お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヒットマン:インポッシブル

G
  • 字幕

その男、車椅子にして成功率100%のヒットマン――

車椅子の青年ゾリと友人のバルバはある日、元消防士で不慮の事故により両足が不自由になり今は車椅子の殺し屋として生きるルパゾフと出会う。ゾリは自分の人生に生きがいを見い出せず迫っていた手術の決断をできずにいたが、ルパゾフから殺し屋のアシスタントとしての依頼を請け負うことで生きる希望を見い出していく。しかし、秘密を知られることを恐れた組織はルパゾフにゾリとバルバの口封じを命じるも、それを受け入れられず逆に命を狙われることに。決着をつける為、ルパゾフはゾリと共に組織に復讐を果たしにいく――

詳細情報

原題
Kills On Wheels
音声言語
ハンガリー語
字幕言語
日本語
制作年
2016
制作国
ハンガリー
対応端末
公開開始日
2017-06-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ヒットマン:インポッシブルの評価・レビュー

3.5
観た人
242
観たい人
318
  • 3.0

    天都さん2021/04/03 22:26

    車椅子に乗った凄腕の殺し屋と、彼の仕事を手伝うことになった障害者の青年2人の運命を描いたハンガリー製クライムドラマ。

    障害者施設で車椅子生活を送る青年ゾリカと親友バルバは、3年前に事故で両足が不自由になった元消防士のルパゾフと知り合う。ルパゾフは自身が障害者であることを利用し、車椅子の殺し屋としてギャングから仕事を請け負っていた。ゾリカとバルバはルパゾフの仕事を手伝うようになるが、秘密が漏れることを案じた組織が、ルパゾフに2人の殺害を命じ……。
    (引用)

    2021年90本目

  • 4.5

    ママンさん2021/02/25 21:02

    アマプラにて

    障がい者だけの刑務所ってのがあるんだ😳‼

    【観た事が無かった珍しい内容だ】

    めっちゃこれ好きかもしれない!面白かったよ😇❣️

    突然始まる感じとオープニングがかなりアートしてて面白い☺
    リアルにハンデのある人達のみで演出してるのも見応えがある。

    ウオッカをストローはキツい🤣🤣🤣

    ここに《ダン中尉》が入ってきたら面白いな〰️⤴️と妄想して勝手に喜んでた(笑)

    私も父親と47年会ったことないけど、手術の金払うからって何で会わなきゃならんねん?思うわ。善意なら別にこっちに嫌な思いさせるなって思うんだよね🤔

    これはなかなか斬新な作品。
    こういうのは珍しい!イイネ👍
    どうなってくのかまったく予測つかないし、フツーに面白いし、深い‼️‼️

    番号押せないのは可愛いかった😅
    この演出はなかなかだと思うわ〰️👍

    双子の修理工とか、キャスティングがカラフルだし凄いイイよ、ほんと。

  • 3.5

    ヒチさん2021/01/22 10:46

    アクション映画であることによって、
    障がいを持つ主人公たちの身体性が強調されているのが素晴らしかった。障がいを描く映画というと人間ドラマの方に行きがちで、社会的バリアを描くという意義がある反面、人物造形が紋切り型になりやすい、障がいそれ自体に焦点が当たりにくい、下手をするとお涙頂戴の道具にされてしまうなどの欠点がある。この作品はそこから離れることによって障がいの新しい描き方に成功していると思う。

    もちろん題材だけじゃなくてアクション映画として単純に面白い。衆人環視の中での暗殺シーンやパトカーが迫り来る中敵のアジトから脱出するくだりの緊迫感がたまらん。最初は漫画の演出いる?って思ったけどそこにちゃんと意味があったのも良かった。初めからこれは彼の成長と葛藤の物語だったのね。

  • 4.0

    Johnsteedさん2020/11/24 22:43

    多分人生初のハンガリー映画
    主要人物が全員車椅子ってのがなかなか新しかったです。
    確かに車椅子に乗った奴が刺客って発想はないわなw
    ハンガリーマフィアのおっさんはジョン•ウィックのハル•ベリーみたいやった
    最後はああ、そういう事だったのかと意表をつかれました。

  • −−

    タツキさん2020/10/21 14:40

    面白かった。主人公の元消防士のヒットマンは身体障害者であるが、人生の全盛期が過ぎた落ちぶれた中年男の悲哀としても素晴らしい。身体障害者の描写の描き込みは徹底していて誠実。エンタメに落とし込む絶妙なリアリティ。サスペンスの生み出し方が上手い。

  • 2.7

    Yoshiさん2020/10/15 12:00

    最後あやふやだけどコミックなのかなー…って感じ。

    もうちょっと派手なシーンあっても良いかも。
    ハリウッドがリメイクつくったらぶっ飛んだ作品になるだろうなという一作。

  • 3.5

    髙橋佑弥さん2020/10/11 02:24

    "車椅子"であることが映画的魅力/緊張に直結している誠実さ。乗り手の身体性の三者三様、"乗り物"性、車椅子コミュニティ(整備士の存在など)の豊かなディテール…etc。…が、風に吹かれるビニール袋のショットが白眉。"引っかかる"という奇跡が二回も!

    2020/10/10

  • 3.7

    Hichさん2020/10/04 13:59

     差別や偏見はダメって言うけど、知らず知らずのうち、勝手にカラダの不自由な人には無理だって思ってることがあるんだと改めて気付かされました。
     ポスターもっと良くできたよねって話。
    B級感ハンパないこのポスターじゃ宝の持ち腐れよ。
     サスペンスの話かと思ったけどしっかりヒューマンドラマもあってとても面白い映画でした。

  • 2.0

    殺る気なヘンリーシルヴァさん2020/09/04 21:10

    結局使うのは銃なんだよな

    車椅子使ってるから人を騙しやすいってだけじゃないの?これ…

    車椅子のひとのふりをした両足まともな殺し屋が出てきたら普通に用済み

  • 5.0

    motaさん2020/08/29 17:09

    再鑑賞。
    面白い上に健常者の幸せとそうでない人の苦しみや生き辛さを教えてくれる🙏🏻
    ルパゾフのセリフが最高にクール😎ケチのつけようがない隠れた名作!
    漫画を送り付けた意味は図りかねるが、ハッピーエンドなので良しとする。
    ここではあえてそうでない人と表現した。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す