お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

私の居場所の見つけかた

G
  • 字幕

最後はきっと、うまくいく・・・

リタ(K・ホームズ)と娘のルーシー(S・L・オーウェン)は、リタの恋人の家を転々として生活してきた。今度もリタの恋人の家を飛び出したふたりは、新しい生活に希望を抱きながらボロボロの車を走らせていた。しかし道中で車が壊れ修理代で一文無しになってしまう。偶然行き着いたカフェでアルバイトを始め、慣れない仕事にてこずるふたりだったが、次第に同僚やカフェの客とも親しくなっていく。初めての穏やかで幸せな毎日を過ごすふたりだったが、それぞれの生活に慣れていくにつれ、次第にふたりの絆には溝が出来ていった…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

私の居場所の見つけかたの評価・レビュー

3.3
観た人
95
観たい人
204
  • 2.3

    kinotoushiさん2020/09/09 19:44

    ケイティ・ホームズの監督作品。

    アルコール依存症の母親と彼女に献身的に付き添う15歳の娘が家を飛び出し、車のトラブルから偶然立ち寄ったダイナーで働くことになる。どん底にいた2人がいろんな出会いと出来事をきっかけに少しずつ変わっていく。

    終盤、母親から必要とされなくなったことにショックを受けてルーシーが家を飛び出すシーンがある。男がダメな男なら必ず自分のところに戻ってくるから我慢してたけど、リーは今までの男とは違い真っ当な本当に母親を幸せにするかもしれない人だったからルーシーは反抗した、というふうに見えた。つまり母親が娘に依存しているように見えるが、実は娘のほうが母親に依存していたという構図。依存することが愛だとは思わないので、この作品のエンディングがハッピーエンドかどうかは正直疑問。ルーシーは多分この後もずっと誰かに依存したまま生きていくことになるんだろうなーと思うと気の毒な気もする。

    パム役のイヴ・リンドリーが非常に合ってるなと思ったら、実際にトランスジェンダーの人だった。仕草が綺麗で画像映えする。

    ルーク・ウィルソンの役が親子2人を助けるために作られたキャラっていう感じがして、出来れば彼をもっと掘り下げたらもうちょっと面白くなったんじゃないかなと思う。

    ケイティってキャメロン・ディアスに似てるなって終始思いながら見てた。しかしやつれながらも魅力ある女性がうまい。

  • 3.5

    マキナさん2020/04/21 00:59

    なんでそんな邦題なんだろう。原題を直訳して「わたしたちの持っていたすべて」のほうが合っている気がする。居場所とはちょっと違う、生きていく術とかそういう話だと思う。

  • 2.6

    クーベルタンはなさん2020/02/18 18:26

    貧しい生活をおくっていた母子家庭のルーシーとリタ。
    母は男ができると居場所をかえ転々とする。
    底辺ってこういうことなのかな?
    万引き家族を見ても思ったことなのだが、子供に万引きを当たり前にさせちゃダメでしょ。お前は底辺を味わってないからだと言われたらそれまでだが…。
    自分の収入以上にカードを使ったりしたらダメよね。
    アル中の描き方が甘いというか、依存症ってもっと壮絶な気がするのだが…。
    少しまともな生活になるのかな~?位で話が終わった。

  • 3.4

    蓮華さん2020/02/09 08:52

    底辺の生活しか出来ない。
    頭が悪くてわからない。
    でもそこから抜け出したくて もがいている。
    誤った環境が誤った道へ導いていく。
    正しい導きが正しい生活を生み出していく。
    短い時間でうまくまとまっていた。
    個人的な感想。
    母娘の愛情…
    おバカだが決して娘を手放さない母。
    そんなバカ母を当たり前に受け止め支えながら成長していく娘。
    居場所を求め続けていく姿に心が締め付けられた。

  • 3.5

    Chiricoさん2020/01/21 03:48

    記録

    ケイティホームズが監督も務める作品。
    雰囲気も良く面白かった。
    ダメなお母さんだけど、まあ憎めない。
    歯のこと言われて口閉じながら笑うケイティホームズがめちゃ可愛い。

  • 3.1

    犬さん2019/10/28 12:06



    貧しいどん底の生活を送っていた母と娘
    そんな2人は、偶然たどり着いたカフェでアルバイトを始め、穏やかな日々を取り戻していく……

    いろんな人との交流
    ホッコリします

    雰囲気は悪くない
    ストーリーは普通かな

    ケイティ・ホームズの感じは好きです

  • 3.5

    とみさん2019/05/12 17:51

    「女神の見えざる手」のすぐ後に、なんの疑問もなく、次これ~~と観賞。
    なぜ………こんなに対称的な女の人を次々と……( ̄▽ ̄;)

    言ってしまえば、環境に全く恵まれない頭の悪い女とその娘のソフトな逃亡劇。災難の出口を求めて、求めて、実は同じことを繰り返していることに本人は気づいてなくて。

    ラストに向かって、ほんのすこーしずつ気持ちが変わって行くにつれて、やっぱりほんのすこーしずつ望んでた幸せに近づいていく。
    これ、引き寄せの実践みたいでよくわかる。自分に無いものは引き寄せられないっていう法則みたいなやつ(笑)

    原題が素敵だな😃ALL WE HAD👍

  • 3.0

    Sarahさん2018/10/16 21:17

    あるあるだな。
    もっと重い方が好みではあるけど思い通りの楽しみ方が出来ました。

    ダメなお母さんだと
    しっかりした子が育って、

    しっかりしたお母さんだと
    あら?って子が育つのはなんだろ?!

  • 3.7

    りんりんさん2018/07/31 22:45

    掘り出し物感。

    シングルマザーとその娘の絆を描いた作品。

    一台の車で街を転々とし、母の男が変われば、家も変わる。
    そんな中、娘ルーシーは母を愛おしみながら、生き延びていく。

    邦題の「私の居場所の見つけかた」この「私」とは母とルーシーどちらも指していると感じた。

    はじめは母の居場所についての描写が多い気がしたが、次第に娘の居場所について、そしてトランスジェンダーの男性についても描かれる。

    ルーシーは15歳で初めて反抗するけれど、とても辛抱強い子だと感じた。
    私だったら耐えられないと思うけれど、ルーシーの常識は彼女の生まれてからの環境がすべてで、ある意味違和感がない。
    それを受け入れないと生きていけないと潜在的にわかっていたのだと思う。
    これこそが、共依存の現実だと思う。

    だんだん母と子の目尻にひくアイラインが似てきて、そういう細かい描写も良かった。

    親子を描いている作品は好きだと改めて思った。

  • 2.0

    Beeさん2018/06/04 20:51

    全体的に重くてちょっと心がヒリヒリする。
    リアルな感じが出てて良かったです。

    ケイティの役になりきりが結構出てて、さすがだなぁて思った。
    人生辛いことばかりだけど、きっと報われる。
    必ず振り返れば良い日が待ってる。

    ちょこちょこと名言が出たりします。
    2人に幸せが訪れますように。

    ラストシーンは呆気なく終わったので、ちょっとモヤモヤ。
    彼のところにいる家に帰ったんだろうなと信じたいです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す