お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション

G
  • 吹替
  • 字幕

バットマンやスーパーマンでは世界は救えない!? 人類の未来は、クレイジーな“悪党”たちに託された!

迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。それは、バットマンやスーパーマンによって捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。情に厚い凄腕暗殺者、地獄の炎を操る小心者、唯我独尊を貫く女侍、コンプレックスを抱える怪力男、 トラブルメーカーのブーメラン使い・・・そして、予測不可能までにぶっ飛んだ女ピエロ、ハーレイ・クイン。思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!?悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント!

※約11分の劇場未公開シーンが追加されております。

お得なパック(1)

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入2,750

購入

標準画質(SD)
2,200
販売終了2021-01-31
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディションの評価・レビュー

3.5
観た人
569
観たい人
779
  • 3.6

    ヒグチャルドさん2021/11/26 00:23

    これBluRayで観たことあるわ

    くノ一のシーンしか増えてたとこ分かんなかった

    このジョーカーも嫌いじゃないよ
    嫌いじゃないけど、ヒースが見たら悲しむだろうなぁ…

  • 3.5

    MOVIEさん2021/10/04 22:13

    *9100
    □物 語 ★★★★★ ★
    □配 役 ★★★★★ ★★
    □演 出 ★★★★★ ★★
    ・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆
    ・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆
    ・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆
    ・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆
    ・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆
    □映 像 ★★★★★ ★★★
    □音 楽 ★★★★★ ★★

  • 3.8

    Ryoさん2021/09/10 12:07

    ハーレイクイーンから少しスポットライトをずらしつつ華やかさ、特有の演出は残してて良かった。DC特有のシリアスさは皆無でストーリーというかはパーティーのようなドンちゃん騒ぎとコメディー要素を楽しんでほしい映画。このタッチで長い時間飽きさせず楽しめるのはすごい。

  • 3.5

    木村山ぱぱぬいさん2021/08/21 18:27

    通常盤より少しシーンが増え、
    キャラの魅力(特にジョーカー)は掘り下げられたものの、やっぱりテンポは悪いし話はとっ散らかってる。
    間に入るポップな自己紹介もジョーカーの下りも大好きなんだけど
    作品全体としては全部いらないシーンだから
    やるべきことがぼやけてて何の映画なのかよく分からなくなってる。
    今観直すと、続編でジェームズガンが何を整理して、どこを残し、どこを作り直したのか本当に良く分かる。
    だけど決してつまらないわけじゃなくて、
    DC映画あるあるの全体的及第点、局所的100点満点な映画。

  • 3.3

    とらキチさん2021/08/16 20:27

    一応ジェームズ・ガンバージョンの公開に備えての鑑賞。劇場公開版、当時観たけど完全に記録漏れ。3DバージョンのBDを所有しているので、折角だから同梱されていたこちらのバージョンで。
    この作品の本質って、あくまでウィル・スミスが主役のヒーローアクションものである、という事。以前共演した事がありヒロインであるマーゴット・ロビー=ハーレイ・クインが目立つのはある程度認めるけど、それ以外のキャラクターがデッドショット以上の活躍をするなんて事が認められる筈が無い。だからこそのジョーカーのあんな扱いなのだろう。ハーレイ・クインは当初の予定以上にデッドショットを喰ってたけど。
    結局はお涙頂戴的な情に訴えて結束するっていうのがイマイチな決定的な要因なのでは?と思った。ついでに言うとスーパーヴィランもなんか…倒し方も含めてイマイチ。ピカレスクにもなっていなくて、こちらの事前の予想を越えてくるモノがひとつも無かった。もっと突き抜けたモノを期待していたのになぁ…。
    再鑑賞して、今更気付いたシリーズで言うと、イーストウッド御大の息子、スコット・イーストウッドが出てたんですね。主演していた「アウトポスト」と同じ格好だったので気付いた😅じゃなかったら気付かなかったかも😅

  • 3.5

    どど丼さん2021/08/15 12:50

    新スースクを観た上で改めてエクステンデッド版で再鑑賞。初鑑賞時は言われてる程悪くはないと思っていたが、確かにテンポの悪い自己紹介や盛り上がりに欠けるシーンが多くてとっ散らかってる。母体のヴィランが子体を分散させて人々に取り憑く、という辺りは新作でのある種のオマージュなのかも。この終わり型でデッドショットやレトジョが続編に出ないのなんだかな。でもこの作品単体で観れば、少なくとも美術面に関しては圧倒的だし普通に良いです。

    追加カットは全体的に無くても良かったかな(エアー版カットではもっと上手く機能するのかも)。ハーレイのバイクシーンとカタナが顔出すシーンはあっても良い。

  • 4.6

    ひでりんstarさん2021/08/13 20:21

    画面のビジュアルがクソ最高。アツい友情に痺れる真のヒーローチーム映画。エクステンデッド版はキャラの掘り下げが若干深まったくらいでそこまで劇場版との印象に差はない。

  • 3.5

    Mkさん2021/08/13 19:10

    新作を見るために復習がてら、見てなかったこちらのバージョンを見たんだけどすごいこっちの方がわかりやすかったし、ストーリーが追いやすかったなと思えたので必要なシーンが切られていたんだろうなと思えた。
    久々に見たけど面白かった〜〜やっぱ音楽のかっこよさとウィル・スミスとマーゴット・ロビーの2人の感じやかっこよさが好きでした

  • 3.6

    GINさん2021/08/12 23:17

    悪をもって悪を制す。
    マーゴット・ロビーのハーレイ・クインが鮮烈な印象を残した今作品。
    彼女の天然さが最高にキュートでした。
    ベン・アフレック演じるバットマンのほんのチョイ出演も嬉しいところ。
    降板しないで出演を続けて欲しかったな。
    ジャレッド・レトのジョーカーに、ウィル・スミスのデッドショットもカッコいい。
    ディアブロもなかなか良かった。
    だけど魔女のエンチャントレスがね…この物語をつまらなくしたと思う。
    弱点はあるものの、タスクフォースのメンバーと比べて異質というか、強すぎた。
    たとえメタヒューマンだとしても、もうちょっとバランスがほしかった。
    シナリオもね。
    いよいよ、ジェームズ・ガン監督の『ザ・スーサイド・スクワッド』が公開される。
    楽しみ、楽しみ。

  • 4.2

    たけちゃんさん2021/08/12 14:55

    "悪"には"悪"で対抗するわ……


    デヴィッド・エアー監督 2016年製作
    主演ウィル・スミス、マーゴット・ロビー


    いよいよ、明日がジェームズ・ガン監督版「ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結」(邦題笑)の公開日ですね。ほんと、待ってました!お盆休暇に入っているので、僕も公開日朝イチで行ってきます🎶
    試写会レビューも上がる中、なるべく情報を入れずに今日まで来ましたが、その前に……ということでデヴィッド・エアー版を復習して取り上げたいと思います!

    デヴィッド・エアー監督の劇場公開版は3年前にレビューしたのですが、そのレビューの中で、このエクステッド版のレビューを"近日レビューあげるよ"予告がありました。なんと実現までに3年半(笑)。仕事が遅いにも程がある( ¯−¯ )フッ

    その時は音ネタ中心だったので、キャストについては後日語ろうと思ったようです。面倒なのを後回しにしたのが透けて見えますね(*^-^*)ゞテヘヘ

    (*`ω´*)ฅフンッ
    初志貫徹!
    言った以上はやり遂げよう!←イラヌセキニンカン
    なので、今回、音ネタはありません🙇‍♂️


    まずはこの方から
    【アマンダ・ウォラー】
    昨日「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」で紹介しましたが、今作のアマンダ・ウォラー役はヴィオラ・デイヴィスが担うんですが、明日公開のジェームズ・ガン版でも同じ役で登場!これは嬉しいなぁ。

    スーサイド・スクワッドの責任者として登場するアマンダ・ウォラーは、別名「ザ・ウォール」と呼ばれる"壁"のように立ちはだかる恐怖の存在なんですよ。ある意味、スーサイド・スクワッドメンバーよりも"極悪"。
    原作を知らないので、僕が最初に見たのは、おそらくDCドラマの「ARROW」でだと思うんですが、その時のアマンダ・ウォラーは細くて美人でした。ヴィオラが美人じゃないとかの話ではないのですが、"壁"のような冷たさや怖さ、凶悪さは無かったです。ヴィオラもにじみ出る良い人さがあるんですよね~。これは惜しい☹️。ハーレイ・クインと初めて会った時"あなたは悪魔😈?"のようなセリフがありますが、もっと悪魔感が欲しいです。今回はそこに期待!


    【ハーレイ・クイン】
    アーカム・アサイラムの元精神病医で、ジョーカーの彼女。この「スーサイド・スクワッド」最大の功績はハーレイ・クインを世に知らしめたことですよね。もちろん、それはマーゴット・ロビーの魅力によるもの。ジェームズ・ガン版でもマーゴット・ロビーが演じるとなれば嬉しさ万倍(ˆωˆ )フフフ…
    特に、個人的な趣向では、まだハーレイ・クインとなる前の女医ハーリーン・クインゼルが好き🥰
    たまらないですよね……🤤ヨダレ

    マーゴット・ロビーはこのハーレイ・クイン役をほとんど吹替えなしで演じていて、恐れ入ります。メイキングでトレーニング映像も観ましたが、凄いですね。特に、初登場シーンの布ブランコ場面が最高です!
    あと、車で水中に沈み、バットマンに助けられるシーン。本当に沈んでいたらしい……。水中で5分は息を止められるように訓練したとか。マーゴット、凄すぎ!


    【デッドショット】
    本名フロイド・ノートン
    フリーの殺し屋で百発百中のスナイパー。
    映画ではウィル・スミスが演じたため、とっても良い人になっちゃっていました😅
    この「スーサイド・スクワッド」がイマイチ評判が悪いのは、このヴィランなのに良い人って部分だと思うんですよ。観たいのは"悪"に徹した部分ですよね。その意味では「ヴェノム」にも同じことを感じます( ˘ ˘ )ウンウン
    だから、やっぱり明日公開のジェームズ・ガン版に期待しちゃうんだよなぁ……。

    デッドショットを初めて観たのも「ARROW」ですね。アローに負けて、後にスーサイド・スクワッド入りするんですが、好きなキャラでした。
    ウィル・スミスのデッドショットは、地上でエンチャントレスに兵隊化された敵をガントレットを使って掃討する無双場面には痺れましたよ!ウィル・スミスは銃の扱い方が上手くて好き。そこは評価ポイントです( ´ω`)و グッ!


    【エル・ディアブロ】
    炎を扱うメタヒューマン。
    調べてみると、エル・ディアブロは3代いて、このチャト・サンタナは3代目。初代は西部開拓時代に存在したラザラス・レーン。
    悪魔と契約して生き返ったようですが、この「スーサイド・スクワッド」でも、ラストバトルでエンチャントレスの弟と闘う際に悪魔化していましたよね。大好きなキャラだったなぁ……。


    【キャプテン・ブーメラン】
    本名ディガー・ハークネス
    「ザ・フラッシュ」に出てくるヴィランなので、「スーサイド・スクワッド」でもフラッシュに捕まえられていました。このフラッシュはエズラ・ミラーが演じる映画版。エズラも好きですが、僕はDCドラマのフラッシュが大好きなので、グラント・ガスティンも捨て難い(≧∇≦)ゞ

    「スーサイド・スクワッド」でジェイ・コートニーが演じるキャプテン・ブーメランは本当にクソ野郎なんですが、1番ヴィランらしいかもね。ラストも(ˆωˆ )フフフ…


    【キラー・クロック】
    本名ウェイロン・ジョーンズ
    僕は今作を見るまで知らないキャラでした。原作コミックではエンチャントレスと良い仲になるんですってね(⑅•͈૦•͈⑅)
    ワニの遺伝子を持って生まれるとは……
    でも、映画の中で"オレは美しい……"とハーレイ・クインに対して言う場面とか、好き。すごく良いキャラ。

    キラー・クロックの"クロック"は"crocodile"から来ていて、見世物ショーで本物のワニと格闘し、殺したところからついた名前だとか……。大山倍達なら"キラー・ベアー"か( ¯−¯ )フッ


    【スリップノット】
    本名クリストファー・ワイス
    スリップノットと言われると、僕らはヘヴィメタバンドを思い出しますが、違います!
    「スーサイド・スクワッド」の中で一番残念なキャラ。キャプテン・ブーメラン、お前のせいだぞ😡
    途中参加で、キャラ説明もなく退場とは……フビン


    【エンチャントレス】
    本名ジューン・ムーン
    スーサイド・スクワッドメンバーとして登場しながらも裏切り、メンバーと戦うことになる存在。
    魔術を使うのでチート過ぎよね。このキャラも映画で初めて知りました。
    個人的に「スーサイド・スクワッド」はラストバトルまではとても良かった。でも、最後の戦いが解決法も含め非現実過ぎてね~。惜しかったなぁ。イムホテップくらいのバカさがあると良かったかな?

    でも、ジューンを演じたカーラ・デルヴィーニュは良かったです😌。今作の次に「ヴァレリアン」のローレリーヌも演じましたが、大好きでしたよ( ´ω`)و グッ!


    【カタナ/タツ・ヤマシロ】
    本名、山城たつ
    この方も「ARROW」に出てきたので知っていましたが、「ARROW」で演じた福島リラさんの方が好きだったなぁ……。
    とても悲しいキャラなんですけど、映画では刀に話しかける変な人にしか見えなかったからね。
    愛刀の"ソウルテイカー"と共に、もう少し設定を生かして欲しかった😢


    【リック・フラッグ大佐】
    タスクフォースX、別名スーサイド・スクワッドを率いる陸軍特殊部隊大佐。
    映画ではエンチャントレスとなるジューン・ムーン博士と恋に落ち、彼女を取り戻すために作戦に参加している。そりゃ、メンバーから叱られるわ😡。だから、デッドショットに"ノー・ハグ"と断られる場面、笑う

    ジューン・ムーンと恋に落ちるためか、映画ではイケメンが出過ぎで、強そうに見えなかったけど、ジェームズ・ガン監督版ではかなり良い感じに見えます。同じくジョエル・キナマンが演じるんですが、楽しみだなぁ……って、あら、この方、リメイク版のロボ・コップでしたか⁉️知らなかった(笑)。殺られても安心ね。







    さて、映画です。
    ここまで長かったですね。すいません😓
    今回、エクステッド版のレビューの前に劇場公開版も見直して、その違いを確認しましたよ。マメダネ
    時間にすると"13分"長いのですが、結論から言うと"な~んも変わらない"(笑)
    僕はディレクターズ・カットやエクステッド版が大好物で、観ると総じて評価が上がるんですが、今作は全く印象が変わりません( ´・ω・`)
    だから、どっち観ようかな~って思う人に対しては、どっちでも大丈夫よと申し上げたい(*`ω´)b

    敢えて言うなら、ハーレイ・クインとジョーカーの場面が増えるんで、2人のファンならエクステッド版なんですけど、だからと言って良くも悪くもならないので、本当にどちらでもオッケイよ。

    時間も記録していたのですが、気づくと数分伸びていて、えっ、どの場面が増えたの?と考えるほど差が無い(笑)。珍しいよね(ˆωˆ )フフフ…



    メイキングでも見られましたが、デヴィッド・エアー監督は元軍人なので、戦闘場面でのこだわりが凄く、とてもリアルに撮っていました。だから要人救助に向かう場面まではとても良かったと思うんですよ。
    でも、さっきも書きましたが、ラスバトルがいただけない。突然リアリティが吹き飛び、ファンタジーになってね。ファンタジー映画は好きですが、これは寄せ方を間違いました。

    それでも、ハーレイ・クインやジョーカーの登場。バットマンやフラッシュ、スーパーマンとの地続きな関係。小ネタなどが分かるとかなり楽しめましたよ。だから、このスコアです。
    でも、ジェームズ・ガン監督はその足らないところを突き抜けてくれそうなので、本当に楽しみ。
    明日、行ってきますので、結果もお楽しみに😊

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました