お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 リストア版

G
  • 吹替
  • 字幕

世界一美しい死体の謎…

アメリカの山間部の小さな町ツイン・ピークスで、テレサ・バンクスという少女の死体が発見される。 FBIからデズモンド捜査官が派遣されるが、捜査中に失踪してしまい、さらに行方不明だったジェフリー捜査官が現れるが、謎の警告を発して彼も消えてしまう。 事件から1年後、ツインピークスの高校ではローラ・パーマーの美しさが人気を集めていた。 ところが彼女は何故か不安に怯え、逃避するようにドラッグやセックスに溺れる日々を過ごしていた。 そんなある日、ついに事件が起きる。 ローラの友人ロネット・ポラスキーが山林で保護され、そしてローラ・パーマーは変死体で発見される。ローラが殺されるまでの7日間を描いた劇場映画。様々な伏線が張り巡らされ、TV版の謎が解き明かされる。デヴィッド・ボウイ、キーファー・サザーランドらが出演し、 事件の前日譚を描く劇場映画版。

詳細情報

原題
TWIN PEAKS:FIRE WALK WITH ME
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
1992
制作国
アメリカ/フランス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-07-28 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス洋画ランキング

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最期の7日間 リストア版の評価・レビュー

3.5
観た人
3351
観たい人
3535
  • 3.7

    kirioさん2020/07/09 01:27

    ほとんどドラマの補足になってないのが、らしくていい

    変に理由付けしたところの方が浮いてる

    序盤のあたりが最高だった

  • 3.5

    dukeさん2020/07/07 15:43

    ドラマシリーズのツイン・ピークスの前日譚だけども、この映画をいきなり観るのはおすすめしない。
    シーズン1・2を経てから観た方が理解しやすいです(リンチの作品を理解する必要はないかもだけど…)。
    24のキーファー・サザーランドが若くてなんか可愛い。
    あとデヴィッド・ボウイが演る意味はあったのか…ってくらいチョイ役で出る。

    大半の時間、泣いてるか叫んでるか薬物でテンションがハイになってるかで少し疲れるけど、ちょこちょこ挟まれる理解不能な演出がデイヴィッド・リンチだなぁという感じで面白い。
    赤いカーテンの部屋ではセリフがスローになるのだけど、吹き替えだと間抜けに聞こえるので字幕版が絶対良い。

    これからシーズン3観ます。
    ただのサイコなサスペンスと侮ることなかれ、な展開が待ってるようです。
    25年後に会いましょう。

  • 3.9

    jazzの部屋さん2020/07/04 23:23

    ドラマ版の前日譚でローラの最期までの物語。
    本編で端々に明かされるローラの謎を時系列順にまとめた作品。
    ドラマありきの設定や物語なので個人的には最初に観るのはオススメできない。
    しかしツインピークスを簡潔に表す映画だ。

    言ってしまえば町一番の人気の美少女には裏があり薬物や売春をしている。
    おまけに父親からの性的虐待を受けているローラパーマーの死を描いた作品。

    だがデヴィッドリンチは悪意や超自然的な者をボブやブラックロッジと言う形で登場させる事で寓話性を出しより深い物語にしている。

    これは解釈によりますが父親に性的虐待を受けている物語を寓話的に描いた物か古来からツインピークスの土地に存在する超自然的存在により気がおかしくなった人物達の物語か色々な解釈ができ面白いシリーズです。

    あと終始救われないローラは最後天使の登場で魂の救いを描いたラストは泣けます。

  • 3.5

    ペインさん2020/07/03 10:53

    『ミッドサマー』のアリ・アスター監督が選ぶ90年代ベスト映画の1つ。

    観ていて、たしかに恐怖とコメディの塩梅など、ある種『ミッドサマー』に通低するものがあるなと感じた。

    リンチにしては全体的に締まりがないというか、“チャラい”作りではあると思うし、ドラマ版に比べて当時興行的にも批評的にも全く振るわなかったのも頷けるが、個人的には嫌いにはなれない。やっぱりリンチの持つ作家性が好きです。

    ローラ・パーマーを演じるシェリル・リーももちろん可愛らしいが、友人のドナを演じるモイラ・ケリーが可愛らしい。デヴィッド・ボウイとキーファー・サザーランドの使い方も贅沢。

  • 3.0

    MASHさん2020/06/28 20:06

    『ツイン・ピークス』の前日談を描いた作品。テレビ版を観たことがないのでなんとも言えないが、やはりどこか物語の補完という印象を受けてしまった。デヴィッド・リンチならではの夢と現実の混じった作風も、今作ではそこまでのキレがないように思える。

    前半はすごく面白い。ヘンテコなユーモアセンスと殺人事件という恐ろしい出来事が絶妙に混ざり合い、開始数分でこの独特の世界観に観客を入り込ませる。回収されるかも分からない(というか回収されない)伏線を貼りまくり、急にパッと話が変わってしまうあの感じ。彼の作品をいくつか観てきて慣れてきたつもりでも、やはり毎度驚かされることばかりだ。

    ただ肝心のローマ・パーマに関する部分が中だるみしている気がする。いつものデヴィッド・リンチの雰囲気なのだが、なんか他の作品に比べると退屈してしまう。おそらく彼の作品にしては分かり易すぎるのではないだろうか。夢と現実の境目がない作風は観客を少し戸惑わせるが、それでもローラ・パーマの物語自体は比較的理解しやすい。父親からの虐待、麻薬への依存、抑えきれない悲しみと怒り、破滅的な生き方。デヴィッド・リンチの作品にしてはあまりにスッと理解できてしまう。そこに物足りなさを感じてしまうのだ。

    描き方も問題なのかもしれない。赤い部屋などはちんぷんかんでも、ローラやローラの父親が見る妄想(?)などはすごくストレートな描き方だ。特に中盤あたりは観ている側がポカーンとするようなシーンはさほどなかったように感じる。また、ローラが破滅的な人生を歩むことになったきっかけは完全に省いた状態からスタートするので、あまり彼女の心理状態にも入り込めず、彼女が死ぬという既に決まっているオチまでの道を淡々と辿っているだけに見えてしまう。

    デヴィッド・リンチの作品だったらもっと不合理で意味不明で、それでいてなおかつ観客が前のめりになってしまうようなものをどうしても期待してしまう。決してつまらない訳ではないが、彼の他の映画に比べるとやや見劣りしてしまうのも事実だろう。テレビ版を観ていたらもっと楽しめていたかもしれない

  • 3.0

    三上新吾さん2020/06/18 00:26

    難解。95%以上理解できなかった。
    その全てに意味があるとしたらお手上げ。
    理解できたら再評価したい。

  • 3.6

    だいごろーさん2020/06/02 17:19

    DVD鑑賞

    最近はひたすらツインピークスシリーズを観ていたので全然映画鑑賞が出来なかった。
    今作はドラマシリーズ1→2を経て、公開された作品。
    ドラマシリーズを簡単に説明すると、ツインピークスというアメリカの田舎町で起きたローラパーマーという美少女が殺された事件を契機に、住人たちやこの街の裏の顔が明らかになっていくという話で、この劇場版はそのローラパーマーが殺される数日前の話になる。
    なので、基本的にはドラマシリーズの答え合わせ的な話なので新鮮さはなく、映画として面白いかと言われると微妙。
    だけど、シリーズの中でかなり重要な要素もあるし、リンチの得意とする悪夢のような映像も楽しめるのでそこは良かった。

    ローラパーマーは謎めいた存在なのが良いのであって、この劇場版だと、躁状態でなんか煩かった。まあボブに追い詰められていたから仕方ないのか…

  • 3.3

    諒さん2020/05/29 22:23

    ドラマを見ないで見たからかラストがよく分からなかった。
    この作品を見て一番に思ったのはドラッグの怖さ。
    こんな滅茶苦茶な生き方、見ているこちらが不安になる。
    始終、狂気がまとわりついている感じがした。

  • 3.0

    1sseiさん2020/05/20 23:06

    オリジナル・シリーズを見終えたので劇場版へ
    全ての因果の中心にいたローラ・パーマーが死ぬまでの足跡を追う作品になっている

    彼女の死の直前の動きは作中でわかっているため、そこまで新しいことが起きるわけではなく正直、退屈。あとドラマの中で継ぎ接ぎで新しい痕跡が作られていったので、行動がかなり支離滅裂

    もう一つの世界側の描写が充実していて、その点はすごく満足
    ただローラを演じたシェリル・リーは主演で2時間持たせるには実力不足なので、結構辛い…。代わりに本編同様に怪演を見せるリーランド役のレイ・ワイズは素晴らしい

  • 3.0

    ももきちさん2020/05/17 22:53

    ツィンピークスReturn鑑賞前におさらいで再鑑賞
    パイロット版、ドラマ全29話その前日談で完全な答え合わせ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す