お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

おかあさんの木

G

すべての子供を戦争に奪われたおかあさんの愛が、おかあさんを想うこどもたちの愛が、観客の頬を熱く濡らす…

今から100年ほど前…長野県の小さな田舎村。若く美しいミツは、かねてから想いを寄せていた謙次郎とめでたく祝言を挙げた。ミツは一郎、二郎、三郎、四郎、五郎…と次々に元気な男の子を生み、決して裕福とはいえない暮らしぶりではあったが幸福だった。六人目の男の子・誠だけは、子宝に恵まれなかった姉夫婦に懇願され密かに里子に出したものの、さらに末っ子の六郎まで生まれ、家の中はいつも賑やか。優しい夫とヤンチャな息子たちに囲まれて、ミツはいつも笑顔で忙しい毎日を過ごしていた。しかしその笑顔が消える出来事が起きてしまう。謙次郎が心臓発作で、急逝したのだ。愛する人の突然の死に、呆然とするミツを支えたのは、6人の息子たちだった。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-06-10 17:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

戦争邦画ランキング

おかあさんの木の評価・レビュー

3.3
観た人
481
観たい人
617
  • 2.0

    みーさん2020/04/03 23:43

    映像や音楽や爆発の効果作り物っぽくて微妙過ぎてストーリーにのめり込めなかった。俳優と脚本頼み感が否めない。

  • 3.0

    conoさん2020/03/25 00:35

    泣ける度  ★★★☆☆
    笑える度  ☆☆☆☆☆
    スッキリ度 ☆☆☆☆☆
    ずっしり度 ★★★★☆
    また見たい度★☆☆☆☆

    戦争による不甲斐なさ、悔しさ、悲しさ、苦しさを母親の目から通して見た感じ。
    親として感情移入すると涙が止まらない。

    でも映画化成功だったのかな…とちょっと疑問視してしまう…
    原作で読んだらもっとメッセージ性が伝わった気がする。

    時間の制約のせいなのか、カメラのアングルのせいなのか…鈴木京香さんの演技好きですが、この映画ではなんだかしっくりこなかったので残念…

    またいつか違う形で映画化されると良いなと思った

  • −−

    SHOWSKABSAXさん2020/03/22 11:02

    良い話のハズなのに
    当時を知らない脚本の
    薄っぺらさで、入れず。。。
    甲種合格なら通常入営。
    なので臨時招集令状で
    いきなり一等兵で軍服で
    出征とか無い。

  • −−

    RENKImama8さん2020/03/04 13:27

    息子がいる私が見るのには辛すぎた映画。7人もの子供を国に差し出して。こんなの耐えれない。それが戦争。絶対してはいけない。

  • 2.7

    yumiさん2020/01/12 01:39

    最初と最後に出てくる職員2人のぽけーっとした感じにイラッとしたけど、もしかしたら戦争を経験したことない私も彼らと同じなのかもしれない。

    ミツが結婚後、鈴木京香さんに変わるのはなんとなく似ていて大丈夫だったけど、サユリが志田未来さんから奈良岡朋子さんになるのは違和感がありすぎた。
    やっぱり奈良岡朋子の声はいいなぁ〜。

  • −−

    noaさん2019/12/07 22:21

    戦争物は見れやんのになぜかこれ見てすごーーーく最後の悲しみを覚えてる。ちゃんと覚えてないけどいつか子供できたらちゃんと教えてあげんとあかんことたち。

  • 3.5

    苺さん2019/09/03 20:27

    児童文学書の映画化だそうですが、ひたすら辛くて見終わったあとの苦しさ…
    戦争の話だけど、息子たちの出征で帰りを待つ母がメインでした。
    こういう時代だから仕方ないのかもだけど、おめでとうございますと兵隊に行かされ次々と死亡の知らせ…
    こんなのショックすぎて頭おかしくなりそう。
    淡々とした話だけど鈴木京香の演技が素敵でした。
    子供を見送りひたすら待つ親の気持ちを考えると胸が張り裂けそう(;o;)

  • 3.9

    ヒジィアレンさん2019/08/16 01:04

    おかあさんの木

    7人の子どもたちを戦争へ送り出した母

    悲しい
    戦争の招いた悲劇
    家族を引き裂く

    送り出す母の悲しみ
    止めれば非国民と言われる時代
    どんなに悔しい思いをしていたか計り知れないです

    そして赤紙を持ってくる役所の役人の仕事もつらい
    子どもたちを戦争へ送り出す赤紙を運び、また戦死を伝えるのも仕事

    人々の生活にも訪れる悲しみ
    国家のために、天皇陛下のために、と軍部に利用された国民の気持ちと命
    戦争をしてはならない理由である、、、

    主演は鈴木京香

  • 4.0

    TadashiSakabeさん2019/08/15 12:40

    自分の子供がすべて戦地に取られる母親の気持ちを思うと…
    愛国の母と言われるより、非国民と言われようが生きて帰ってほしい!
    おかあさんの木は絶対に切ってはならない!

    戦争は絶対にダメだ!

  • 3.5

    しんじさん2019/07/15 23:50

    一回鑑賞済みか、、??
    ベタな内容なので大体の内容は想像通りだった。

    でも見てて苦しくなるよね。
    子供が帰って来ないのは辛すぎる。

    あと、急に銃撃シーンが来るのは心臓に悪い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る