お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章

G

「若頭暗殺」、ここに完結。待ちわびるは悦びか、哀しみか――

山東連合会若宮組幹部・宇佐美眞(阿部亮平)。一匹狼にして喧嘩っ早いこの宇佐美にも、親のように慕う男、山東連合会若頭若宮組組長・若宮錦吾(布施博)がいた―。若宮もまた、「喧嘩の若宮」としてその強烈な極道っぷりで全国に名を馳せる男である。その若宮が、敵対する秀熊一家に暗殺される。
この暗殺劇は誰の仕業か―宇佐美は組の方針を省みず、舎弟の照井達利(北代高士)と共に復讐劇を巻き起こす。そして、裏で此度の暗殺劇を起こさせた黒幕、山東連合会若頭・京島恒美(木下ほうか)へとたどり着くが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

若頭暗殺史 修羅の男たち 第二章の評価・レビュー

3.1
観た人
9
観たい人
2

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る