お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

コーヒーをめぐる冒険

G
  • 字幕

ニコの行く先々でひとクセある人たちが次々と現れる。果たして、ニコのツイてない1日の幕切れは…?

2年前に大学を辞めたことを父に秘密にしたまま、“考える”日々を送っている青年ニコ。恋人の家でコーヒーを飲みそこねた朝、車の免許が停止になった。アパートでは上階に住むオヤジに絡まれ、気分直しに親友マッツェと出かけることに。すると、クサい芝居の売れっ子俳優、ナチス政権下を生き抜いた老人等々、ニコの行く先々でひとクセある人たちが次々と現れる。果たして、ニコのツイてない1日の幕切れは…?

詳細情報

原題
OH BOY
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
ドイツ
対応端末
公開開始日
2016-10-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

コーヒーをめぐる冒険の評価・レビュー

3.5
観た人
4409
観たい人
4342
  • 2.0

    んがんが村さん2021/09/19 10:50

    主人公ニコがただただ生活している話。その中で様々な人と出会い、別れる。何を考えず観ることをオススメします。

  • −−

    tkさん2021/09/18 01:24

    白黒映画と珈琲の相性の良さよ。今のような秋口のなんでもない日に淹れたての一杯を飲みながら観たい映画。主人公のキャラも音楽も好き。ドイツ映画も良いね。

  • 3.4

    Misaishiさん2021/09/11 23:28

    邦題ミスリード。。
    新しい場所に引っ越したら、奇想天外なことばこり起こる感じ、、最後はずしん。
    Oh boy 終わってみるとこの原題に納得。
    白黒にジャズが流れる、お洒落な軽く観れる映画だった。

  • −−

    Yunoさん2021/09/11 17:35

    トムシリング観たさで鑑賞
    ジムジャームッシュっぽい モノクロだからかより外国の街の風景と雰囲気を楽しめた気がする

  • 3.1

    Tinscowさん2021/09/04 13:48

    コーヒー×タバコ×モノクロって、ジムジャームッシュ監督かと思った。

    コーヒーになかなかありつけない青年の話。
    とはいえ、コーヒーをメインに据えた話ではなく、いろんな出来事に翻弄される青年の話。

  • −−

    いちヘルさん2021/09/01 19:22

    タイトルのイメージからもっとコーヒーについてどうのこうのって話だと思ってたけど、全然違うじゃん。

    とそれは置いといて、コーヒー飲みたい。

  • 3.4

    kamekichi313さん2021/08/29 21:10

    将来に希望のない普通の青年が、なぜかコーヒーにありつけず、さまよって色んな変な人に出会う不思議な流れの1日を描く。ストーリー性よりも、哲学的でアート性の強い映像はお洒落でかっこ良い。軽快でリズミカルだったり、しっとり優雅なジャズミュージックも良く合う。白黒の映像は、影が時間と共に変化していくのが綺麗だった。特に薬物を楽しむ青年の部屋に連れられていった時に、目もくれず隣のおばあさんと仲良くなって椅子でうとうと眠る主人公に、優しい性格が現れていて好きなシーンだった。

  • 3.5

    もさん2021/08/29 06:04

    主人公ニコ、一人の時間をゆっくりコーヒーを飲みながら過ごしたいのに何故か毎回コーヒー飲めない。
    行く先々で自分の前に、様々な人が現れては一方的に感情をぶちまけ、何かを押し付けて消えていく。
    モノクロ画面の、光と影のコントラストが絵画的な感じで、ざわついた都会の中の、ニコの孤独感が際立つ感じで良かったです。
    作中でのニコは、特に目的もなく、流されて生きているようにも見えますが、内観(コーヒータイム)しようと思ったタイミングで何故か他人に絡まれ、自分の考えを整理できずに終わってしまう、その繰り返し…
    と私には見えました。

    ニコ役のトム・シリングさん、初めて見ましたが思慮深そうな、深い眼差しがセクシーで印象的でした。役柄にあっていて良かったです。背低いけど笑

  • −−

    ayumiさん2021/08/28 14:36

    コーヒーを飲み損ね続ける。
    面倒くさいことは苦手そうなのに、避けきれないお人好し。
    友人のおばあちゃんのリクライニングチェアに座らせてもらうシーンに癒された。

  • 5.0

    Haluさん2021/08/26 22:09

    言葉はいつも過不足があり、人生には不幸と嘘とそれから言葉が付き物だ。コミュニケーションとは火があれば充分なのに、いつも言葉が付きまとう。そう、ほしいときにコーヒーが飲めないように…

    多様性という易い言葉はすれ違いを生む、コロンビアのコーヒーは高い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す