お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

疾風スプリンター

G
  • 字幕

圧巻の臨場感!手に汗握るレースシーン!映画史上、初めて描かれる超本格派プロ・ロードレース・エンタテインメント!!

チョン・ジウォン(チェ・シウォン)をエースとする自転車ロードレースチーム“レディエント”に、アシストとして所属することになったチウ・ミン(エディ・ポン)とティエン(ショーン・ドウ)。互いにエースの座を目標に切磋琢磨しながら、アシストとして力を発揮し、同時に友情も深めていった。そして、ジウォン、ミン、ティエンの3人は、レディエントを引っ張る主力選手として力を合わせ、台湾各地で連戦を繰り広げていた。そんな中、レディエントは資金難で運営が立ち行かなくなる。そのため、3人はそれぞれ別のチームに所属することとなり、エースとして競り合うことになるのだが…。

詳細情報

原題
破風(英題:TO THE FORE)
作品公開日
2017-07-04
音声言語
北京語/広東語/英語/韓国語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-07-04
制作年
2015
制作国
香港/中国
対応端末
公開開始日
2017-07-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

疾風スプリンターの評価・レビュー

3.6
観た人
809
観たい人
1005
  • 3.7

    rayさん2021/10/05 23:36

    ロードレースの面白さがうまく描かれている。スプリントや落車などアクションは迫力があり、スピード感を楽しめた。勝利への切望やそれに対しての犠牲、ライバル心むきだしなところなどは、完璧でない正直なアスリートであり、そういう人間味がでるところも魅力。命懸けのリスキーなスポーツだけど惹かれる。

  • 3.5

    ノリシゲさん2021/09/05 21:04

    ロードレースの迫力を感じる映画だった。砂漠のレースとか死人出るんじゃないかというレベルの過酷さで驚いた。
    恋愛や親子問題など様々な要素も盛り盛りな印象。個人的にはそのへんは少なくて良いのでもう少し短い時間にまとめてた方が見やすい気がする。

    2021-716

  • 3.5

    さとうぷりんさん2021/09/02 21:23

    エディポン、チェシウォンがカッコいいしハマリ役!!
    自転車競技が分からなくても楽しめる。
    中華製疾走系爽やかスポコン✨

    株主優待生活で有名な桐谷さんもおすすめしていた作品ですよ😁

  • 3.1

    KeNさん2021/05/28 14:35

    U-NEXTにて。初見。

    連日J SPORTSで放送されていた「2020 ツール・ド・フランス」が今日はお休みだったので、その穴埋めを映画作品で。

    途中ちょくちょく挿まれる恋愛ドラマや母子の確執などの演出がちょっと余計だけど、それを差し引いてもロードレースやロードバイク好きの者からすると、かなり見応えのある香港・中国合作のサイクルロードレースもの。
    主なる舞台がGIANTやMERIDAなどのロードバイク・メーカーやOEMの生産拠点が集中する“自転車生産大国”台湾というのもリアル。また先日観た『疑惑のチャンピオン』同様 ドーピングという闇の部分が絡んでくるところも…

    レースシーンの撮影には本物のプロのロードレーサーたちが起用されていたようなので落車シーンを含め、かなり迫力満点。そんなわけで当然のことながら先日観たアニメの『弱虫ペダル』より遥かに面白い(笑) まぁ、クライマックスとなるレースや本物のルイ・コスタ(Footballプレーヤーの方ではなくロードレーサーの…)まで登場する後半の“サクセスストーリー”はかなり劇画っぽくなっているが。

    しかし、ロードバイクの世界に“ペダル”を踏み入れたばかりなので、アジアはおろか日本のロードレース事情すらよく知らないが、やはり台湾や中国などでもサイクルロードレースはヨーロッパ並みに人気のあるスポーツ競技なのだろうか…?
    最近になってツール・ド・フランスの中継などを観ていて少しずつロードレースのルールや概要が分かってきたが、ロードレースというのは想像していた以上に奥が深い…。ロードレースが個人戦ではなくチーム戦ということは前々から知っていたが、各チーム間の駆け引きや戦術・戦略がこうまで事細かに練られたものだったとは。チームの主軸たるエースをはじめ、彼を常にサポートし続けるアシスト。山岳ステージを得意とするクライマーや短距離スプリントを得意とするスプリンターなど、チーム内での役割が各々ハッキリとしていて、ひとつのステージの中で見どころになるところがいくつもある。
    そうしたロードレースの魅力や駆け引きの面白さも、この作品はわかり易く教えてくれる。まぁ裏を返せば、ロードレースやロードバイクに全く興味がない人が観ても、ち〜っとも面白くない作品であろうが…(苦笑) 本場ヨーロッパでも“サイクルロードレース版”『グランプリ』や『栄光のル・マン』のような本格的な作品が製作されないのかなぁ…? 人気もあるし、舞台裏を含め良い題材だと思うんだけどなぁ。

    あと一度でいいから間近でロードレースを観戦してみたいなぁ。貧脚そして時として脱力脚の私にはのんびりポタリングで十分なので、間違ってもロードレースに出場してみたいとは思わないけど…(笑)

  • 3.5

    ケチャップリンさん2021/05/20 22:58

    主演のエディポン(名前可愛い!)が私的に少年漫画の主人公みたいな顔立ちに見えて、漫画から出てきたみたい!と思って観てましたw

    自転車競技についてあまり知らなかったので、エース、アシストの関係とか新鮮でした。
    本当に危険な競技!!
    山沿い?のコースとか怖すぎる!
    選手の方の結果を出さなきゃいけない重圧は計り知れないだろうなぁ。
    レース場面のスピード感、ハラハラしました🚴‍♀️🚴‍♂️!!

  • 3.7

    XXXXXさん2021/05/09 17:00

    エディ・ポン主演、ダンテ・ラム監督の『レスキュー』予習レビュー!
    今作は自転車レースをテーマにした、スポ根ドラマです。エディ・ポン、ショーン・ドゥ、チェ・シウォン主演。劇場鑑賞した作品でした。

    ロードレーサーのチウ・ミンと、ティエンは同じチームに所属していて、いいライバル関係だった。台湾でロードレースに多数参加していたものの、チームが資金難で運営困難になり、別々のチームに所属することに...。

    台湾一のイケメンスター、エディ・ポン主演の作品で、『激戦/ハート・オブ・ファイト』はMMAがテーマだったけど、今作は自転車レースがテーマです。原題の『破風』とは風除けの意味。

    強烈なバイオレンス作品が多い、ダンテ・ラム監督ですが、今作はどこまでも爽やかな作品で、若者たちの夢や友情に恋愛を描いた青春映画です。
    自転車レースのシーンは、ノースタントでガチで撮影しただけあり、すごいど迫力です。エンドロールのメイキングを見る限りでは、相当撮影大変だったんだと思います。
    ラブストーリーパートが、90年代のトレンディドラマを観ている様で結構ダルかったり。爆笑 イケメン俳優総出演なので、女性の方にオススメです。

    『ポリス・ストーリー/REBORN』でジャッキーの娘役だった、オウヤン・ナナが出演してるけど、別人すぎてビックリ。笑

    エディ・ポンは、まもなく日本公開の『レスキュー』では壮絶なアクションに挑戦してるみたいで、今から楽しみなんだけど、緊急事態宣言延長で、本当に公開されるのかな...。
    東京国際映画祭でダンテ・ラム監督と写真を一緒に撮ってもらったけど、すごい優しい方で、今でもいい思い出です。

  • 4.1

    Mycroftさん2021/01/19 03:46

    ダンテラム監督は空撮を多用し、鮮やかな映像には息を呑む。

    躍進・高揚の前半、挫折・苦渋の中盤、再生・安らぎの後半のドラマも定番ながら、ディテールで見せる。

    波瑠と少し似たヒロインは清楚でとても魅力的。

    何度となく繰り返される自転車レースのシーンはまさに疾走感に溢れている。

  • 3.7

    にゃん平2号機さん2020/12/01 22:53

    ロードレースの戦略的おもしろさとスポ根的熱さが見事に映像化されていておもしろい。キャラクターたちがキラキラしているドラマパートはやや好みからは外れるが、レースシーンへの熱いアクセントとなっている。

  • 3.7

    LaserCatsさん2020/11/23 14:23

    初ダンテ・ラム。
    観るからに危険で過酷な自転車レースに手に汗握り、太ももがパンパンになった気分まで味わいました。
    知らなかったけど、チームスポーツなんだなぁ。敵が抜け出せないようにブロックする人がいたり、風避けになってアシストする人がいたり、エースは最後の一瞬までチームの勝敗の責任を背負って走り抜けなければならなくて、常に自分の精神力と体力の限界のところで闘っている感じでした。
    友情とスポーツマンシップにグッとくる、元気をもらえる映画でした。

  • 3.6

    とまとちゃんさん2020/10/04 22:31

    たまたま最近エディ・ポンを知る機会があり、彼の作品を観たくて探して見つけたのがこの作品。
    自転車競技については全く無知で、ついていけるかちょっと不安はあったけど、ストーリーが分からなくなることはなく、青春・登場人物たちの熱さにどっぷり浸かれた。
    熱いがあまりに正しくない行動を取ってしまうところもある意味人間らしくて、完璧なヒーローになりすぎず、よい。
    レース中などに映る台湾の美しい風景も魅力。
    そしてエディ・ポンだけでなくチェ・シウォンもかっこよかったー。笑
    たまたま見つけた作品だったけど、なかなかよかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました