お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

君の名は。

G

まだ会ったことのない君を、探している

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢、明らかに抜け落ちている記憶と時間。二人はお互いが入れ替わっていることに気付く。いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-05-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

君の名は。の評価・レビュー

3.8
観た人
267642
観たい人
60756
  • 4.0

    映画好きか嫌いかさん2020/06/04 07:44

    甥っ子姪っ子に勧められて、でも映画館に行くのはどうなんだろうと気になっていたら機内でやっていてラッキー!!

    ビール片手に観ました。これから旅行と言う高揚感が重なり前のめりに観た事を覚えいます。

    アニメの枠を超えてしまった映像と音楽が鮮やかでした!

  • 4.0

    ひつじ隊長さん2020/06/03 17:28

    日本で一大ブームを築いたのも納得。

    なにより作画が美しくて、映像美もさる事ながらRADWIMPSの音楽ともとても調和しています。

    ストーリーも一般受けしやすい要素を詰め込んで綺麗にまとめられていますね。

  • 4.0

    genarowlandsさん2020/06/03 15:26

    ダイナミックなファンタジーでとても面白かったです。最後の方はまとまり過ぎ感あり、できれば、物語がループになっていたら尚一層面白い気がしました。

    『天気の子』から初めて新海監督の作品を観始めていますが、絵の精緻さは、この作品位までに留めておけばいいのに、と感じました。映画って私は描写を写実的に描くと、かえって焦点が曖昧になるように思えます。写実性を求めるなら、実写のドキュメンタリーがベスト。

  • 4.4

    ちさん2020/06/03 14:42

    当時RAD目当てで観に行ったけど、思いのほかよかった。少し内容が複雑だけど、見終わった後に友達と話し合うのが楽しかった。

  • 3.8

    DMATさん2020/06/03 11:02

    日本アニメ映画の金字塔。
    とんでもない興行成績を打ち出した理由も分かる。

    まず映像がとんでもなく美しい。
    そして可愛らしい。この絵だからこそ嫌味がない。おそらくこれを日本であろうが、大金掛けられるハリウッドであろうが、実写でやると目も当てられないほど気持ち悪くなってしまうだろうし、バカバカしく荒唐無稽感が加速してしまうだろう。

    そして様々な盛り上がるエンターテインメント要素のつるべ打ち。
    まるでテーマパークである。
    よくもまぁこれだけの要素を詰め込んで100数分にまとめこんだなと。
    内容の好みはともかく、その点でも本当に感心せざるを得ない。
    ただ鶏が先か卵が先かみたいなことなのだが、要素を詰め込みすぎたが故に話にアラが生まれているのか、アラが多いが要素が多いおかげでそれが隠されて気にならなくなっているのか。
    よくよく考えると割と雑な設定や描写が気になる。
    しかし初見ではスピーディな展開からあまりそれが気にならないあたりも上手い。

    RADWIMPSの宣伝としてもこれ以上ないほどに音楽の使い方も良い。

    アニメもRADWIMPSも進んで観たり聴く方ではないが楽しめた。

  • 5.0

    さとうきびきびさん2020/06/03 00:54

    綺麗で荒く、切ない感じがしました。
    とか言いつつも、たくさん考えながら、話の内容にやっと追いついていく感じで観ていたので、少し大変でした笑
    挿入BGMが全てグッドでした。
    さすがRADWIMPS。

  • 4.5

    sakanakomajinさん2020/06/02 23:31

    黄昏時、誰そ彼について、男女が入れ替わることについて、時間が行ったり来たりすることについて、組紐や伝統について、都会と地方について、住んでいる場所が消滅してしまうことについて、恋愛について、訴えかけてきたね。

  • 4.5

    うしさん2020/06/02 22:07

    やっぱ映像がすごい綺麗だなあって

    糸守町ちゃんと調べて行こうとしてたの懐かしい

    星見に行きたくなる映画。

    久々に映画館で見た
    映画館で見る映画はやっぱ好き

  • 3.3

    せきたさん2020/06/02 22:01

    公開当時、
    「感動する!観た方が良い!」
    「ただのクソ長いRADのMV」
    と正反対の意見を聞いていました。
    どちらの意見も自分の中で風化してからでないと先入観なくこの映画を観られないと思い、今更になってしまいますが初観賞。


    【良い点】
    作画が相変わらず綺麗。東京の街並みから田舎町の湖まで全てが美しく、どこまでがCGなのか見分けがつかないほど鮮やかでした。
    少しだけですがまた雨の描写が見られて幸せです。
    どのシーンを切り取っても絵になりますね(絵なんだけど)。

    夢でも現実でも、何かを忘れてしまって思い出せない時の違和感は誰しも経験があると思います。
    大事なことだったら尚のこと。
    そう言った共感できる点の支えもあって入れ替わりという特殊な設定が活きていました。

    また作画の話に戻りますが、この”何かを思い出した時”のキャラクターの瞳の描写に心打たれる事が多かったです。
    キラっキラ。

    私はアニメーションに疎く、普段から実写ばかり観ているのですがハッとしたときの瞳の表現は実写にはあまり無い優れた点だと思います。
    急に泣くなよ...泣いちゃうだろ...

