お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

かぐらめ

G

富士の麓の小さな町、山梨県都留市。伝統芸能「神楽獅子」を巡る、父と娘の心温まる物語…。

小学生の時に最愛の母を亡くした主人公秋音。母が亡くなる日、父は母を看とらず「獅子神楽」を舞っていた。 「母と獅子神楽、どっちが大切なの?」それ以降、秋音と父の関係に深い溝ができてしまった。高校卒業と同時に故郷を離れる秋音。東京での生活も行き詰まっていた。また、父も妻の死による悲しみから抜け出せないでいた。そんなある日、母の13回忌に5年ぶりに実家に戻る秋音。そこには亡くなった最愛の母に似た女性の存在が…60年に一度の大例祭が近づく町ではベテランの舞い手、父が最後の神楽獅子の舞を披露することに。しかし父の体に異変が…親子の葛藤、そして人間の愛情、さらに伝統芸能の継承を考える感動の作品。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

かぐらめの評価・レビュー

3.1
観た人
78
観たい人
99
  • 3.1

    jyaveさん2020/12/29 16:23

    英題:kagura-me
    劇場公開日:2015/10/24
    キャッチコピー:もう大切な人を失いたくないー。
    ショルダーコピー:
     「父さん、観ていてくれますか?」
      今、受け継がれる魂の舞…。

  • 3.2

    hohouさん2020/01/22 23:13

    (2020/01/22)神楽とか獅子舞、舞台の地域に思い入れがないのも原因でもありますが、なかなか感情移入するところまで行かず。。。武田梨奈の無駄遣い感がw

  • 2.7

    kenさん2019/11/03 01:20

    普通にイイ話。最後ちょっと個人的にはモヤッとして終わったけど。人の死、親子とその親子に関わる人、伝統芸能のあり方などギュッと詰まった作品でした。(2019-211-11-3)

  • 4.1

    けいkeiさん2017/08/01 23:48

    続けて2度見、
    山梨県都留市の伝統の神楽を題材に
    不器用な父と東京で器用に生きれない
    娘の物語、
    13年の歳月を経て明かされる真実と
    武田梨奈ちゃんがアクションに頼らずに女優としてがんばっている姿がいい、脇を固める俳優さんたちが
    地味に豪華、
    武田梨奈ちゃん可愛い❤
    内容は父と娘の和解というベタな内容だけどベタだけどやっぱりいい話、

  • 2.9

    磯野マグロさん2017/03/26 13:23

    いい型が見られると思ってたのに、武田梨奈舞わないんだもん。でも仏像顔がかわいかったので、よしとしよう。

  • 4.0

    zenkouさん2017/03/20 20:51

    最終日に、なんとか見終えた。
    大杉蓮、武田梨奈、そして名女優筒井真理子の一人二役だから成り立つような地味なストーリー。

  • 3.3

    エスケープさん2017/01/12 18:01

    母が亡くした娘が父に失望し田舎を出て都会で暮らすが仕事の疲れやトラブルで嫌気がさし帰郷し色々ありながら父と和解し病で倒れた父の代わりに神楽を舞うとまあこんな感じのお話してます
    こういう作品観る度に田舎っていいなって思う
    主演の武田梨奈さんはハイキックと頭突きで瓦割りとプシューしか知らなかったけど結構上手いなと思った凄くカワイイし
    ラストがあっさりというか強引にまとめた感じがしてそこが残念。

  • 3.5

    やっほさん2016/08/07 00:43

    都会での彼女の“後悔”は残り…過去に戻ったまま終わった。ようやく解消できた父とのわだかまり…何故こじれたか故郷への愛着がどれほどかはよく解らない。一方的に届けられる手紙に…父に代わって舞うという彼女の決意に疑問を感じてしまうが答えはすぐに。やはり“伝統”…でも諦めずに舞う裏舞台に皆んなの優しさや“伝承”すべき“思い”と彼女の未来が少し感じられた。纏まりのある配役で懐かしい顔が見れて良かった(^^)

  • 3.5

    minceさん2016/08/01 07:21

    母の死後、父の弱さに失望した娘は家を出た。人の役にと始めた仕事も優しさ故傷つくばかり。法事を言い訳に帰郷した山梨の実家には母そっくりな女が居る。ささくれた心は何も受け容れられない「かぐらめ」十三。獅子神楽で繋がる父娘。筒井真理子、黒川芽以が良い。武田梨奈は絶対。今井雅之の遺作。2016年1月11日 監督の経験値か映画作品としてまとまりに欠ける。前半効果のピアノが感情乗り過ぎて気になって仕方がなかった。演者に頼りきりで観客に丸投げな印象が残った。補ってあまりある俳優たちの演技が返って際立つ。作りこむには素材が足りなかったのかもしれない。ラスト1/3以降、音画演者すべての一体感が増し素晴らしいラストを結ぶ。片平里菜の主題歌もよかった。

  • 3.5

    やまさん2016/07/13 22:27

    海すずめ見た余韻で見ました!これもほんと良かった!家族っていいなあって思わせられる作品。今井さんの遺作ということでちょっと感慨深い作品でもありました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る