お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ケージ・ダイブ

G
  • 字幕

究極の“海の恐怖”を体感せよ。 叫ぶことすら許されない、戦慄のPOVシャーク・パニック!

2015年10月21日、オーストラリアのアデレード沖。突然襲ってきた高波に呑まれ、クルーザーが転覆。「シャーク・ケージ・ダイビング」を楽しんでいた観光客たちは、海に投げ出されてしまう。その中に、エクストリームゲーム番組のオーディション・テープを撮影するためツアーに参加していた3人のアメリカ人、ジョシュ、メーガン、ジェフがいた。救助隊は現れず、漂流者たちは次々とサメの餌食になってゆく。スリリングなアドベンチャー・ツアーは、生死を賭けたサバイバルに姿を変えた。その模様を、小型水中カメラで記録するジョシュ。やがて夜になり、3人は救命イカダを発見。これで助かったかと思われたが、真の恐怖は始まったばかりだった…。

詳細情報

原題
CAGE DIVE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
オーストリア
対応端末
公開開始日
2017-10-11 00:00:00
シェア
お気に入り
販売終了 

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2020-09-30
アプリでDL可
高画質(HD)
440
販売終了2020-09-30

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2020-09-30
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
販売終了2020-09-30

キャンセル

パニック洋画ランキング

ケージ・ダイブの評価・レビュー

2.3
観た人
384
観たい人
318
  • 2.2

    サメ川村さん2021/03/23 20:11

    造り自体は、至って真面目なサメ映画です。

    しかし、一人称視点故の画面のブレ、とにかく喚き続ける登場人物、など、眼や頭を疲れさせる要素が多いです。
    描写としては現実的なのかも知れませんが、作品の質の向上にはあまり寄与していないように思えます。

    上述の点から、80分という尺の割には妙に体力が奪われる映画でした。

  • 1.9

    人生の無駄遣いさん2020/11/23 08:35

    ホラー映画業界を賑わせたPOV形式が
    ついにサメ映画にも登場した作品。

    ファウンド・フッテージ型の本作は
    行方不明になった主人公たちが記録した
    ビデオカメラを公開したという作風。


    オーディション番組に投稿するために
    シャークケージダイブを撮影しようとする
    主人公、その彼女、主人公の兄は
    ビデオ撮影しながら現地へ向かう。

    途中、プロポーズ作戦を考えたり
    たまたまヒロインと兄貴の浮気が映ったり
    (主人公は気づいてない)

    作風を考えると、どうせ死ぬ奴らの
    どうでもいい人間模様が長々と行われます

    ようやく海にダイブした直後
    高波によって船が転覆
    海に放り出された3人はサメの恐怖と
    救助が来ない絶望を味わう事になる…。


    サメ×檻×POVという面白そうな題材から
    生み出されたのは海洋汚染ゴミ。


    1番の問題はPOVを全く生かしていない。

    POV特有の臨場感が死ぬほど無い。

    シャークケージダイブなら
    サメが檻にガシャアアアーン!!とか
    目の前をサメが横切ったり
    生々しい描写が映ったりが存在しない。
    強いて言うなら檻のシーンは数分で終わる
    (ケージダイブしろよ…)

    代わりに映されるのは
    ヒス男×ヒス女×ヒス兄のクソみたいな
    バカミューダトライアングル

    途中、安全地帯をヒスで燃やすところは
    最高にバカ。しかも巻き添えで人が死ぬ。

    前半の浮気シーンもキスしてるだけなので
    どうせならもっとエロくやれや!!
    (後半にバレますがヒスるだけで
    盛り上がるわけではありません。)


    総合的には
    サメが偶に出てくる程度の
    ヒステリックホームビデオなので

    作品として面白くないどころか
    結構イラつく場面が多いので
    フカい(不快)指数は高めです
    (サメだけにね!!)

  • 1.0

    こよりさん2020/09/03 10:18

    酔う。
    映画見て酔う。
    揺れる手持ちビデオの画像と、パニックになって叫び続ける声で酔う。
    もう二度と見ないと誓った。

    これも、サメ見に行ったら事故に巻き込まれました映画。
    こういうのは、サメ映画と別ジャンルにして欲しい。
    とにかくうるさいし、勝手にハプニング起こして窮地に陥ってまた叫ぶ。
    そんな大変な状態なのに、ちゃんとビデオカメラを回し続けるって何よ。

  • 1.7

    はさん2020/08/05 15:46

    海底に落ちていたビデオカメラの残骸から回収したメモリーカードに、サメに襲われた恐怖の記録が残ってたって話。
    導入以降はpov。
    サメの餌達のどうでもいいドラマパートが割と長い。
    海に落ちてからはずっと喧嘩して、自ら消耗を加速していくスタイル。
    普通にレジャーした帰り道とかでさえ疲れ切って会話もなくなるのが一般人だろうに、遭難中もゴタゴタ喧嘩し続けられるとかお前ら元気だな。

  • 3.0

    あなごんさん2020/07/17 21:57

    「ケージダイブ」
    ドキュメンタリー風の海の真ん中で遭難する系のPOV映画。
    ネットでは『オープンウォーター3』と書かれているだけあって海の真ん中での恐怖を味わえるが、『オープンウォーター』より助かるチャンスは確実にあった…

  • 3.0

    まなみさん2020/06/28 11:29

    シャーク ケージダイブが舞台。

    番組のオーディションに応募するテープを撮影するために参加した
    異父兄弟と弟の彼女の3人がメイン

    ケージダイブ中にクルーザーごと
    高波で横転😳

    展開は小型カメラで撮影しているようなカットが多い。
    個人的にすき

    どんどん食べられていくけど
    サメの姿は全然うつらない

    最後だけよかった!!!

    痴話喧嘩映画

  • 2.2

    映画ソムリエ岡村翔太さん2020/06/02 04:50

    ずっと怖いからやめてくれ。上手いところはめちゃめちゃ上手いけど下手なところはめちゃめちゃ下手。リアルを求めたら襲われ方とかが嘘になるからね。求も子もない。45点。

  • 3.0

    AKさん2020/04/11 10:50

    サメが好きなので、この類の映画はなるべく見ています。こちらは、サメの出番は少なめで、3人の若者の旅動画を見ているような撮り方。話の内容が少しイマイチでした。正直『え、バカな行動だなぁ~』と、何度も突っ込みました(笑)

  • −−

    ラーチャえだまめさん2020/03/23 17:16

    『コワすぎ!?世界のマル秘Xテープ⑤「サメ編」』





    いやーついにPOV映画に“サメ”到来、、、、という割りと「あ。そだねー」と冷静に受け止める方もいるかもしれません日曜の夜に日テレでやってる“某芸人半殺しバラエティ”でも以前やってたかもしれませんが海に肉撒いてサメ呼ぶ→ケージの中に人入れて海に沈める→サメに襲わせるとかいうマジ鬼畜過ぎて感覚麻痺してるとしか思えない「ケージダイブ」に参加したくてワクワクが止まらず数日前からカメラを回し始めた筋肉バカの兄弟と弟の恋人の仲良しこよし組。あ・れ・れぇ〜?恋人がいるのは弟さんだけなんだぁ〜?(by江戸川コナン)本来なら“絶対安全”である(?)はずのアクティビティ中に一体誰の因果応報か突然の高潮により船が沈没、ケージ内にいて難を逃れた3人だったが辺り一面ブルーオーシャンのど真ん中に“取り残されて”しまう。しかも周りには先程まで“餌付け”中だったサメがウヨウヨしている、まさに終わりの始まり!?


    この驚愕の映像が収められたカメラがある日偶然ダイバーによって発見され、事故から数日だった現在まで未だ“行方不明”となっている3人を探し出す手がかりになるのでは?とニュース番組が映像を公開した、というのが全てのはじまりであります。「サメに襲われて死ぬ確率9億分の1」という現実的な数値をどこまで超えられるか絶賛記録更新中の映画界ではこれまで「オープンウォーター」「海底47m」などアクティビティ中に起こった惨劇が描かれておりましたが……てかなんだよ「オープンウォーター」の3作目じゃねえかよおお!!!(但し全く繋がってはいない)



    ↓気になる方はコチラもどうぞ↓
    https://edamamemamade.wixsite.com/edamame-movieimpact

  • 2.5

    しずくさん2019/12/24 07:37

    「オープン・ウォーター」シリーズの3作目。

    ジョシュとジェフの兄弟と、ジェフの恋人メーガンの男女3人はホホジロザメがいる海域で船の転覆事故により、海に投げ出されてしまう。救助を待つ間、3人に起こる悲劇を描くパニック映画。メーガンの言動にイライラ、危機的状況でも痴話げんかをし始める3人にイライラ。「もうみんな死ねばいいのに…」という自分の中のダークな感情がついつい漏れてしまいました。81分の中にいろいろ事件が起こるので、退屈はしない映画です。納得のラスト。(2018年鑑賞@wowow)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す