お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

射鵰英雄伝<新版>

G

伝説は新たな物語を紡ぎ出す――。武侠小説の大家・金庸の代表作、ドラマ決定版が遂に日本上陸!

金の侵攻によって北宋が滅び、臨安を都とする南宋が興ってから既に半世紀以上の時が流れた。無策な朝廷が仮の都で歌舞音曲に明け暮れる一方で、義士たちが民のために立ち上がり、金の兵士や腐敗した役人たちを相手に戦っていた。ある時、そうした義侠の士のひとりである全真教の道士・丘処機(きゅう・しょき)は、都にほど近い牛家村へとさしかかった。その手には、討ち取ったばかりの奸賊・王道乾(おう・どうけん)の首級がある。彼は声をかけてきた2人の男と争いになるが、大事に至る前に誤解は解け、すっかり意気投合。男たちは義兄弟で、郭嘯天(かく・しょうてん)と楊鉄心(よう・てっしん)と名乗った。だが、この出会いが惨劇の呼び水となってしまう。丘処機が去って間も無く、牛家村に兵を従えた武官・段天徳(だん・てんとく)が。郭嘯天と楊鉄心は謀反を企んだ逆賊との汚名を着せられ、2人は命を奪われてしまう。身重であった郭嘯天の妻・李萍(り・へい)が段天徳に連れ去られてしまったばかりか、同じく子を宿している楊鉄心の妻・包惜弱(ほう・せきじゃく)は行方すら知れない。事情を知った丘処機は、自分と知り合ったせいで彼らが不幸に見舞われたのだと悔し涙にむせぶのだった。やがて、段天徳を追い求める丘処機は、その居所を知る僧・焦木(しょうぼく)大師を探し当てた。場所は酒楼・酔仙楼。ただならぬ怒気を発する丘処機の前に、焦木大師をかばう7人の侠客たち―“江南七怪”が立ちはだかり…。

お得なパック(5)

    詳細情報

    中国歴史劇台湾ドラマランキング

    評価・レビュー

    まだ投稿されたレビューはありません。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      キーワードで探す

      ランキングで探す

      • ツイート
      • シェア
      Official Partner of NBA