お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

フェンス

G
  • 吹替
  • 字幕

本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞したヴィオラ・デイヴィスとデンゼル・ワシントンが、ピュリツァー賞作家オーガスト・ウィルソンの戯曲を映画化。

人を閉め出すためにフェンスを作る人がいれば、人を出さないように作る人もいる。本作は1950年代のピッツバーグを舞台に、元ニグロリーグの野球選手トロイ・マクソン(ワシントン)が、まだ差別の厳しい社会の中で愛する人たちを養おうと懸命に闘う姿を追う。主演のワシントンが監督も担い、人々がそれぞれのフェンスの外に何があろうと屈せず、愛と許しと幸せという普遍的な真実を追う様子を生き生きと描く。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

フェンスの評価・レビュー

3.3
観た人
2445
観たい人
2740
  • 1.0

    あみだくじさん2022/01/17 19:49

     デンゼル・ワシントンが出演してるということだけで鑑賞。凄くいい人やヒーロー的なイメージがあったデンゼル・ワシントンだったけど、この作品では凄いクズな人間を演じててびっくり。一体どこまで俺様なんだよ。本当に言ってることが私の元旦那にそっくりで、特に息子に向かって俺の言うことを聞かなければ家から出て行けシーンは思い出してしまったくらい。
     最後の最後、息子が一回でいいからノーと言いたい、というシーンには共感した。母親はそれを聞かなかったけど、私だったら出なくていいよ、というな。

  • 2.0

    DamKeeperさん2022/01/03 08:23

    頑固オヤジの話ですよね。
    アカデミーノミネートされて劇場未公開だったのでレンタルで観た。
    どう思ったかは覚えてない。

  • −−

    Tanoさん2022/01/01 19:56

    2021/12/31 Netflixで鑑賞

    元が劇なだけに、ちょっとしんどかったです。。。

    主人公の父親には全く共感できない。。。

  • 3.6

    ノクタンさん2021/12/31 23:49

    2021年ラスト鑑賞は心暖まる1作を、ということで心暖まりそうなこちら。
    結果はまあ心暖まるって感じではなかったけど(笑)、グッとくる良いお話でした。

    監督も務めてるだけあって、デンゼルの気合い十分な熱演ももちろん良かったんですが、もうとにかくヴィオラ・デイヴィスの演技が圧巻の一言に尽きますねこれは。まさに「清濁合わせ呑む」ような、複雑な感情を熱く繊細に演じています。

    主演2人の素晴らしい演技の応酬から、人間という生き物の難しさと面白さを見ることができる作品だったと思います。

  • −−

    maiさん2021/12/31 04:22

    舞台を観ている感覚の、耳で聴いていてもスッと入ってくる構成。
    フェンスを具体表現として使ったり比喩表現として使ったり、すごいテーマがわかりやすくて面白かった

  • 3.6

    るいすんさん2021/12/29 23:55

    典型的頑固親父の思想と家族に対する態度に終始辛くなったが、彼もまた親に苦しめられて育ったのだと思うとなんとも難しい問題だなと思った。ただ家族を養うために夢を捨てた。その選択はすごい素敵だと思うのだが、黒人は成功できないという考えに束縛され、未来を生きる我が子の夢すらも奪う親父の姿には共感できなかった。そして何と言っても奥さんが逞しい。あんな頑固親父を最後の最後まで愛し続けた彼女。けどそんな彼女にも家族を持ちたい愛し合える居場所が欲しいという夢があった事を知り、ただ生きることに感謝しなくてはならないなと改めて思わされた。
    家族のことや愛のこと、夢のこといろんなことを学べる映画なのだが、場面展開がほとんどないため退屈な映画でもあった。

  • 3.0

    みゆさん2021/12/28 22:21

    2021.12.28(304)
    Netflix・字幕


    今月でNetflixから外れてしまうよシリーズ!

    デンゼル・ワシントン大好きだけど、何となく後回しにしてきた作品。

    いやー酷い。悪い意味での昭和の頑固親父。良いところが全く無い。そうなってしまった背景は理解出来るけれど、だからと言って主人公に同情する気になれない。

    で、酷いよね、酷いよねって話は進んでいくのに、最後の最後に良い感じに終わらせていて「そりゃないだろー!」と呆れてしまった。

    ごめんねデンゼル。デンゼルの大ファンだけど、今作はちょっと納得いかなかったよ。。。

    ヴィオラ・デイヴィス演じるローズのセリフが(最後以外)ことごとく正論で説得力があって「意義無し!」って思った。

  • 5.0

    やみこさん2021/12/26 19:23


    黒人差別の為プロ野球選手になれなかった男とその家族の苦悩と葛藤に満ちた人生をほぼ家の中と庭だけで描いた愛憎渦巻くセリフ劇

    信心深く愛情深く忍耐強くよく尽くす最高の妻と、過去の栄光に縋り付き子供の夢を打ち砕く浮気性の最低な夫という対比が見事。
    庭での長セリフシーンは何度も見たくなるほど妻役のヴィオラ デイビスに感情移入してしまった。

    傑作

    ネトフリ12月31日に配信終了するのがもったいない🐱

  • 3.4

    gyomjさん2021/12/23 23:21

    胸糞過ぎるのは脚本であって、演技が上手いことによる。なのは分かっているけどそれを踏まえても最低で最悪。観ない方がいい。それでも、裏庭でのやり取りは全て観るべき価値のある、俳優等の素晴らしい演技だった。苦しくなった。ふぅ

  • 1.0

    torakoaさん2021/12/22 19:52

    もとは古い舞台劇、会話劇なんだろうけど、一方的な台詞ばかりで台詞の応酬の面白さみたいなのはない。会話劇としても話としてもネタ的にも全く面白くないのだが、何故映画化しようと思ったのか不思議でならない。イライラ、ムカムカするだけの話。ジャケット詐欺。

    息子から見たら毒親でしかない気がするので、そういうのがダメな方、親子関係などでトラウマがある方はやめといたほうがいいと思う。傷口をほじくられて塩塗りたくられる気分になるかもしれない。

    主人公(多分)がとにかくよく喋る。面白くもないことをさも面白いネタとして得意気にダラダラくどくど喋りまくる、アメリカ作品でよく見かける感じのあれ。モブキャラの場合、主人公に煩がられあしらわれて逆ギレしたりするようなタイプの。
    口が達者というよりは人に口を挟む隙を与えず自分の好きなように喋り続けるだけ。持論?の矛盾や綻びがある。戦時に脳を損傷しファンタジックな話ばかりしている弟もこの点は似ている。この兄弟、人の話聞く気がない。自分が喋る気持ち良さにしか興味なさそう。

    人のことは些細なことにも文句を垂れ、息子を責め立て、自分のことなら些細でないことすら悪びれもせず開き直る独善的勘違いクソ野郎主人公。
    ゴミを回収する仕事をしていて、黒人は収集車を運転するほうの業務に就けないのは差別だ俺をドライバーにしろと訴えて採用されるが無免許だったってあたりで物凄い憤りを感じた。アメリカンはこういうの笑い話として通用するっぽいし、車通り少ない公道で全く予備知識ない人に無免許運転させて運転教える場面よく見かけたりもするので、免許取得の流れやそもそもの感覚も時代も異なるんだろうからしょうがないのかなーと思いはすれど、黒人の印象がマイナス方向になってしまう話だなと思った。車や重機等の運転に関して軽薄な感覚でいる人が嫌いなので。

    かつて支配的なクソ親父に憤り反発したはずの少年が、そのクソ親父と大差なさそうな支配的クソ親父として君臨し、妻子を傷つけ悪びれもせず反省も成長もしない話。
    フェンスを象徴的、暗喩的に使おうとしているのはわかるんだが、成功していないと思う。だから何だよ?って感じ。

    奨学生として大学入れるなら大学までの約束でアメフトやらせてあげてもいいだろうに、どんなに上手くてもどうせ黒人は選ばれないとかいうアップデートされないまままの“常識”や慣例に囚われ、息子相手にマウンティングして社会への苛立ちや不満を発散し、時代の流れや大局なんてのは見ない。小せえ野郎だなと思ってたら終盤に「偉大」とか言われてて、何言ってんだこの人達?全っ然わからんわ!ってなった。日本語だと誇大表現めいてしまうだけでもっとあっさりした意味合いなんだろうか。

    本当に何でこんなもん映画にしようと思ったのかさっぱりわからない。男はこうあるべき、父親はこうあるべきといった呪縛から逃れられない話、とするにはこうあるべき男から逸脱してるしなー。
    デンゼル・ワシントンをもってしても好感を持ち得ないクソ野郎主人公。
    服を着せ飯を食わせ家に住まわせ学校に行かせてやってるのはお前が好きだからじゃない、俺の息子だからだ、義務だからだ、みたいな発言には殺意を覚えた。

    だいぶ前にTSUTAYAの多分作品限定ポイントで視聴権(?)貰ってたやつで、1月1日で配信終了になるらしいので観てみたが、映画や物語に対して私が求めるものが何もない作品だった。出演者によっぽど興味がある人以外は観なくていいと思う。コンディションいい時でないと多分寝落ちする。二回ほど寝落ちした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました