お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

とうもろこしの島

G
  • 字幕

大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。

詳細情報

原題
Corn Island
公開終了日
2022-05-02 23:59:59
音声言語
アブハズ語/ジョージア語/ロシア語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
ジョージア/チェコ/フランス/ドイツ/カザフスタン/ハンガリー
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-05-31 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

とうもろこしの島の評価・レビュー

3.8
観た人
554
観たい人
1810
  • 3.6

    たーさんさん2020/05/31 17:45

    みかんの丘と同じ舞台で、川の中洲でとうもろこしを作る爺孫の話
    ほとんど会話はなく、爺孫は2回しか会話のシーンがないが仲が悪いようには見えない不思議
    少女に対して妙に不穏な流れだったからそうゆうオチかと思ってたが、思わぬ方向からの脅威だったから愕然とした
    上陸したところから観てるから最後のは本当に悲しい

  • 3.9

    Pashimoさん2020/05/27 22:02

    「コーカサス山脈から黒海へ注ぐエングリ川は
    毎年 春の奔流で土砂を運び 中洲を作る
    そして農家は水浸しの土地を捨て 土壌が肥沃な新しい中洲へ作る
    そこで春から秋にかけてとうもろこしを栽培し 長く厳しい冬を越す食糧にする」

    薄もやの中を進む船の舳先から映画は始まる。
    一人の老人が島の中洲に上陸し、土を確かめ、掘っ建て小屋を立ててとうもろこしを植える。
    近頃巷では自分好みに島を開拓するゲームが大流行しているが、この映画で描かれるのはもっと素朴で地道で生々しい、生活のための島の開拓だ。

    静かな映画だ。slow filmとの評を得ているらしい。劇中にセリフはほとんどなく、戦争や災害は特別な何かではなく、当たり前の「常態」として背景に厳然と存在する。しかしあくまで主体となるのは、それら戦争や自然災害にたいしてあまりにちっぽけな人間の生活それ自体だ。
    少女の女性性への目覚め、生と死などが誇張されることなく、とうもろこしの成長に象徴される季節の移ろいと共に淡々と映される。

    http://www.kinokultura.com/2015/50/50r-corn-island.shtml
    こちらのリンクの評が面白い。見られ、見られることを意識する孫娘や兵士に着目すると、また別の視点から興味深く鑑賞できるのかもしれない。

    はじめに老人が土の中から掘り出す「何か」がなんなのかが分からず、思わず色々検索してしまったのだが(「笛」としている考察などがあった)、もしかしたらこれはあえて分かりづらく映し出したのであろうか。
    前にその中洲に生きた誰かのもの、でもそれが誰のもので何なのかは分からないという、市井の歴史の匿名性のために。

  • 3.9

    Rayさん2020/05/26 05:20

    こちらも“みかんの丘”同様にジョージア地方のアブハジア紛争が背景。
    (みかんの丘と同時公開。)

    みかんの丘とは対等に、こちらは台詞がほぼ無く大自然の中でゆっくり静かに進んでいく祖父・孫の川の中洲でのとうもろこし作り。
    そして、負傷した兵隊さん。

    最後は、ああぁぁ…って声が出ちゃった。
    戦争は勿論怖いけど、自然も怖い…

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    春から秋にかけて、撮影シーンにあわせて何度もとうもろこしの植え替えをし、ラストの洪水のシーンもCGではなく全て手作業で行われた。

    孫娘役マリアム・ブトゥリシュヴィリはジョージア中を探し、ある村で見出した演技経験のない少女である。
    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    自然が美しかった!!🌲☀️🏞🌽

  • 3.0

    エイ裏さん2020/05/23 15:08

    「草原の実験」の映像が美しくてすごく好きだったからこれも見た。詳しいことは分からないけどアングルとかカメラワークが凝っててセリフがほとんどないのにすごく惹き込まれた。

    少女の写し方に「君の名は」の口噛酒?を見たときと同じ嫌悪感を覚えた。

  • 4.2

    chipさん2020/05/19 01:29

    先日観た「みかんの丘」と同じく、ジョージアで起きたアブハジア紛争の時代…


    小さな小さな川の中洲でとうもろこしを育てる、無口で実直な老人
    両親をなくした孫娘を引き取り、
    小屋を建て、土を耕し。。。
    こんな農法が本当にあるのだろうか?
    中洲…土地の高さがないから、周りは水浸しで…
    手伝う孫、少女の長靴には水が入っていた。長靴をひっくり返して水を出す少女…もう潮干狩り状態、(^^;;


    魚をとって、干して食べる…
    そして小屋で寝る…
    すべて自給自足の中洲の暮らし。


    話し声もほとんど無くて、
    聞こえるのは鳥のさえずり、風と川の流れる音…老人が舟を出す音。
    静かな中に、突然対岸の銃の音がパーン、パーンと聞こえてドキッとする。
    戦争のさ中なんだなぁ〜と気づかされる。
    その中で自分の生活を黙々と紡ぐ老人。


    中洲に来た少女が
    「ここは誰の土地?」と聞くと
    「耕す者の土地だ」と老人。
    そして
    「あの人たちの土地はあっち」
    と、対岸を見る、そこはジョージア。


    青い空
    ポッカリと小さな島
    端っこにに小さな小屋
    土を耕すおじいちゃん
    まるで絵のような風景。
    そこに、ジョージア人戦士の船と
    アブハジア人戦士の船が
    時折通る…
    絵の中の現実。


    傷ついた兵士…
    みかんの丘と似たような展開があるけど…
    そこに少女の仄かな恋心や、黙々と仕事をする老人の様子が淡々と描かれていました。


    すごく良かったです。
    戦争も怖いし、自然も怖い。。
    ふたりの素朴な生活が続くと良かったけれど。。


  • 4.1

    リグレットさん2020/05/11 08:04

    ちょっとギドクの『弓』的な視点で観てしまい、妙なエロチシズムを感じた。
    川の中州だけが非武装地帯的な役割を果たすという役割。ちょうど続けて観た『みかんの丘』の家と同じように役目を市井の人たちが果たしてきたんだろうか。それとも理想の話なのか。

  • 3.7

    yassi1000rrさん2020/05/09 14:53

    グルジアってジョージアって呼ぶことになったんだ。知らなかった。事情もよく知らないけど。

    春にできる手のひらサイズの中洲を開拓してとうもろこしを育ててってそこまでしないと生業にならない、不毛の地に居なきゃならない人たちって生死に関してのハードルが低くて、成長に関しても見守られてる感が少ないというか、ほっといても生き延びるでしょ的な。人生ハードモードというやつ。

    島の3シーズンくらいが舞台なんだけどよく撮ったなぁ。ヒストリーチャンネルとかでやってるサバイバルドラマ的な、エンタメの舞台であればどれほど救われるか。
    悲しいけどこれって現実なのよね感。

  • 3.9

    sugiさん2020/05/02 23:15

    ほぼ台詞無し、爺さんと孫がとうもろこしを作るだけなのに、なんかもうすんごいんすよ…
    あまりにも無力、どこまでも無常

  • 3.6

    gdbsdtaさん2020/05/02 14:42

    開始20分間あるものがない。
    通してみても少な目。
    なんですごく静か目な映画ではある。
    それで話がわかりにくいわけではない。
    ただ謎は色々あった。

    着々と準備をし、少しづつカタチになっていく様をみてたので、最後はなんともいえない気持ちに。
    あれって本当に自然現象なんですかね、わかってとってるのだと思うが、凄いなあ。

    みかんの丘に通づる部分がありました。

  • 3.8

    ぱるみん9999さん2020/05/01 22:58

    台詞がないからと言って音がないわけではない、鳥の鳴き声、川のせせらぎ、足音、息遣いが音楽の代わりで台詞の代わり
    退屈するかと思いきや、引き込まれて見入ってしまった
    厳しい暮らしを淡々と生きたお爺さんの面構えが良かった
    人間の暮らしは自然の一部に過ぎないと思わずにはいられない
    とうもろこしを育てるんだから多分季節は夏、でも夜はそこそこ冷える、女の子が水浴びくらいはしたくなる季節
    女の子は思春期で倒れてた兵士はきっとイケメンなんだよ
    台詞がない分想像して楽しむ

    どうでもいいけどとうもろこしって凄い速さで大きくなってすぐに実がつきあっという間に枯れちゃうのよ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す