お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

歌声にのった少年

G
  • 字幕

“歌声で世界を変える”戦地から歌手になる夢を叶えた実話に基づく、サクセス・ムービー!

戦地パレスチナ・ガザ地区で暮らす少年ムハンマド。彼の夢は“歌手になって世界を変える”こと。その夢を叶えるべく、姉ヌールと友達とでガラクタで作った楽器でのバンドを組み、街中で歌を披露していた。だが弟の声が最高だと信じる姉は遊びのような活動に不満を持ち、カイロのオペラ・ハウスに出るというほぼ不可能な目標を立て、教会での歌活動で得たお金で中古の楽器を手に入れる。日々練習を重ね、結婚式で歌を披露する程になり、人前で演奏する楽しさを知った中、姉が突然倒れてしまう。彼女は腎不全で腎臓移植する為の高額の医療費が用意出来ないと助からないと診断されたのだ。しかしムハンマドの願い叶わず姉は永遠の眠りについてしまう。そして時が過ぎ、青年となったムハンマドは姉と自分の夢を叶えるべく、オーディション番組に出る事を決意するが…。

詳細情報

原題
Ya Tayr El Tayer
作品公開日
2016-09-24
音声言語
アラビア語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-09-24
制作年
2015
制作国
パレスチナ
対応端末
公開開始日
2017-03-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

歌声にのった少年の評価・レビュー

3.6
観た人
1079
観たい人
1967
  • −−

    akubiさん2021/04/17 02:44

    彼のうたが、崩れ落ちた日常をやさしく撫でるようにあの空にひろがる。
    あの刹那、ひとびとは無意味な憎しみも忘れてたったひとつを願っていた。

    ハイスピードなストーリー展開と彼らしい力強くさびしげな画のアンバランスが、不思議な空気。まるでほんとうは希望なんかを画きたくなかったみたいに。
    あと、本人めっちゃイケメンやん。
    ってこと。

  • −−

    hinaさん2021/02/28 22:04

    ガザ地区の中でも恵まれてた人々が描かれていて終始うーむ…現実はこれより厳しいので泣いてしまう。
    作内中盤でオスロ合意を跨ぐけど、暮らしぶりが変わってないのがやはり悲しい。
    そろそろイスラエル側から描いたものを観ないとパレスチナに情が移りそう。。

  • 4.0

    ユーロさん2021/02/13 12:48

    パレスチナの映画で、ガザ地区出身のムハンマド・アッサーフが国を越えて歌手になる実話を基に映画化。亡くなった姉との約束を果たすべく、歌で世界を変えようとする主人公の姿を描いています。
    中盤からはエジプトのオーディション番組「アラブ・アイドル」に出演し、パレスチナを代表するスーパースターを目指します。
    バルーンやファヒムのような亡命映画かと思ったら割と普通の日常がよく描かれてました。途中からの落差がすごくて歌ってるところ聞くとめちゃくちゃ応援したくなります。

  • 3.7

    リネンさん2021/02/08 00:10

    パレスチナ映画!初めて観た。。面白い。

    パレスチナのガザ地区というところで生まれた少年が、文字通り歌で国を平和にするまでのお話。

    え!?ってところで本人映像流れたり、ちょっと不思議な構成ではあったけど楽しく観れた。

    前半の子供たち、途中で成長するけどあれって一年越しとかで撮影してるの…??同じ子達だよね。衝撃的な撮り方だ……

    大人になってからの主人公が少し感情移入しづらかったけど、実際歌がめちゃくちゃ上手いので説得力あったしラストではかなり感動した。

  • 3.8

    きなこさん2021/01/29 23:15

    ガザ地区に暮らす少年ムハンマド・アッサーフが、『スター歌手になって世界を変える』という夢を叶えるまでを描いた、実話ベースの物語。

    彼の勇姿を見ようと集まるガザ地区の人々、その熱狂が画面越しに伝わってくるようだった。

    ハニ・アブ・アサド監督の『パラダイスナウ』と『オマールの壁』は戦闘シーンが多いヘヴィな作品だったから、今作はガザの明るい面が観られてよかった。


    p.s.
    本物のムハンマド、めっちゃイケメン!笑
    Twitterのフォロワー320万人は強い

  • 4.0

    はるなさん2021/01/29 22:50

    パレスチナ・ガザ地区の少年が歌い手としての夢を掴むまでの物語。

    パレスチナの映画って重ための作品とか戦闘モノが多いイメージだったので、子供や若者の目線から見た日常モノというだけでも見る価値があった。

    ガザに住む人たちの抑圧や悲しみはもちろん、彼らが持つ夢や喜び、友情や愛情を感じられる作品でした。もちろん現状は厳しいと思うけれど、その中でこうやって希望を持って生きている人もいる、と実感を持って知れたことが嬉しい。

    歌のコンテストにでたムハンマドに記者が「パレスチナ出身者としての大義は!?」と問うのだけど、それに対する彼の返答「ただ僕たちの声を聞いてほしいだけ」が胸に刺さった。

    世界はまるで教室の縮図のようだな。いじめっ子がいていじめられっ子がいて傍観者がいる。見て見ぬふりをする人もいれば、そもそもいじめに気付いていない人もいるかも。

    パレスチナがいじめられっ子なのだとしたら、それを知らなかった私も、いじめに加担していることになるのかも。

    でも、ムハンマドの歌は、傍観者だった世界の目をパレスチナに向けることに成功したし、その道のりを再現した本作は、日本にいる私がパレスチナを知るきっかけを作ってくれた。

    芸術の力ってすごい。そう感じさせてくれる作品でした。

    エンターテインメントとしては少し物足りなさがあるものの、展開は自然だし途中でムハンマドにグッと感情移入するできごともあり(子供→大人時代に移行する直前)、最後までまあまあ飽きずに見れた。

    あちらで流行っている音楽は演歌っぽいのね〜。
    あと、音楽は宗教的にあまり良しとされてない?というのが不思議だった。
    俳優さんが意外にオシャレなお顔(窪塚洋介さん系?)でびっくりした。

  • 3.5

    Nyamathさん2020/11/13 16:51

    オープニングでガキンチョ4人が迷路の様なガザ街区を駆け抜けるシーンなど 日頃中々見れないアラブ文化を散見するのよろし 少年時代のムハンマド&姉はぐっと心に刺さるども 青年時代のムハンマドはちとシックリこないなぁ 入管でコーランを謳って入国しちまうやら お約束のハピエド結末など突込み処も満載でいいだけんど あえて政治&宗教色が希薄ってとこ アラーの神なら如何に思うだろか

  • 3.5

    垂れ眉パンダさん2020/10/26 10:18

    パレスチナ・ガザ地区

    映画の所々にガザの様子が映っていることが、とても印象的

    ガザで撮ることに意味があると語る監督
    残念ながら、ガザでの撮影は叶わなかったが、ガザの子どもを役に使っている。


    これは、ただのお涙頂戴映画ではない。
    実在するガザ出身のスターを通し、ただただ真実に忠実に映画を届けたかったのだと思う。

    私にとっては、初めてのパレスチナの映画だったので、大事にしたい作品のひとつになった。

  • 4.0

    かぜさん2020/09/10 13:51

    だいぶ昔にWOWOWで録画したものを今更ながら鑑賞。

    実話に基づく映画。
    パレスチナのガザ地区の少年が歌で成功することを夢見る物語。

    貧しいながらも幸せのある生活を感じられ、精神的な幸福って大切だなと感じた。
    もちろん身体的な幸福、健康も大切だけど心の幸福って大事だなと。

    町ぐるみで祝福する姿も素敵だった。

  • 3.1

    takeさん2020/08/21 10:25

    少年時代の映像が瑞々しい。子役の少女が活き活きとしています。

    検問所を通過するシーンが印象的。
    立場は違っても、より上位の共通の真理があるということか。

    ハニ・アブ・アサド監督。前作「オマールの壁」もオススメ。
    占領下のパレスチナの恋と友情と、権力との戦いを描いた名作です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す