お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~

G
  • 字幕

スペイン内戦終結後の独裁政権下。ある姉妹の姿を通して、女性刑務所の内情と封印された<沈黙の叫び>を描く衝撃作!

スペイン内戦終結2年目。マドリードの刑務所では、共和国派活動家の恋人や妻、母たちが次々に収監され、おざなりな裁判で死刑が執行されていた。妊娠中に収監された姉オルテンシアを助けるため、南部のコルドバから出て来たペピータは、水面下で共和国派を助ける元医師の家で働きながら、姉に差し入れし、子供のために謝罪するよう説得を続ける。姉からは山岳地帯でゲリラ戦を展開する義兄への連絡係を頼まれ、義兄の同志パウリーノと出会う。惹かれ合っても会えない状況の中、次第にペピータの身にも危険が迫る。一方、刑務所内で出産したオルテンシアは、当局の手から子供を守るため、ひとりの女性看守に、ある願いを託すのだが…。「始めるべきではなかった内戦」の後も、喪失感と痛みの中で、立場を越えて闘い続け、一縷の希望をつないだ女性たちの物語。

詳細情報

原題
La Voz Dormida
関連情報
原作:ドゥルセ・チャコン
音声言語
スペイン語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
スペイン
対応端末
公開開始日
2016-08-09 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~の評価・レビュー

3.7
観た人
236
観たい人
343
  • 5.0

    いち麦さん2021/11/02 19:10

    Action Inc.ラテン映画特集。スペイン内戦後の恐ろしい共和国派支持者粛清。悲惨な光景の連続だが最後まで勢い衰えぬ。光る姉オルテンシアの美貌、妹ペピータのハスキー声と何処か垢抜けない喋り方と負けん気の強い性格も作品の魅力。

  • 3.7

    ロビンさん2021/07/22 01:16

    けっこうヘヴィだけれど、かなり観ごたえのある作品。
    内戦で破れた共産主義側に関連した、女性達が収監されて、死刑になっていく。
    途中、妹のペピータが拷問にあうシーンはさすがに目を背けたくなる。。
    そんな邪悪な刑務所の看守に心優しい人がいて少し心が救われる。。
    しかし、内戦で同じ国民同士が殺し合うのは昔話じゃなく、今尚どこかの国で内戦はあり、毎日のように殺し合いをしているのが人間。
    もうこれは人間の性としか言いようがない。
    人間がこの地球上で最も愚かな生き物だと思わずにいられない。
    それと、この作品の姉妹役の女優さん二人とも実に美しい。

    そしてこの映画を観る前にこのスペインの内戦についてある程度知識を入れてから観た方が、より理解できる作品だと思う。
    じゃないと何故、神に使えるシスターや神父があんなにも酷い行いをするのか!
    そして、何故頑なに子供の洗礼やカトリックへの信仰的行為を拒絶するシーンがあるのかが理解できる。
    元々政府側であった共産主義が反政府であるファシズムに内戦で負けた。
    このファシズム側にはカトリック教会も加担していたので、共産主義の人々に辛くあたるのだ。
    なので、鬼軍曹のようなシスターが共産主義の囚人に対して滅茶苦茶酷い扱いをする。
    この過程が分からないと何で神に使えるシスターが、こんな酷いことをするのか理解に苦しむことになる。

    とにかく、スペインにもドイツにおけるユダヤ人迫害のような歴史があったことを知った。
    現在のカタルーニャ独立の問題等もこの内戦が関連しているようだし、根深い内戦の歴史がそこにはある。。。

  • −−

    mhさん2021/07/03 23:28

    フランコ政権が行った共和派(人民戦線側の特に共産主義者)への非人道的な弾圧が題材。
    スペイン内乱がはじまるまでが「蝶の舌(1999年)」だったので、スペイン内乱が終わったあとのこれはちょうど対になるような時系列。
    密告者があちこちにいる当時の状況や、即決裁判で死刑判決を受けすぐに銃殺とか、フランコ政権のやばさが凝縮されてる。
    このあたりのスペインが複雑すぎるのは、フランコ政権に弾圧されてる共和派がかわいそうって二元論では語れないところ。共和派はスターリンの息がかかった共産党軍にほぼ牛耳られてる。
    見た目は現政権に対するレジスタンスという風袋だけど、実際はかなり危険なひとたち。そのあたりがこの映画ではわからない。(「ゲルニカ(2016年)」ではそのあたりもフォローしているので、結果的に難解になってしまっている)
    体制側をサポートしているローマ・カトリック教会はフランコ政権で唯一許可された宗教。フランコ政権下ではカトリック教会ですらやばい! という扱いなんだけど実際は、共和派の連中に虐殺されたひとたちでもあるので、弾圧に手を貸す理由もちゃんとある。(んだけど、この映画ではわからない)
    反ファシストや反独裁のプロパガンダという点においては優秀だけど、あまりにバランスを欠いているのも気になるところ。そんなわけで見たあとはちゃんとぐぐったほうがいい映画だった。
    役者さんの演技良かったなぁ。そのおかげで怖さが倍増していた。
    ラストの付け加えたかのようなハッピーエンド良かった。
    面白かった。

  • 3.7

    ねこさん2021/06/30 01:06

    可哀想な女性たち
    何の罪もないのに無惨に殺されていく

    本作を観ればそういう感想を持つが、戦と名のつくものにおいては「女性」の箇所に別の名詞を入れても充分に成立するのだろうと思う
    どちらが政権を掌握しようと、監視、密告、粛清等々、互いにしてきたことは似たようなものだろうから

    ただ、そこに宗教が絡むとどうしても違和感は大きくなる
    聖職者やシスターたちが暴言を吐いたり暴力を振るったりする様はおぞましいし、激しい憤りを感じずにはいられない
    軍人が行うそれとは違うレベルの嫌悪が生じてしまうのだ

    宗教とはそもそもどんな存在なのか
    たとえ命がかかっていたとしても、敵味方を超えて人としての正しさを説く存在であってほしかったと思うのは、無理なことだろうか

    結局、国は荒廃し、国民も疲弊しただけの数年間
    最後に妹の年齢を知り愕然とした
    最も美しい時間を涙と共に待ち続けることにのみ費やしたとは
    何の主義主張も持たなかった彼女が、成り行きで染まらずにはいられなかったことが本当に気の毒だ

    個人がどんな思想を持とうと勝手だが、その関係者であったために迫害を受けるなど許されない

    信念を貫いて生きること
    時に愚かで時に尊く
    その是非を問うことは、やはり容易ではないと思うのだった

  • −−

    タナトス田中さん2021/06/29 05:47

    スペイン人美人!!

    エグい…。

    どんな時でも恋愛したり歌える強さ、見習いたい。

    やっぱスペイン映画いいな。なんやかんやで泣いたわ。

    もっとちゃんとスペインの歴史を勉強します!!

  • 3.3

    dragon01さん2021/06/27 13:48

    スペイン内戦の後の話
    刑務所に入れられ…
    処刑されていく…
    助けてくれる人もいないし…
    シスターって神に使えてる人があの始末?
    姉を思う妹がいろいろ頑張ってて…
    えらい✨✨✨
    偏った考え方や独裁政治はない方が望ましなあ。

  • 3.8

    Hiromarksさん2021/06/26 22:42

    スペイン内戦ってこんなに酷かったのか…裁判の意味ないじゃん…いつもみたいに俳句で表現する気失せたわ…

  • 4.0

    saskiaさん2021/06/21 23:22

    アマプラ見放題終了作品。

    スペイン内戦に翻弄された姉妹のお話。

    本当は無罪なのに罪に問われた女性たちの形だけの裁判が見ていて辛い。
    ひどすぎる。

    押さえつけようとする人たちに抗いながら信念を貫き通す女性たちの姿勢はすごい。

    もはや悪魔にしか見えないシスターは
    シスターの意味をなしていない。

    揺るぎない信念を持った姉は最後までかっこいい。やっぱり活動家はここまで腹をくくれないとできないよねぇ。
    でも妹の為に信念を曲げて欲しかったりもした。
    妹は姉の為に本当に良く頑張ってたなぁ。

    姉妹の絆が美しい。

    この頃のスペインを全然知らないし
    終始重苦しい雰囲気だけど
    テンポが良くて見やすかったし
    勉強になりました。


    ───────────────
    2021/№450✧🌛
    おうち映画№450
    劇場映画№

  • −−

    ぶぶすけさん2021/05/31 17:12

    内戦後もこんなに息苦しい状況下が続いていたことを初めて知りました。
    愛する人のために一生懸命な妹に、真の強さを感じました。

  • 3.2

    スタンスフィールドさん2021/03/22 00:19

    主役2人がいまいちで姉妹なのに全く似てない、感動したと思ったら現実に引き戻される。
    しかしファシスト裁判凄いなー裁判の意味なし。
    こんな状態でも出産には立ち会えるのか煙草…🚬

    こういう状況になったらチームワークが大事だな自分にはとても無理です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました