お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

お父さんと伊藤さん

G

私、彼氏、お父さん。今日から三人で暮らすことになりました

お父さんは、ボストンバックと謎の小さな箱を持って彩たちの家に突然やってきた。
とんかつにかけるソースをめぐり激論を交わす夕食。うすい壁一枚で仕切られた隣の部屋にいるお父さんの存在にあたふたする夜。お父さんと伊藤さんの間に不思議な友情が芽生えていく。爆弾のように激しい性格のお父さんは、彩たちの穏やかだった日常を一変させてしまう。
それでも毎日のちょっぴりおかしなハプニングを経て、3人がひとつの家族のようになりかけた矢先・・・
「しばらくでかける」と置き手紙一枚で行方不明に。
すれちがう3人の心が通じ合う日は、果たして訪れるのかー?

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-04-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

お父さんと伊藤さんの評価・レビュー

3.6
観た人
3532
観たい人
3781
  • 4.2

    dandelionさん2020/08/06 16:12

    よかったなあ、ホームセンターのとこで泣いちゃった。なんか、これ、わたしにはしみたし、もっと早く見たかったなとおもったね。

  • −−

    シネマンションさん2020/08/03 17:59

    YouTubeチャンネル「シネマンション」で感想動画をアップ!

    ▼出演者
    映画好きグラドル:RaMu
    映画好き芸人:あんこ・ジャガモンド斉藤
    女子高生YouTuber はやめい ちゃん(当時)

    https://www.youtube.com/watch?v=8D77A_QxEc8

    #シネマンション

  • 3.6

    よるこさん2020/07/15 23:32

    54歳の給食のおじさん・伊藤さんと同棲している書店アルバイトの彩の下に、元小学校教師でちょっと気難しいお父さんが突然やってくる。
    始終小言ばかりの父に、義理の姉・リリコは顔を見た途端吐くくらいまいってしまっていた。
    食事や伊藤さんのことや価値観の違いでキーッとなる彩。しかも昼間はいつもどこかへ出かけている。でもなんだか伊藤さんとはすこし仲良し?

    不思議な空気感のリリーフランキーとちょっと変な空気感のお父さん、お父さんにちょっと似ている彩の不思議な生活。
    お父さんが後生大事にしている箱の中身は万引きした安いスプーン。
    雷の火事に舞う光景だけちょっとCG入ってる謎だけど、綺麗な光景だった。しかし、なぜスプーンなのかはわからない。
    そして、「中濃ソースは野蛮人、文明人ならウースター」「柿はわざわざ買うものじゃない。金の無駄。もげばいい」など、お父さん、マジ?真剣に言ってるの?とつっこみたくなる不可解なセリフが印象的だった。
    お父さんの口調も絶妙。萌えるほど可愛くはないけど、なんかひっかかる。

  • −−

    LeoLionnaさん2020/06/24 17:07


    背中で語れる男、藤竜也。
    最後の笑顔とその後のあっと思い立ってしかめっ面をする

    おれは逃げないから、一緒に暮らそうよ、てことなんかな

  • 3.8

    のぶさん2020/06/03 01:05

    上野樹里の主演ということで観てみました。思った以上に面白かったし、考えさせられるね。ただスプーンのところ必要?

  • 3.3

    一さん2020/06/02 20:35

    『ふがいない僕は空を見た』『ロマンスドール』のタナダユキ監督作品

    30代の女性と20歳上の50代の恋人、そして突如現れた彼女の父親との共同生活を描く

    本作もタナダユキ監督の持つ良い空気感や自然体な雰囲気が色濃く出ています

    単なる年の差カップルの映画かと思いきや、人との向き合い方や高齢化社会で誰もが直面する問題をテーマにしていながら、ユーモラスに描かれているので説教臭くもならず温かく素敵な脚本

    口うるさい親父との生活の中で、伊藤さんの只者ではない部分がちらほら見え始めつつ、徐々に信頼を得ていく様が良く出来ていると思いました

    自分本位な親父が、最後の最後で自分のとるべき道を考えて行動に移した爽やかなラストに痺れる😭🔥

    藤竜也の絶妙に嫌な親父感も凄くハマってたし、リリーフランキーの優しさの裏にある影をチラリとみせつつも、ほのぼのとした役どころを完璧にこなしています

    自然な会話もクスッと笑える日常系のほっこり映画
    リリーフランキーの天才っぷりをまざまざと見せつけられた…👏🏻

    2020 自宅鑑賞 No.281 U-NEXT

  • 3.2

    piaympiさん2020/05/26 17:02

    上野樹里は「普通の人」の役がとても似合うなあ
    あやさん、今もどこかに生きていそうだな
    「逃げないから」っていう伊藤さんのセリフもよかった
    きっと何気ない言葉だけど、あやさんにとってそんな一言が背中を押すきっかけだったんだな
    あとあやさんの、伊藤さんに対する考え方がよかった
    自分と付き合う前の伊藤さんのことは知らないし聞かない。
    その前になにがあろうが、今ここにいる伊藤さんが伊藤さん。
    そんなふうに「今」を生きてみたいなあ〜

    エンディングのユニコーンがとっても染みた〜

    でもスプーンは謎🤔

  • 3.5

    スチールラグさん2020/05/22 21:31

    「はあ!?」
    怪訝そうな表情をする上野樹里が秀逸。
    「困った人たちだなあ」
    微かに笑みを浮かべるリリー・フランキーがとても作家とは思えない。

    コメディータッチだけど意外とテーマは重い。
    親と子の確執。
    介護問題。
    老人の孤独。
    夫婦関係。
    しかも、どれも普遍的。
    僕も経験したし、その渦中にもある。

    みんなの間を"伊藤さん"がふわふわと浮かび、
    いつの間にか歯車を回していく。
    でも、彼が何かを指し示すわけではない。
    ただ、彩の背中をそっと押してくれる。

    「僕は逃げないから」
    その言葉に励まされ、走り出す彩。
    それが正しいかどうかは分からない。
    でも、アパートの前で彩の後ろ姿をずっと見守っている
    "伊藤さん"がいる気がする。

    自分の側にずっといてくれる何か、
    それさえ信じることができれば一歩踏み出せる。
    そう思わせる希望の物語。


    今日は金曜日。
    僕のような一般人でもストレス溜まっているのだから、 
    医療や介護の現場の方々の疲労の蓄積は察するに余りあります。
    どうか、ご無理されないように。お気をつけて。
    今週も、大変な中、頑張って頂いている全ての方々に、
    感謝と尊敬の気持ちを込めて拍手を送ります👏👏👏
    映画館に行ける日が戻って来ますように🙏

  • 3.6

    室園元さん2020/05/17 17:18

    ホームセンターでの伊藤さんとおとうさんの様な会話をずうっとしていたいな。最近あの様な会話、していないな。
    兄嫁さんの姿に既視感有り、おとうさんの姿に既視感有り、上野樹里の姿に既視感有り、沢山の既視感よ。
    伊藤さん、最初もっとうだつの上がらない人かと思ったのにどんどん出来る人になってん。コンビニバイトしてた伊藤さんと、給食センターでバイトしてる伊藤さん別人じゃないかしら

  • 3.2

    おはぎさん2020/05/09 16:59

    伊藤さんが聖人すぎる。
    とりあえず老人はホームセンターや園芸売り場見せておけば喜ぶところとか、老人あるあるが面白かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る