お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

棒の哀しみ 前編

G

神代辰巳監督、奥田瑛二、高島礼子で映画化された映画「棒の哀しみ」をリメイク

大村組の若頭・田中(加藤雅也)は組長から危険な仕事ばかり回され、命を狙われることも多く、怪我が絶えない日々だった。
ある日組長の大村(団時朗)に呼び出され、新しい組を作れと命令される。それは田中が跡目候補から外されたことを意味するが田中はそれを逆手に取り、ある策略を思いつく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2017-03-02 18:30:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

棒の哀しみ 前編の評価・レビュー

2.8
観た人
19
観たい人
46
  • 3.5

    nori007さん2017/10/02 20:57

    今の時代、こうしたアウトロー映画をやりにくくなってしまったところに、北方謙三作品を復活させてくれたのは喜ばしい限り。もちろんビックバジェットではないので様々な面には目をつむらないとならないけれど、長回しやコマ送りの工夫で映像的に補っているところが素晴らしい。特に井上奈々さんや竹崎綾華さんのブログを見ると並々ならぬ情熱と体当たりの演技でぶつかっている様子が伺えます。
    前編では主に3つのエピソードに分かれているけれど、若干間延びした感じがするので一つ目のエピソードはいらなかったのではと思う。本来は一本の映画であったため途中でばっさり終わる。なので前編だけを一本の映画と言いづらいのだけど本来の真価は後編へ。

  • −−

    Satoru1968さん2017/04/22 23:54

    若い頃、北方作品にハマり片っ端から読み漁った。期待して借りたが脚本、演出、撮影、全てが酷く原作に泥を塗るような作品。後編は見ず仕舞い。

  • 1.0

    心がホリッとねさん2016/11/26 23:28

    ストーリーと加藤雅也さん以外の全てに疑問を感じる映画でした。

    彩度低すぎて意識飛ぶかと思ったー🌞

  • 4.0

    閉鎖中さん2016/11/05 20:28

    「棒の哀しみ」という題名を何処かで聞いたことがあると思ったら、奥田瑛二さんの作品のリメイクだった。
    主演は加藤雅也さん・・・え、あの加藤雅也さん!
    いやはや、随分と人間の業を背負ったような外見になったものだ・・・これはいい意味でだよ。

    だってさ、10数年前に北野監督の「BROTHER」の時は外見がカッコ良すぎて米国の日本人社会を仕切るアウトローには見えなかったもの。

    それがこの「棒の哀しみ」ではヤバイぐらいに北方謙三的世界観にマッチしている!!

    内容はというと、田中(加藤雅也さん)というベテランの組織構成員の、暴力的な毎日を淡々と描くというもの。
    短編エピソードごとの構成で作品は展開していくのが、特徴的だ。

    前編は組織を構えるところまで。
    後編も楽しみだ。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る