お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

あまくない砂糖の話

G
  • 吹替
  • 字幕

オーストラリア・ドキュメンタリー映画史上No.1ヒット!あなたは砂糖中毒になっている。

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。世の中には“ヘルシー”な食品があふれているのに??オーストラリアの俳優デイモン・ガモーは自らが被験者となり、無謀な実験に乗り出した!“健康”と言いつつ砂糖を大量に含む食品を60日間食べ続け、体や心がどのように変化していくのかを記録するという驚きの実験を描いたエンターテイメントムービー!

詳細情報

原題
THAT SUGAR FILM
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
オーストラリア
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-10-20 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

あまくない砂糖の話の評価・レビュー

3.7
観た人
2324
観たい人
2736
  • 2.3

    いしいさん2020/06/23 16:50

    なんか結論ありきな感じがなー。作り手の砂糖への軽蔑のまなざしが最初からあふれてて、見進めても意外性とかは全くなく、退屈だったな。

  • 3.8

    じゅんPさん2020/06/22 21:37

    アクションとリアクション。原因と結果。

    砂糖を摂取した時に脳で起こる化学反応が愛を感じた時と同じだなんて、信号に支配されてるみたいでゾクゾクする。

    つくる、つくる、つくる。
    売る、売る、売る。
    食べる、食べる、食べる。

    ポップな広告の囁きに、体は欲して思考は止まる。
    消費のスパイラルのレールの上、小さな歯車は摩耗すれば見向きもされず使い捨てられる。

    カラフルでグロテスクな『夢のチョコレート工場』。

    真面目に、カロリー信奉への懐疑と、糖質を何から取るのかが重要って話は参考になった。

    監督自身は砂糖をほぼほぼ絶った生活に戻っていったけど、それを推奨するというような強い答えではなく、あくまで思考停止しないことを促す着地。
    語り口のおふざけ感や、妊娠中のパートナーとのやり取りから人柄が感じられるのも好感。

  • 3.9

    マ帆さん2020/06/21 19:47

    監督自ら1日にスプーン40杯分の砂糖(=オーストラリア人の平均摂取量)を摂取する生活を60日間続けた実験的ドキュメンタリー。

    すごくタメになるし
    何より恐ろしかった 。。。

    毎日カフェラテを飲んでいる私にある日先輩がこの映画の本編映像を観せてくれたのだけど、その内容が、3歳の頃からマウンテンデューを1日20缶飲んできた18歳の少年がボロボロになった歯を総入れ歯にするため抜歯する、だけどもはや麻酔が効かない、母親は号泣、というものでだいぶ衝撃だった。

    実験が進むにつれて変化していく監督の身体と精神。顔つきも。”砂糖は麻薬”というのがよくわかる実験だっただけに、普通の生活に戻すの大変だっただろうな。。という気持ち。色々な人に話を聞いていく中で企業(ペ○プシなど)の悪事も明らかになっていくので、最終的には誰を信じればよいですか、、という気持ち。

    本の表紙やジュースのパッケージに載ってる人間が喋り始めたり、いきなりグレショ感あるヒュー・ジャックマンが出てきて砂絵で砂糖の歴史を説明し始めたりする可愛い編集も好きすぎた。これやりたかっただけだろ、、となるエンドロールのMVも最高。

    こういうのを授業で観せてくれ!!!
    観たら食生活変わる。
    というか変えざるを得なくなる。

  • 3.5

    親子丼さん2020/06/18 14:10

    面白かった〜〜
    砂糖の取りすぎはよくないって知ってるけど映像でより分かりやすく勉強できた
    アボリジニの村の話とか虫歯の男の子とか実験以外のコンテンツも多くて飽きないし、ポップな編集もいい感じだった

  • 4.2

    bullさん2020/06/17 01:19

    太り過ぎは怠惰と運動不足で自己責任
    →誰にとって都合がいいか?

    (アメリカの)食品業界
    消費者が砂糖中毒になっても売るために至福値を探す
    自己責任だと売りやすい
    低所得者ほど選択の余地がない

  • 3.8

    yukiさん2020/06/16 20:25

    合法麻薬・シュガー。自らの身体を実験台に砂糖が与える悪影響を研究する男性が、あらゆるブレインの話を聞きながら社会における"砂糖"という存在の暗部に迫っていく。業界団体による専門家を利用した工作や、依存・常習性という意味で煙草との類似性を見出している。メディアを通じて、都合よく指標化されたカロリーマジックによる巧みなポジティブキャンペーンが恐ろしい。当たり前に存在する調味料の一つだと思っていた砂糖が、見方によっては人間の健康を害する有害な物質ともいえるなんて、壮大な社会実験を見ているかのようですごく面白かった。遠くない未来、砂糖を取り巻く環境がガラッと変わっていても驚かない。インド映画っぽいシュガーな歌のエンディングなど、色々な工夫が凝らされていて視覚的にも飽きることなく楽しめる。

  • 3.5

    だん薫さん2020/06/16 13:21

    監督が自らカロリーはほぼ変わらず
    糖質が高い食品ばかり60日間食べ続ける
    ドキュメンタリー

    カロリー制限!糖質制限!と闇雲に言う前に
    この映画見たらお菓子や炭酸飲料を摂取するのが
    ひたすら怖くなります。

    食品業界の陰謀論が出てきたりと
    食生活を見直したくなる一本。
    面白いかと言われるとドキュメンタリーなので
    「砂糖はよく無いなぁ」とゼロコーラを飲みながら考える
    内容でした。

    構成が30日間マクドナルドを食べ続ける
    『スーパーサイズ・ミー』に似てると思っていたら
    監督も参考にしてたみたいで納得

  • 2.9

    SYさん2020/06/14 22:46

    ポップなテイストで驚愕の事実をつきつけてきた。私の食生活、心にも身体にもダメなやつ!!!
    今年も夏がやって来るから三ツ矢サイダーやらカルピス原液やらを箱買いしようとしていたのですが、おとなしくカートから削除しておきました。

  • 3.6

    なつこさん2020/06/14 11:56

    食育の大切さを実感したドキュメンタリー。
    勉強やスポーツは学校で教わればいいけど、食生活や本人が何を選んで食べるようになるかは、家庭の影響が最大なのだから親が教えなければ。


  • 3.4

    Megさん2020/06/14 00:51

    照り焼きソースの代わりにその分の砂糖をお肉にかけて食べる衝撃シーンが観れます。
    いや~、、
    日本食のとくに煮物なんて砂糖よく使うぜ…?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す