お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

射鵰英雄伝<新版> 第30話

G 45分

「師匠のためなら何でもします」。黄蓉(こう・よう)がこう答えると、洪七公(こう・しちこう)は胸に手を置き、虚空に向かって告げた――「わが命の終わりを悟った今、幇主の座を弟子に譲ります」。第19代 丐幇幇主となった黄蓉に、早速”打狗棒法”を伝授する洪七公。それは数百年の長きにわたり、歴代幇主に伝えられてきた奥義だった。黄蓉に稽古をつけた洪七公は、まるで最後の力を出し尽くしたかのように衰弱してしまう。柄にもなく気弱な言葉を口にする黄蓉を叱咤した洪七公は、丐幇の長老として2つのことを彼女に命じるのだった。ひとつは、洞庭湖畔で行われる丐幇の集まりで、打狗棒を受け継いだと宣言すること。もうひとつは…。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

中国歴史劇台湾ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア