お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

花芯

G

わたし、覗いちゃいけない深淵(しんえん)を覗いてしまったの--主人公・園子の生き様を通し描かれる、愛と性と生。

「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ」
親の決めた許婚(いいなずけ)と結婚した園子はある日突然、恋を知った。相手は夫の上司。
生まれてはじめての恋に戸惑いながらも、自身の子宮の叫びは次第に大きくなり抑えられなくなっていく--

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-02-07 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

エロティック邦画ランキング

花芯の評価・レビュー

3
観た人
1366
観たい人
1076
  • 2.5

    mamiさん2020/07/09 10:07

    劇団「イキウメ」「た組」舞台の村川絵梨の演技が良かったので観てみたが、つまらなかった

    あの役をするには、色気が全く足りない

    原作が、寂聴とは知らずに観たが、女性の性の解放がテーマなのかな?

    河原のシーンは綺麗だったが、話に深みもない

    毬谷友子の怪演が、ちょっと恐い

  • 3.0

    みさん2020/07/04 23:25

    園子さんがつやっぽい。可哀想な夫 雨宮清彦は一途だけど報われない、妻に愛されない。体を繋げれば心も繋げると思っている節があり、自分の上司に恋をする妻を必死で抱く、悲しい。映画自体は終始過激な濡れ場。見てていたたまれねぇ。映画テーマ曲?をアコーディオンで演奏する落合モトキくん演じる正田もなかなかいい。

  • 3.1

    しぎはるさん2020/06/24 00:36

    戦後の日本。
    親決めた許嫁と結婚することになった園子は、夫の雨宮に愛がなく全く関心を持てないでいた。
    毎晩求めてくる夫に気持ちがなくただ身を任せる園子だが、夫の転勤で移り住んだ京都で夫の上司である越智に惹かれてしまう。
    園子はその日から夫から求められても拒むように、、。

    「好きな人に抱かれたらどんなになっちゃうんだろ」


    まさかの初っ端で園子の父親(初老)が若い女とセックス中に倒れるっていう😅
    おじいちゃん無理するから〜!!
    ↑そもそもこの件は必要だったの??🤣

    夫は夫で「僕は童貞だよ、園ちゃんのために守り通してきたんだ」ってさ。
    重っ!!笑
    だとしてもそれ自慢すること??😂
    しかも結構な執着質だし。
    拒んでも無理矢理いれてくる。

    最後、園子の感情がわからなかった。
    無機質な表情だった夫とのセックスから一転、周りの反対を押し切りやっと恋した人に抱かれて感情が溢れて、
    ''結婚してようが好きな人ができたら止められない"
    "好きな人とのセックスが一番幸せ"
    ってことが言いたいのかと思ったが、なんか違うみたい🙄??

  • 3.3

    Yuriさん2020/06/22 22:42

    寂聴節が炸裂してた。
    瀬戸内寂聴さんの実話っぽい感じのストーリー。

    主人公が男女逆だったら映画にも原作発表当時も話題にならなかったと思うと今以上に女性に窮屈な世の中だったんだなと。

    心此処にあらずの演技が上手。

  • 3.1

    asariさん2020/05/29 01:55

    見終わったあとに、瀬戸内寂聴原作と知ってなるほど〜〜となった。「夏の終り」を見たときと同じ感覚。でもそれよりは良かったかも。
    奔放すぎる女性は見ていて苦しくなる。
    北林の毬谷さん、怪しくて艶やかでステキだ。

    子宮は恥知らずの呻き声をあげる、文学

  • −−

    ns8さん2020/05/27 23:40

    嗚呼〜エロそうなの観たいって思ってこれに行き着いた。←

    えてか何なん、
    主役の人の薫るエロさは何、
    ファアアアアア
    スタイル抜群スギィイイイイ

    んでまた、
    安藤政信のカッコ良さえげつなくない?

    時代によって、
    『結婚』って概念は違うのかな〜
    不変的な意味合いもあるのかな〜

    何にせよ、
    未知です、
    私の生前の時代、
    昭和時代。

    戦後の日本の変遷を
    追いたいのよ、
    多面的にね。

    ごちそうさまでした。

  • 3.2

    ucanさん2020/05/27 12:44

    こういうタイプの女の人って危ういわ〜
    林遣都くんを追って観てみたら、私のイメージとは違う役の林遣都くんに出会いました。
    結婚してから好きな人できちゃったらどうするのかしらね。
    抗えないか、気持ちを押し殺すか。
    園子の何にも興味なさげな遠くを見る目が好き。

  • 4.0

    もねさん2020/05/19 10:23

    嫌いじゃないかも。

    瀬戸内寂聴原作。
    1957年の発表当初、相当批判されたらしい。
    女性がこんなエッチな話書くなんて!とか?

    これを批判した男性たちは女性がこんなはしたないこと考えるわけないとか夢見てるんだろうし、女性たちはとにかくはしたない!!と言いつつ布団の中でこっそり読んでそうだ。

    裕福な家に生まれた園子はそれなりの年になり、以前から自分を好きでいてくれた清彦と見合い結婚をする。
    が、清彦には夢中になれずぼんやりとした日々を過ごしている。
    二人の転勤先住居の離れには越智という上司が住んでおり、園子はろくに話したこともない越智に猛烈に惹かれる。

    とにかく理由もなく好きは好きで、夫と言えども興味なければ興味ない、の園子。
    子供が出来ようが、
    以前から清彦を好きだった妹が彼と出来ても特に心に波は起きない。
    越智のために家を飛び出しても、彼が下宿先の女主人と離れないのも知ってる。
    結婚とか離婚とかそんなことどうでもいい。

    男性のレビューを見たけど、いかにエロいか、どんな露出があるか書いてる人が多い。
    そういう見方されちゃうと永遠に男女は分かり合えないし、女は最中に演技するんだよって思う。

    林遣都は「そのちゃんのために清い身体だよ」みたいな逆にキモいこといいだすけど、目の前の彼女のエロさに気づいてないの〜?って思ったわ。

    村川絵梨の物憂げな感じ良かったし。
    何にも興味なくてやるせない感じも良かった。

  • 3.0

    たかしさん2020/05/09 16:43

    村川絵梨さんが好きで見た映画。ガッキーがヒロインで出たドラマで出てて可愛いなと思って、ふと思いつきで見ました。
    こんな映画とは。コメント欄に最後のセリフがこの映画の全てと書いている人がいた。あまりオレには分からない。
    女性が書くリアルな映画ってこういうことなのか??

  • 3.5

    えぐさん2020/05/04 13:02

    映画の最後にあるセリフが園子の全てを物語ってるような気がする。
    村川絵梨さんが妖艶でとてもよかったです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る