お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦

G
  • 字幕

美しきソ連軍女性部隊VS.最強のナチス特殊部隊!超A級ミリタリー・アクション大作!

1942年5月、第二次大戦下のロシア戦線。ソ連領内のほぼ全土でナチス・ドイツの猛攻を受ける中、唯一前線から離れた地帯があった。ウラル山脈麓の、深い森林に守られたこの地帯の守備隊を率いるヴァスコフ曹長のもとに新たな兵士たちが配属する。酒も女もやらない真面目な兵士というヴァスコフの希望で、女性砲兵部隊の兵士たちが集められたのだ。女性兵士たちは新兵ではあったが、家族や恋人をナチスに殺され、敵への激しい憎悪から高い戦闘意欲を持っていた。ある時、ドイツ軍の偵察機が上空を飛行しているのを発見し、対空砲で撃ち落とすが、その後、森の中で数名の敵兵士が目撃される。ヴァスコフは敵兵の確認のため、女性兵士5名からなる偵察部隊を編成し、森の中へ入っていく。しかし、それはナチス侵攻の始まりに過ぎなかった。ナチス・ドイツは、シベリア鉄道の要衝であるこの地を攻略するべく、親衛隊最強の精鋭部隊を偵察に送り込んでいたのだ。敵軍のあまりの強大さにおののくヴァスコフと女性兵士たちであったが、ナチス・ドイツ侵攻阻止のため、戦い抜くことを決意する。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦の評価・レビュー

3.5
観た人
311
観たい人
293
  • 3.5

    すぽんじさん2021/10/26 04:04

    オシャレもしたいし、恋もしたい。
    だって、女の子だもん。

    美女だらけ。私はオシャニーナ推し。
    バーニャとか滝行はサービスシーンなのか?
    前にも多分観たなと気付いたのがまさしくそのシーンだった…w
    最近観た『ロシアン・スナイパー』とか
    今観てる『100分で名著』のアレクシエーヴィチ著『戦争は女の顔をしていない』で
    戦争で戦った女性について知る事があり、
    今まで全く知らなかった歴史の輪郭が段々ハッキリとして来て驚きと悲しさが。。
    今まで観てきた男の人と戦争、とはまた全然違う気がする。

    2021/08/20GYAO無料配信*字幕

  • 4.0

    ハニルくんさん2021/09/05 18:08

    ロシア映画。ロシアの田舎町に配属された女性だけの軍隊が、1人の男性上官の指導の下で、侵入して来たドイツ兵16人と闘う。男性上官が感極まって、「俺を上官と思うな、兄と思え!」というのがロシア的なのかな。特殊であり、とっても面白かった。

  • 3.7

    アラバンさん2021/09/03 13:31

    この手の戦争映画は駄作にしか見えないものが多いですが意外と良作も多く、これもかなりの掘り出し物。

    コリンファレルっぽい曹長に率いられた5人の女性兵士たちが、16人のナチス相手に森の中で決死のゲリラ戦を展開。

    女性兵士たちが前線で戦うという映画は多分初めてですが、ルックス的にも取り揃えているので、やはりこれは応援したくなるし、一人ひとりが背負い込んでる悲しく辛い人生もきっちり描かれているので感情移入させられます

    戦いが進むにつれて、未熟な彼女たちが徐々に兵士のメンタルを発揮し始め、曹長と強い信頼関係が築き上げられていきますが、多勢に無勢で絶望的に追い詰められていく様子はかなり切ない。

    うっかりソ連を応援したくなります。
    もちろん映画の中だけですが。。。

  • 3.4

    ともゆちさん2021/08/22 16:37

    たぶん前に三宅隆太監督が紹介してたやつ。珍しいソ連の戦争モノで女性部隊が主役。共産主義、ソ連最強な映画かと思いきや戦争って誰のため?みたいな問いを持った映画だった。ジャケットと邦題が中身おずれてる気がする。

    フェミニズム的な要素もあるのかな?と思って観てたけど、謎に女性部隊みんなでお風呂や滝でシャワーあびたりするセクシーシーンをちょいちょい挟み込んだりしたのはちょっと謎だけど急に出てきて笑った。

  • 2.6

    kenさん2021/08/19 21:25

    前に観た「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」と同じく女性の兵役作品。戦争の過酷さは他と比べるとちょっと軽めだったが、作戦に参加した5人の女性兵士のバックボーンと散り様が描かれていた。最初使えなそうな感じがあったが、髭の上官なかなかいいおっさんやったな。(2021-313-8-32)

  • 3.3

    valancyさん2021/08/19 16:34

    A zori zdes ここの夜明け (2015)
    WWⅡ下 1942年
    「朝焼けは静かなれど」ボリス・ワシーリエフ 原作
    ‘戦争とは撃ち合いではなく知恵比べ’

  • 3.0

    Hirokingさん2021/08/18 09:04

    【第2次世界大戦:ロシア映画】
    1973年製作の『朝やけは静かなれど…』のリメイクらしい⁉️
    1942年ナチスドイツがソ連に進攻し、それを食い止めるべく戦った女性兵士の戦いを描いた戦争ドラマ‼️
    侮っていた…面白かった作品でした。

    2021年1,345本目

  • 4.0

    スターさん2021/07/10 22:28

     第二次大戦中の旧ソ連軍に女性兵士が多かったのは知ってましたが、女性兵士を描いた作品を観るのは初めてでした。
     圧倒的なドイツ軍の猛攻を前に苦戦を強いられる女性兵士達の戦いが描かれ、見応えがありました。

  • 4.0

    Hyさん2021/07/02 13:38

    タイトルとポスターでB級戦争アクションかと思ってましたが、意外と丁寧な仕上がり。

    自分達よりもはるかに多い人数の敵と森の中で対峙する。緊迫感あふれるシーン、息を飲む瞬間もあり、予想を裏切る良作でした。

    下手に女性である事を強調することも無い、自然な演出が好印象

  • 2.8

    フェアにアンフェアさん2021/06/06 15:15

    わりかしドラマが良くて、戦闘も地道なところがいいんだけど、多少ぬるいのとドイツ兵に怒鳴ってもドイツ人も困るだろ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました