お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

イップ・マン 最終章

G
  • 字幕

イップマン、遂に最終章!伝説の武術家イップ・マンの知られざる晩年が描かれた、ファン待望の終極一戦。

1949年、日本軍に家を接収され、生活に困窮した葉問(アンソニー・ウォン)は愛する妻と息子と離れ単身、香港へ渡る。彼は労働組合の屋上に間借りし、そこで庶民に詠春拳を教えていた。香港から愛妻ウィンセン(アニタ・ユン)が訪れ、幸せな時間を過ごしていたが、それも長くは続かなかった。中国と香港が国境管制を実施し、愛妻と会える機会が無くなってしまったのだ。彼女の死に立ち会えなかった葉問は精神を病み、途方に暮れていたが、以前より惹かれていた歌手ジェニーにウェンセンの面影が重なり親密になっていく。その頃アジア最大んもスラム街・九龍城のボスが開く闇試合のファイトマネーで生活苦から逃れようとした弟子を助けるため、葉問は他の弟子と共に乗り込むが―。

詳細情報

原題
IpMan The Final Figft
関連情報
アクション監督:チェックリー・シン,ニッキー・リー
音声言語
広東語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
香港
対応端末
公開開始日
2017-04-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

イップ・マン 最終章の評価・レビュー

3.3
観た人
784
観たい人
408
  • 3.6

    スティーブン豆腐さん2021/04/15 00:51

    アンソニー・ウォン主演、所謂「じゃない方」のイップ・マンだがこちらも良作だった。

    話の展開も基本的にドニー版と一緒。
    他流派の師匠との手合わせがあって、周囲の人間(今回は弟子)のトラブルを尻拭いするかたちでラストバトル。
    イップ師匠自身のアクションは少なめだが、アンソニー・ウォンは思っていたより全然動けるので、意外と見応えアリ。

  • 1.1

    kaoruさん2021/03/27 22:19

    やべーよ
    星ないくらいやばい

    びっくりするくらい

    多分お金なくなって作ったんだな

    描写は
    負けた日本とか中国そのもの

    第一部からうまいよね

  • 3.0

    すぽんじさん2021/02/20 04:19

    【イップマン】詠春拳VSかぎ爪【あばれる君】

    あれ〜、、なんか思ってたんと違う感…!
    イップマンがいきなり洋風顔に…!
    しかもこの俳優さん私の中で悪モンのイメージ…w

    顔じゅうに引っ掻き傷のあるあばれる君みたいな敵、かぎ爪付けて戦うんかい…さてはその傷自分で付けたな…w

    イップマンのファンみたいな水商売の女性の眉毛の書き方が独特…!跳ね上げアイラインと平行になるように書くんだ…流行りかな?
    にしてもアヘン呑ますなよ…!笑
    ここら辺は『イップマン外伝 マスターX』と背景かぶるな…

    しかし九龍城でてきてテンション上がった!
    前にテレビで見て凄いインパクト放ってたから。
    あとは獅子舞みたいな龍のアクティビティ、誰がどう見ても危ないw

    2020/07/29TSUTAYA TV*字幕

  • 3.0

    猫を愛すルンバさん2021/02/14 13:18

    ドニーイェンで慣れちゃってるから、ふむふむというかんじ。いい年なのに弟子のトラブルに巻き込まれてかわいそう。

  • 4.0

    ディオさん2021/02/11 11:47

    遂に最終章になってしまいました。

    最近イップ師匠のファンになったばかりなので、残念です😅

    番外編を探します。

  • 3.8

    餃子夫人さん2021/02/11 07:07

    私はイップ・マン完結と最終章を間違えました!
    完結は上映中(´._.`)シュン...
    でも晩年のイップ・マンをアンソニー・ウォンの落ち着いた所作や渋みが生きている映画です。
    弟子や息子目線の作品になっており、やはり面白かったでね。
    冷静沈着、物事の先を読める人は尊敬ですよね。
    あの美しい奥様に愛が溢れて、離れても繋がったいる…でも最後は看取れなかった。その代わり、ある女性と親しくなるが決して妻の代わりでは無く彼女の寂しさを癒す為だった。
    どこまで自分に厳しく他人にも厳しいが優しい。慕われ方は稀に見る存在だろう。
    ブルース・リーが顔無しで出ますが、そこもちょっと面白いですよ。

    最後は自分の拳を息子にも撮影させる。
    そのフィルムも観られる。
    この映画も堪能出来ました!!

  • 3.2

    アイアンマンさん2021/02/07 09:58

    ブルース・リーの師匠
    ==== イップ・マン ===

    ドニー・イェン版に魅了され
    シリーズを観続け「完結」で
    レビューを書き終わったけど
    今だに“イップ・マンロス”😢


    と言う訳で、イップ・マンの人物像をもう少し深堀りしてみたくなり、今作を鑑賞。1949年から、イップ・マンの晩年に至るまでを描いた伝記映画。映画で使われる香港の街並みのセットは、当時の風景を忠実に作られた大規模なものらしい。



    「武術をケンカにつかうな」
    「暴力で人を抑えるものではない」
    「武術家に大事なのは人徳だ」
                イップ・マン


    比較してはいけないと思って観てても格闘シーンやストーリーのテンポは平凡なカンフー映画に仕上がって、やっぱりドニー・イェンというカリスマ性を備えた魅力ある俳優が演じるイップ・マンに軍配が上がってしまう。勿論、川井憲次のあの音楽が聞けないのもかなり寂しく、今ひとつ盛り上がりにも欠ける。

    でも、イップ・マンのヒーロー的な人物像がドニー・イェン版だとしたら、こちらは歴史に残る格闘家を柱として、それぞれの立場の弟子たちにまでスポットをあててある作り方は、観て良かったと思わせる面もあるので🙆‍♂かな☺️

  • 3.3

    FATMAX夜食のデブロードさん2020/12/13 21:16

    「コレはドニーのシリーズとは関係ねぇパターンだな!?」
    という予想は見事に当たったのだが、じゃあドニー完結編の為にアセって観る必要はない……のにも関わらず勢いで観てしまった理由は2つ。

    1つは『Netflixにあったから』。

    もう1つは、ジョン・ウー流れのノワール作品以外、香港映画に詳しくないワシでも

    『アンソニー・ウォンを知っていたから』

    である。


    ええ、知ってます。



    実写版【頭文字D】で藤原とうふ店の父ちゃん演じてた人ですよね?




    …ただ今、『ソコは話の流れで【ハードボイルド/新 男たちの挽歌】じゃねぇのかよ!?』というツッコミ待ちをしております。





    ……え〜、本題に入りましょう。

    まぁそんなこんなで確かに"ついで"っちゃついでに観たのは確かなのだが、

    『 …わりと良いじゃない。』

    って感想ですわ。

    基本的に晩年のイップ・マンを描く作品。
    ドニー版とは直接関係ナシ。
    しかし演出や舞台、一部展開に似てる所もあるのでソコもまた興味が湧いたり。

    基本的には人間ドラマ強めで地味だが、観た印象としてはコチラの方が真実に近い雰囲気を感じる。
    (実際のところ調べてはいないので知らんのだけど、そういう風に見える作りだ)

    ある意味仙人級なドニーイップと違い、アンソニーイップは少し人間味があったりする(晩年ゆえにソレがまた良い)。


    ぶっちゃけ言えばドニー版を観た後なので色々と感じながら観る事が出来たが、コレをいきなり観たら多分地味だろうとは思う。

    カンフームービーとして観た場合も格闘満載ではないので、やはりコチラは史実に基づく伝記がメインの映画として挑んだ方が良い。


    しかしこういう路線のイップ・マンがあるお陰でドニー版では何気なく演出されていたシーンが補完される事もあり、言うなら

    〈教科書と参考書みたいな関係〉

    になったりするという面白さがある。


    カンフー少なめとは言ったが無いワケではない。

    要所要所でアクションはあるしガッツリとした悪役も居るので、クライマックスにはしっかりと熱いカンフーバトルはある。

    しっかりと年齢重ねてなお"強い師匠"って感じであった。
    (いや、ドニー版はもうアレ宇宙最強だからw)


    トータル、地味は地味だが個人的には結構良かった。


    これからはアンソニー・ウォンと言えば

    【頭文字 I (イニシャル-アイ)】

    と呼ぶ事にします!
    (もうコレは完全に通じない)


    最後に流れる実際の映像でとても良いモノを見れた気持ちになれた。
    コレのおかげで、後に観たドニー版最終作では

    「おぉぉっ!コレはまた心憎いアレンジしやがるぜ!!」

    ってなれましたよw

  • 3.0

    KUJIRA29さん2020/12/11 11:53

    ドニー・イェンの三部作を観てからのこちら。別物として見た方が良いかな。

    史実により忠実なのはこちらの方で、三部作の方は大分美化しているハリウッド映画的なところが多いのに比べ、より人間味があり、イップ・マンの人柄をよりリアルに表現しようとしたんだろうな、というのが伝わってくる。

    彼の香港での晩年についてのストーリーなので、あまり前情報無しに観た方が良いかもしれないが、本当に晩年のストーリーなので、個人的には三部作を観てからで良かったなーと。

    この後、デニス・トー版のイップ・マン誕生、を観るかどうか… 幼年期~青年期は単純に気になるが(´-ω-`)

  • 3.6

    おざわさんさん2020/12/05 09:58

    先にドニー・イェン版を見てしまったけど、同じようなシーンでもシチュエーションが違っていたりして、こちら側が本当の姿なのかな?
    確かに盛り上がりはアチラの方があって見映えはするかも。
    他にもいくつかバージョンがあるみたいなので、ついでに見てみようっと。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す