    入れ替わりが発覚するまでの導入部分、その分かりやすさやリズムも良いです。
    軽快な音楽も相まって期待感が続きます。

    端役の家族や友人たちも皆生き生きとしていて、それぞれに性格があり、またキチンと役割を担わせておく細やかな脚本も◎

    声優陣も違和感なく、この点においても最初から最後まで映画から気持ちが離れず観る事ができました。
    それどころか、泣かされました。
    婆ちゃんを背負って歩くだけのシーンでじんわり。

    雪野先生が元気そうでひと安心。


    【残念だった点】
    嘘で同調、称賛するのは簡単ですが、矜恃に反するのでこの辺りもはっきり書いていこうと思います。
    この作品の全てが好きだという方を批判している訳ではないのでご了承ください。ただの好みの話です。


    人物の感情を説明するナレーションや独り言が多いと感じました。映像作品での内面の表現は映像でしてほしい。せめて主力は映像であってほしい。

    登場人物の思考に思いを巡らせる余白があると、ただ傍観するだけではなく物語に入り込めるように思います。
    宮崎駿作品に例えるならカリオストロ城を眺めながら昔を懐かしむルパンや、ラジオを聴きながら物憂げに空を眺めるキキなど。

    説明するだけのナレーションで言われたままを受け入れるのではなく、自分で考える、または感じるからこその良さというものがあります。
    アニメーションが繊細で綺麗なので勿体ないかなと。


    挿入歌が時折邪魔です。
    この映画で使われるRADWIMPSの曲は全て歌詞を見ながら聴いてみましたが、好きだと感じる曲が多かったです。
    ただ、歌には歌詞があり、歌詞には意味があります。劇中ではタイミング的に人物のセリフと被る事も多く、それらの意味がぶつかって映像での感動を削がれる形になってしまい、こちらも勿体ないと感じました。

    特に後半、ここが感動するポイントですよ!と押し付けられるかの様な感覚に陥りました。
    作り手の工夫や熱意を感じる創作物は映画に限らず好きですが、
    人にどう見られるかを意識(当然と言えば当然ですが)し過ぎかなと感じます。
    そんなに押し付けなくても人は心を動かされると思ってますし、誰かを思い、共感し、涙を流せます。

    同じ歌詞付きの楽曲の使い方でも、前作「言の葉の庭」のエンディングシーンにおける「Rain」のような、人物の感情表現をそっと支える補助的な手法が好みです。

    【まとめ】
    ここまで言いたい放題書き殴ってきましたが、総じてみると鑑賞を迷っている人にはオススメできる作品です。

    洋画ならメメントやエターナルサンシャイン、バタフライエフェクト辺りが好きな方には強くオススメできます。

    よくある日常の切り取り方、視覚的に感動できる人物や風景の描写、導入部の分かりやすさ、静かでこれからを期待させるエンディング、全て素晴らしいと思うので迷っている方は是非!

  • 3.6

    ねまるさん2020/06/02 20:05

    レビュー漏れ

    公開当時、映画館にて。
    同行者が公開前から気にしていて、一緒に観に行った時はこんなにブームになるとは思わなかったなぁ。

    今もそうだけど、アニメが苦手で。
    でも、この作品はとにかく映像が綺麗で、
    RADWIMPSの音楽が素敵で、
    ストーリーというよりその2点が印象的だったように記憶している。

    『君の名は。』のストーリーに内在しているのは、人々が災害とどう向き合うかというテーマであって、
    過去のものとして忘れていってしまうことに対しての問いかけであり、
    ifの希望への1つのアンサーでもある。
    そんな風に考え始めたのはいつからだろうね。

    映画は時代を映す。
    2011年に起きた未曾有の災害は、
    2016年既にこの作品にも映されていた。

    同じ年の『シン・ゴジラ』もそう。

    今のこのコロナ禍を、
    無かったことにはできない疫病を、
    これからの映画はどう映していくのだろうか?

    希望の話でなくてもいい、
    そこに時代が写っていることが大切なんだと思う。
    そこに残されることが。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る