お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

双頭の龍2

G

「極悪的下克上」を描いた任侠作品の真骨頂!

自らの一家の会長と若頭を殺し、他所のシマを荒らしていた元花幸一家の武田龍心(大沢樹生)と鶴見大介(川本淳市)。黒姫一家若頭補佐・堂龍会々長・堂島龍太郎(本宮泰風)に招き入れられ、黒姫一家堂龍会に入るが、時を同じくして、日本一の広域組織、宇田川組幹部・岩熊組々長・岩熊千史(赤井英和)が大阪から黒姫一家若頭・穂積組々長・穂積(長原成樹)の元へ。兄弟結縁の盃を執り行うことが堂島抜きにして幹部会議で決定する。そんな穂積の横行を阻止すべく、武田と鶴見は穂積暗殺を命じられるが、武田は自分本位でそれを振り切り、結縁の儀式に単身で殴りこむ。そこから黒姫一家の内部抗争の火蓋が切って落とされる・・・!
誰もが己の成り上がりを懸け、極道社会に生き様を曝け出す!!果たして最後に笑うのは穂積か、堂島か、岩熊か、そして武田は・・・!!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(任侠)邦画ランキング

双頭の龍2の評価・レビュー

3.1
観た人
7
観たい人
1
  • 4.0

    能戸淳さん2017/06/24 19:52

    狂犬ぶりが爆発する大沢樹生さん扮する主人公が大暴れする作品の第二弾。
    引き続き大沢さんの相棒に川本淳市さん、組織の長に泰風サマ、赤井英和といった布陣だ。

    前回、泰風サマの組織に加入した大沢さんと川本さん。
    上部団体のカシラが西の大組織と手を組む中、兄貴分の川本さんの立場を守ろうと大沢さんがまたもヒートし、それをキッカケとして組織の長がまさに入れ替わろうとする・・・って感じ。

    引き続き、胃が痛くなるような組織内での権謀術数の飛び交いと激しい演技の大沢さん。
    オールイン作品特有の二作目で完結と思いきや・・・!
    期待させるね!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る