい成功と突然の死の直前、いったい彼に何があったのか?今明かされる、ジェームズ・ディーンと写真家との2週間の旅。

1955年、アメリカ。マグナム・フォトに所属する、野心溢れる若手写真家デニス・ストックはもっと世界を驚嘆させる写真を撮らなければと焦っていた。無名の新人俳優ジェームズ・ディーンとパーティーで出会ったストックは、彼がスターになることを確信し、LIFE誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追いかけ、LA、NY、そして彼の故郷のインディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかった二人だが、次第に互いの才能に刺激されていく。そして、彼らの運命だけでなく時代まで変える写真が、思わぬ形で誕生するのだが…。

詳細情報

原題
Life
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
カナダ/ドイツ/オーストラリア
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-06-01 20:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ディーン、君がいた瞬間の評価・レビュー

3.4
観た人
3169
観たい人
5485
  • −−

    MasayaOuchiさん2020/06/27 11:00

    こちらも[ラスト・ターゲット]と同時期にアントンコービンと知らずに観た。
    題材が良かったし役者も良かった。

  • 3.2

    pomaikai7さん2020/06/22 15:30

    デイン・デハーン、いいね。

    ジェームズ・ディーンが、こんな感じだったのかぁ。もっと、映画に出てほしかった。

  • 3.5

    千さん2020/06/17 17:27

    若き俳優と写真家の物語。ジェームズディーンの名前しか知らなかったので初めは微妙でしたが、調べてから見ると人物像が見えて来て良かった。最初は仕事で伸び悩むデニスを達観したジミーが導くように見えてたのが、実はお互い苦悩していてそんな2人だからこそ自分の殻を破る刺激を求め通じ合ってたのかと知るとぐっときた。いい関係、、エンドロールに出てくる写真の再現度が高くてこだわりを感じました。
    誰がどう言おうと何が大切かは自分にしかわからない今を生きなきゃだめだ、俳優として演技に誇りを持ちこびを売らないジミーの生き様が強くてスターの風格がにじみ出ていた。

    線が細く美しいデインデハーンの、余裕あるどっしり構えた新たな役柄が新鮮でした。ジェームズディーン作品も見たい。

  • −−

    まさん2020/06/16 17:16

    寝起きみたいな喋り方で赤いメガネ、あとジャンベが好きなジェームズディーン像が出来上がってしまった。
    正直、2時間かけてもエンドロールの写真数枚の説得力に勝ててない。

  • 3.8

    ゆうかさん2020/06/07 01:06

    ガガの曲で聞いたくらいしか知らないジェームズディーン。ちゃんと映画見てみたいな
    売れる前に注目して写真撮ってLIFEに載せるってデニスも才能あるけど、時折見せるクズっぷり
    ロバートパティンソン目当てで見たけど、そのクズっぷりがちゃんとクズだった。
    けどダンスパーティーのシーンではやっぱりかっこ良すぎた
    エンドロールで流れた本物のディーンの写真ちゃんと見てみたい
    劇中で流れるコントラバス良

  • −−

    牛乳さん2020/05/30 18:37

    ジェームズディーンをなめてんのかってぐらい比べ物にならない人。なんか、みる気なくしてしまった。。。。この役するのは難しいのは分かるけどね。
    この映画は、途中でやめた。

  • 4.0

    imurin4さん2020/05/29 22:25

    写真は記録的な意味合いは強いけど、消費する側面もあるんだと改めて認識。デニスはディーンを、残そうとしたのか、それとも自分の中で消費しようとしたのか。。。デインデハーンよかったな。

  • 3.5

    Utenaさん2020/05/27 15:51

    ジェームスディーンが24歳の若さで亡くなる事を知っているので、駆け出しの写真家デニスにもっと彼の側で写真を!と思ってしまうのですが、デニスにも生活があり野心もある。
    でもこの時にデニスが写真を撮っていなければ日常のジェームスディーンを見る事は出来なかったと思うと二人が出会い短い期間を共にした必然に感謝です。

  • −−

    胡桃さん2020/05/21 12:36

    この映画でジェームズ・ディーンを知ってどんな人かも分からないけど素敵な作品だった。
    デインだからできた役だと思うし、ふたりの関係性も良かったけど、LAに誘われた時にデニスが断ったのはなんだか寂しかった。

  • 3.0

    Seiraさん2020/05/18 21:35

    Jimmyの力の抜けたふわふわした話し方とか、手を小さく動かしながらその手を見ながら話す仕草とか、おおおおーってなった!
    あと社長の表情いいなあ〜

    We must get home--for we have been away
    So long, it seems forever and a day!
    And O so very homesick we have grown,
    The laughter of the world is like a moan
    In our tired hearing, and its song as vain,--
    We must get home--we must get home again!
    って気分になったことないのは、必ずしも生まれたところが故郷ってわけではないってことかな。わたしのhomeはどこだろう


    people tell you what’s important for you but only you can know that.
    you gotta live life now like as no time to waste.
    appreciate everything.

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す