お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

G
  • 吹替
  • 字幕

学校から見放された問題児クラスと、ベテラン教師アンヌの情熱。パリ郊外の高校で本当に起こった奇跡のストーリー

貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。「教員歴20年。教えることが大好きで退屈な授業はしないつもり」と言う情熱的な彼女は、歴史の裏に隠された真実、立場による物事の見え方の違い、学ぶことの楽しさについて教えようとする。だが生徒達は相変わらず問題ばかり起こしていた。ある日、アンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者レオン・ズィゲルという人物を授業に招待する。大量虐殺が行われた強制収容所から逃げ出すことができた数少ない生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく--。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの評価・レビュー

3.7
観た人
5003
観たい人
6329
  • 3.8

    aeropiさん2021/06/17 23:21

    チームワークで作り上げて行く過程が興味深い。人種や宗教、個性を尊重してながら纏まるまでの、ぶつかり合いにもフランスの国是「自由、平等、博愛」が感じられる。
    皆が自分で感じ考え表現出来る教室は素晴らしい!タイトルの“受け継ぐ者たちへ”が重く大切なメッセージ‼︎

    ケゲン先生は温和で鋭く光る存在感がある。フランスの教育現場がリアルに描かれている感じも良い。

    強制収容所から生き延びたレオン氏の話がとても心に響く…。人を信じること、差別と闘う信念が心に訴えて来る‼︎ このシーンは今を生きる人類が知るべき真実である。

  • 4.3

    kokoneさん2021/06/16 22:01

    実話に基づく話
    良い映画だった!

    多民族国家ならではの若者の苦悩が見えた
    色々な宗教や国籍、人種に囲まれて生きているからこそ、
    表には出すことはなくても
    常に心のどこかでそれについて考えていて、
    そこからコンクールへの出場に興味を持ったのかもしれないなぁ

    みんなが教室に来たシーンは感動
    「ヒトラーはユダヤ人の髪や服を無すことで人々の個性を奪い、彼らの死を軽く扱った。」
    この言葉に、おぉ〜ってなった

    映画や本を通して知る歴史や真実が
    彼らの目と心に映り、彼ら自身を変えていく。
    ものすごく価値のある作品だし、
    私も映画を通して自分の知見を増やしていきたいと思った
    こういった価値のある作品をより多くの人に届けたいな〜

  • 3.9

    takumiさん2021/06/05 11:17

    Les Heritiers: 相続者たち、後継者たち

    テーマとストーリーテラーが素晴らしい。
    異なる音楽をミックスしたものを観てみたい。

    ポール・エリュアールは
    "声を失えば人は滅びる"と

    若者たちが"声"を聞くことで
    過去の教訓を学び
    現代の生活に活かせるようにと

  • 3.7

    おいもさん2021/06/03 10:21

    周りの意見に流されず子供たちを信じて指導する先生と、徐々に変わっていきクラスとしてまとまりコンクールを成し遂げる生徒たちを観て前向きな気持ちになれた。

    (いくつか何を伝えたいか分からない宗教関係の場面があった。知識不足かな?)

  • 3.0

    karinさん2021/05/30 17:21

    自分が無知であることを痛感させられた
    フランスの高校生はこんなに人種と宗教について殺伐としているのだろうか

  • 3.6

    RIKOさん2021/05/30 11:42

    生徒たちが徐々に真剣に取り組んでいく姿にほっこりします。

    内容としてはナチス政権アウシュヴィッツ収容所に関することを取り扱っているので、勉強にもなります。それぞれの若者(生徒)たちの捉え方や意見が変化していくところにも感動します。

  • 3.5

    エリンギさん2021/05/30 00:08

    ストーリーとしては、数ある学園もののありがちなストーリーだと思うけど、そんじゃそこらの学園ものとは程遠いメッセージ性の強さがすごかった!
    極端な話題は日本でも避けがれる傾向にあるし、実際扱うのはごくわずか。
    でも現実として、事実として過去の人間の過ちを繋いでいくことがいかに重要か、自分も日本人として、ひとりの人間として過去、現代の人間の過ちから目を背けて学ぼうとしない人間になるのではなく、少なからず自分の子供や後世にその過ちを二度と起こすことのないよう継承者となりたいと心から思った。

  • 3.1

    YUKIさん2021/05/29 11:05

    すぐにスタートするするからいいね
    無駄がない

    宗教とか信仰が世界とはちょっと違う感覚の日本人だから、信仰に対する気持ちとか怒りとか理解できないところがある

    みんな、なんか色々言いながら、出来ることからやり始めてて、自分の意見も持ち始めて…
    どんどん変わっていく姿が良かった

    知識もそうだけど、資料とか話も聞けて、特にお父さんとのエピソード、めちゃくちゃ泣けた…つらさはその人にしかわからないから泣いちゃいけないんだけどさ
    演技してる人たちも自然と泣いてる感じが伝わってきた
    もう少しこういう話が盛り込まれてたら、映画としてもっと重みのある作品だったと思う
    コンテストの結果がどうであれ、歴史と向き合ったという事実が大切

  • 4.1

    chanlyさん2021/05/19 22:55

    フランスのある一人の教師と彼女の受け持つ

    荒れた貧困層クラスの子供達との
    実話を描いた映画

    「奇跡の教室・受け継ぐ者達へ」
    を鑑賞

    アウシュビッツという難しいテーマでコンクールへの参加を促す先生に対し反発をしていた子供達だか

    アウシュビッツの生き証人を招く事で子供達に変化がおきる。

    そして子供達はコンクールへクラス全員一丸となり
    取り組んで行く。

    人種差別・宗教・戦争と今も世界で苦しむ人が多い。

    日本で生まれて育った私たちも

    このコロナ禍中何が大切で行動しないといけないのかを

    考えていきたい。

    一人の教師の情熱によって変わる

    素晴らしい実話だったなぁ。

  • 3.7

    Umiさん2021/05/16 21:53

    どんどん変わっていく生徒たち。なんとなくドラゴン桜と共通するところがあった気がします。大切なのは、事実を知ることだけに留まらず、そこで何を感じて、どう表現するのか、ということ。途中「だったら、どうして先に話し合わないの?」のシーンのゲゲン先生が印象的でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す