お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • 再生する
  • 視聴準備完了

美丘-君がいた日々-【日テレOD】 第8話

G 45分

 美丘(吉高由里子)の左手足の麻痺は徐々に進行し、次第に日常生活が困難になっていた。主治医の高梨(谷原章介)は、太一(林遣都)に「右手足にも麻痺が出てきたら、医師としては入院をすすめる」と宣告する。
 ある日、美丘と太一は、邦彦(勝地涼)のバイト先のカフェに行く。麻理(水沢エレナ)、洋次(夕輝壽太)、直美(中村静香)たちと久しぶりに楽しく過ごす美丘だったが、バイトに行った太一を見送ったあと、そのことを忘れて「あれ? 太一くんは?」と周囲を見回してしまう。麻理たちは美丘の記憶障害を目の当たりにして愕然とする。その日の夕方、美丘と太一のアパートに佳織(真矢みき)が、美丘の好きなビーフシチューを作りにやってきた。美丘が佳織に「お父さんとお母さんと3人で家族旅行に行こうよ」と提案すると、佳織は喜び、「太一くんも誘ったら?」と4人で家族旅行に行く事になる。その夜、太一が家に帰ると、美丘がキッチンで涙ぐみながら立ち尽くしていた。美丘は誤ってシチュー鍋をひっくり返してしまい、自分で作り直そうとしたものの、途中で何をしているかもわからなくなってしまっていた。「こうやって、あたしはあたしじゃなくなっていくんだ…!」とパニックになり暴れる美丘を、太一は「どんな美丘だって、美丘は美丘だろ!」と必死で抱きとめる。だが二人に残された時間は、夏の夜のように短くなっていた――。
 数日後、美丘と太一は佳織と始(寺脇康文)と4人で家族旅行に出かける。美丘は太一が父と母に認められる家族になったことに幸せを感じる。だが旅行中、美丘が今まで動いていた右手を動かしにくそうにしていることに、太一だけが気づいた。そして太一の頭に高梨の言葉が蘇る。「覚悟しておいてほしい。もうすぐ彼女は自分の足で歩くことも、自分の手で食事をすることもできなくなる」――。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

関連情報
原作:石田衣良「美丘」(角川文庫刊) 音楽:菅野祐悟 主題歌:「蛍」福山雅治(ユニバーサルJ) プロデューサー:加藤正俊,小泉守 演出:猪股隆一,山下学美,佐久間紀佳 製作著作:日本テレビ
制作年
2010
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
レンタル (高画質) 324円
ご購入手続きへ

ラブストーリー国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア