お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブレードランナー 最終版 ―ディレクターズカット―

G
  • 字幕

SF映画の金字塔『ブレードランナー』が遂に登場!

2019年、酸性雨が降りしきるロサンゼルス。強靭な肉体と高い知能を併せ持ち、外見からは人間と見分けが付かないアンドロイド=「レプリカント」が5体、人間を殺して逃亡。「解体」処分が決定したこの5体の処刑のため、警察組織に所属するレプリカント専門の賞金稼ぎ=「ブレードランナー」であるデッカード(ハリソン・フォード)が、単独追跡を開始するが・・・

詳細情報

原題
Blade Runner
作品公開日
1992-10-24
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
1992-10-24
制作年
1993
制作国
アメリカ/香港
対応端末
公開開始日
2017-10-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入1,650

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

ブレードランナー 最終版 ―ディレクターズカット―の評価・レビュー

3.9
観た人
3744
観たい人
1208
  • 3.0

    miwasansanさん2021/06/15 06:09

    普通に怖かった🥺
    ブレードランナーながら自分がレプかどうかわからない気持ち悪さ。
    レプを愛してしまう矛盾。
    人生正しいことばっかじゃないんだよって教えてくれてる。

    1990年代アメリカ人のイメージする近未来は日本と中国がごちゃまぜになってて面白かったけど、微妙な気持ちになった。これってマイクロアグレッションでは?
    どっちにしろ2021年には描かれることが許されない描写もあったような。

    様々な立場の人に優しい配慮ができる社会になってきているのは嬉しいこと。

  • 3.8

    ハロルドさん2021/06/13 16:33

    2021.6.13 54
    ブレードランナー2049を先に見てたが、繋がりがわかった。
    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?も読み直したい。
    随所に日本の広告や文字があって面白い。寿命か。

  • 3.8

    シュワちゃんさん2021/06/13 01:10

    劇中で描かれるロサンゼルスの雑然とした雰囲気が良かった。繁華街はまんま香港。ただそれに日本文化や日本語の標識とかもごちゃ混ぜになってて混沌としていた。これが一昔前のアメリカ人の思う近未来のロサンゼルスだったのかと感じた。

  • 3.6

    ともぞうさん2021/06/12 21:30

    舞台は2019年。原作が1969年だから50年後の設定だが、すでに過去であることが感慨深い。
    変な日本語がやたら出てくる。舞妓さんの強力わかもとの広告も。1982年の頃の洋画って(今もかな)変な日本人と日本語がやたら多かったなと思い出す。
    40才のハリソンフォードが若々しいが、アクションは冴えない(笑)
    いろいろB級感強めながら、この作品がSF映画の金字塔と呼ばれるのは忌むべきレプリカント(AIロボット)が人間以上に人間臭く、実はレプリカントよりもタチが悪いのは人間ではないか?という投げかけ。自分がレプリカントではあることを思い悩むレプリカントを愛してしまう人間とロボットとの恋。レプリカント退治をしていた自分自身が実はレプリカントではないか?というどんでん返し。
    当時としては斬新なテーマが種々盛り込まれていて、この後の映画に多大な影響を与えたことが分かる。やはり、凄い作品。

  • 4.1

    みやおさん2021/06/12 00:43

    エキゾチックな近未来な世界観が最高!日本のような中国のようなネオン街。
    ビニールのコートをきたレプリが銃で撃たれるシーンの画がカッコよすぎ!
    あんなにかっこよくない主人公っている?

  • 3.0

    きさん2021/06/11 20:52

    これおもろいか?寝そうだったわ。でも世界観、雰囲気、音楽は大好き。芸術作品として楽しめってことなのかね?

  • −−

    ぬーこさん2021/06/07 22:06

    監督 リドリー・スコット 
    原作 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?フィリップ・K・ディック
    主演 ハリソン・フォード


    時は2019年
    人に似せて作られたレプリカント
    製造後、しばらくすると感情を持ち、
    人を上回る身体能力と知性を持った存在
    その制御として寿命を4年にしている
    つまり、幼少期の証明はレプリカントではなく人間である。自らがレプリカントであるかどうか知らない者もいる。

    雰囲気が良い。逆にそれ以外はわからない部分が多かった
    どこか日本のアニメのような既視感がある。今後のアニメに影響与えたからか。、

    そうだろうと思ったけど、やはり助けてくれたレプリカントの美女。

    金髪のプリスが死ぬとこ怖すぎ。ホラー見てるかと思った

    一角獣の夢を見る主人公


    日本語が多い。監督が新宿のネオン街を忘れられなかったとのこと。当時2019年の世界は日本語が溢れていると思われていたんだなあ

    ○セリフ
    明るい火は早く消えるだよ
    2021.101

  • 3.9

    KosukeOnoさん2021/06/07 12:45

    奥行きを見せる感じの撮り方好き。キャラクター同士の距離感が上手く出てる気がした。

    作り物がデカルトを語るか、、、!って思った。

  • 3.0

    クリスティーネさん2021/06/05 20:10

    個人的には合わなかった。
    ターミネーターは好きなのにな。
    ダラダラ展開に耐えられず。
    旦那は大興奮でした。

  • 4.0

    rainwatcherさん2021/06/05 03:06

    しかしまあどの瞬間で切り取っても額縁に入れられるくらい、絵がバッキバキにキマってらっしゃる。実はお話は西部劇みたいなものなんだけれど、それを忘れるくらい耽美ですよね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す